番組でのAVCHD利用が一時後退の動き

番組制作がノンリニア編集に移行したのはアビッド テクノロジーのMedia Composerがきっかけだったが、制作費低下が進行するにつれ、ディレクターやアシスタントが使い始めたのはコストパフォーマンスに優れたアップルのFinal Cut Proだった。その後、さまざまなファイルベースカメラレコーダーの登場で、カメラ対応時期が定まらないノンリニア編集環境が導入しにくい状況にもなり、素早いオプション対応で信頼を得たのはトムソン・グラスバレーのEDIUS Pro環境だった。こうした状況ではあるが、撮影現場でディレクターやアシスタントがノートブックで仮編集を行う作業環境と言えば、Final Cut Proがスタンダードだ。

Final Cut Studioは、7月23日に新バージョンとなった。制作用のProResコーデックを3種類拡張して合計5種類にするとともに、パナソニックAVC-Intraコーデックへのネイティブ編集を可能にし、XDCAM HD/XDCAM EX/インタレースHDV/インタレースXDCAM HD422のレンダリング速度についても高速化した。しかし、AVC-Intra同様のH.264系コーデックのAVCHDについては、ネイティブ編集への対応が見送られてしまった。

さて、最近、深夜番組などでタレントが使用するハンディカメラに変化が生じているようだ。昨年後半から目立ってきていたのは、民生品のハードディスク記録型のAVCHDビデオカメラにワイドコンバーターを使用するスタイルだった。タレントが手軽に扱うことができ、ラフに扱ってもそこそこ耐久性があり、たとえ壊れてしまっても本体価格も安いということから、急速に民生AVCHDビデオカメラの活用が広がってきたように感じていた。

しかし、今夏以降の番組を見る限り、AVCHDビデオカメラの利用が縮小し、ソニーHVR-A1Jなどの小型HDVカムコーダーの利用へと回帰しているようだ。別のユニットを使用して、本体にコードを伸ばすこともないので、ハードディスクやメモリーカードでのファイルベース記録もしていない。つまり、タレントに持たせるカメラはテープ収録へと戻ってしまっているようだ。番組におけるHDVカムコーダーへの回帰は、AVCHD編集の取り回しが悪いことに起因しているのかもしれない。

SONY_HVR-A1J.jpg

ソニー製HDVカムコーダーHVR-A1J。タレントが使用する時は、マイク部を外して内蔵マイクを使用することがほとんど。これなら民生AVCHDビデオカメラと大差なく扱える大きさだ。

現場仮編集用のMacBook Pro環境の動作を重視せよ

AVCHDのコストメリットを考えると、地方局やCATV、Web、企業などでは、民生用ビデオカメラも業務用カメラレコーダーも、これまで以上に活用されていくと思われる。タイムラインでカメラコーデックをネイティブに扱えないことは、映像の一部をいくつか切り出してつなげ、テロップだけを載せた映像素材を作りたいというような、スピーディな映像編集が求められる報道取材現場やブライダル収録において、主役の座を明け渡すことにになりかねないのではないだろうか。

もっとも編集前のビデオキャプチャ時にProResコーデックへの変換時間をかけたとしても、以前に比べて作業が速くなったと見る人もいるようだ。AVCHDはフルHDで収録していてもファイルサイズが小さく、カメラからハードディスクに転送する時間は短い。P2 DVCPRO HdやMPEG2系の映像ファイルを、長時間をかけてハードディスクにメディアコピーした経験のある人であれば、AVCHDのコピーなどは短時間で済むと感じられることだろう。モバイルで編集すること無くMac Proの8コアのデスクトップ環境を利用している人ならば、収録時間の半分以下でPro Resコーデックに変換することも可能なようだ。これならば、多少、制作用コーデックに多少の時間を要しても、メディアコピーからコーデック変換完了までのトータルな時間で十分に速いと感じるというわけだ。

新Mac OS X Snow Leopardでは、Finder、Mail、iCal、iChat、Safariなどのシステムアプリケーションが初めて64bit対応を果たし、64bitプロセッサに対応するように、GPUコンピューティングを利用するためのOpen CL環境が整い始めた。大量のメモリ空間を使用でき、GPUでの演算処理も活用できることは、ビデオアプリケーションにとっても朗報だ。さらなるパフォーマンス改善のために、Final Cut Studioは早急に64bitアプリケーションとしてアップデートしてもらいたい。

WRITER PROFILE

秋山謙一

映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。