2010年3月25~28日まで開催された「東京国際アニメフェア」は、去年までとは大きく様変わりをしていた。ビジネスデーに日本人同士の商談の姿が非常に少なく、代わりに海外向け、特に中国向けのビジネス客が目立ったのだ。Asianimationを中心にアジアの映像事情を紹介するこのコラム。今回はこの「東京国際アニメフェア」に注視してみたいと思う。

アジア向けライセンスフェアに特化した東京国際アニメフェア

tezuka1501.jpg

「東京国際アニメフェア」は、今回で9回目になる世界最大のアニメ見本市だ。数年前までの東京国際アニメフェアは、海外参加者が1000人前後の比較的少人数と言うこともあり、主に日本国内向けのフェアであって、ビジネスデーともなれば活発に商談をするアニメ関係者たちの姿が見られたものであった。しかし、今年は従来のアニメフェアとは明らかに様子が違った。というのも日本側企業はアジア、特に中国向けにライセンス販売をアピールする場として捉え、反対に、中国企業側ブースは日本からのさらなる受注を得ようと大規模に乗り込んでくる、という状況であった。出展海外ブース数こそ59と少なめであったが、その盛り上がりは大変なもので、海外客も格段に増えたように体感した。

tezuka1502.jpg

会場横の海外受付ブースにも列が出来ていた。海外客専用の広大な交渉ブースも設置された

結果から言えばこの状況は双方共に大成功であったようだ。それは中国共産党文化部の著名な顔もあちらこちらに見受けられたところからも伺える。それ以外にも中国に進出している日本企業の方々も大勢戻ってこられており、普段は中国でしかお会いできないような面々と会場内で偶然にお会いすることが出来たのは個人的には嬉しいことであった。しかし、逆に言えばこうした見本市の場での日本企業同士のビジネスが成立しなくなってきていると言うことでもある。

実は、東京国際アニメフェア自体、数年前からビジネスデーでの商談が徐々に減っており、一般客向け対応を重視したイベントとなってきている傾向があった。しかし、それでは見本市の意味があまりない。そこで、海外専用の交渉ブースまで設けての積極的海外呼び込みを行い、それが功を奏した、という事情のようだ。

このイベント、もともとは日本アニメの映像ライセンスを海外にも売り込もうという意図があって「国際」と銘打って始められたイベントでもあるので、ようやくここ数回にしてその本来の姿に立ち戻ったとも言えるのかも知れないが…。日本人制作者、そして日本のアニメ企業経営者の一人としては、非常に複雑な思いがある。

WRITER PROFILE

手塚一佳

デジタル映像集団アイラ・ラボラトリ代表取締役社長。CGや映像合成と、何故か鍛造刃物、釣具、漆工芸が専門。芸術博士課程。