「技研公開2010」が去る5月27日から30日、東京都世田谷区のNHK放送技術研究所において「技研80年 さらなる未来へ」をテーマに開催された。NHK放送技術研究所は、放送技術分野を専門とする研究機関で、普段馴染みのない最先端の放送技術に触れられる唯一の場といってもいいだろう。 会場では、高質感・空間再現メディアの実現に向けた研究やユースフル・ユニバーサルサービスの実現に向けた研究、高度コンテンツ制作環境の実現に向けた研究の3つを中心に基礎から応用まで、最新の研究成果44項目の展示が行われた。比較的実用化が近そうなカメラなどを中心にフォトレポートしよう。

R0010685.jpg

従来は800万画素の撮像素子を4枚使ったデュアル グリーン方式を採用していたスーパーハイビジョン(SHV)カメラだが、昨年3,300万画素の撮像素子3枚を使い、フル解像度でSHV撮影を可能にするプロトタイプのカメラを出展。今年は更に完成度を高め、光伝送装置をカメラヘッドに内蔵。約74Gbpsのフル解像度の映像信号を、ハイビジョンカメラ用ケーブル1本で伝送することが可能となった。

R0010839.jpg

昨年のInterBEEでも参考出展されていたアストロデザインの4kカメラ。当時詳細は非公開とされていたが、3840×2160の4k解像度でインターフェースはHD-SDI Dual Link×4、マウントはFマウントと公表された。

R0010843.jpg

JVC・ケンウッド・ホールディングスの単版4kカメラ。3840×2160の4k解像度でインターフェースはHD-SDI Dual Link×4とDVI-D Single Link×4を搭載。マウントはFマウントとPLマウントに対応しており、写真はPLマウントレンズを装着したもの。

R0010869.jpg

パナソニックは昨年に引き続き890万画素のCMOS撮像素子を採用した単板式のハイビジョンカメラを出展。写真はPLマウント使用のもので、今回は色補正回路を付加し、nanoFlashをビルトインして単体で撮影できるようにしていた。

WRITER PROFILE

稲田出

映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。