去る6月3、4日の両日、東京都港区港南のキヤノンSタワーにおいてキヤノン プロフェッショナルムービー体感会2010が開催された。このイベントは、6月下旬に発売となるビデオカメラXF300/XF305や動画対応のデジタル一眼EOSシリーズ、放送業務用の各種レンズなどを一同に集めて実際に操作・体験できるもので、カメラサポートや編集ソリューションなどを扱う各協力会社の出展やスペシャルセミナーなどワークフロー全体を俯瞰できるものとして開催された。

こうしたイベントはとかく自社の製品中心で周辺機器メーカーの製品は添え物程度の展示になることが多いが、収録から編集までのワークフローをどう構築するかは、業務用ユーザーにとっては非常に重要な関心ごとということもあり、今回のイベントでは発売前のXF300/XF305だけでなく、周辺機器メーカーや編集ソリューションを紹介するブースさらにはセミナー会場まで多くの来場者でにぎわっていた。

会場を入ってすぐのところには、XF300/XF305のほか、デジタル一眼EOS-1D Mark IV/EOS 5D Mark II/EOS 7D/EOS Kiss X4、放送業務用レンズHJ15e×8.5B KRSE-Vなどが撮影ブース周囲にずらりと並んでいたほか、XF300/XF305によるクロマキー効果を実演するコーナーがあり、朋栄のスイッチャー花火シリーズを中心としたバーチャルスタジオシステムVRCAMによる合成の実演が行われていた。

CANON_11188.jpg 撮影コーナーでは、XF300/XF305やデジタル一眼EOSシリーズのほか放送業務用レンズを装着したカメラなどを展示 CANON_11056.jpg XF300/XF305によるクロマキーの実演 CANON_11058.jpg 朋栄のバーチャルスタジオシステムVRCAMによる合成の実演

その奥右側にはセミナー会場があり、アビッドテクノロジーMrdia Composerの最新バージョンAvid Media Composer ver5による、リアルタイム編集機能の紹介のほかアップルジャパンによるEOS MOVIE Plugin-E1 for Final Cut Proを使用したシームレスに取り込みと高品質なカーラーグレーディングやFinal Cut Studioとの連携、トムソン・カノープスのEDIUS Pro 5によるリアルタイム編集の紹介、テレビ番組制作におけるEOS MOVIEの活用事例の紹介などが行われた。

CANON_11172.jpg セミナー会場はいつも満席の状態で、立ち見の姿も見られた

WRITER PROFILE

稲田出

映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。