去る、6月9日から11日の3日間、千葉幕張メッセにおいて、IMC Tokyo2010が開催された。IMC Tokyo は、1994年から開催されたInterop Tokyo(スタート当時はNetWorld+Interop Tokyo、2005年からInteropに)の同時開催イベントとして2006年からスタートし、今年で5回目の開催となる。当初は通信と映像の融合を旗印とし、デジタルシネマなどデジタルメディア時代の潮流を捉えることを目的としており、2008年には映画テレビ技術展との融合を果たし現在に至っている。

また、販促・広告・情報発信に新たな価値を創出することが期待されるデジタルサイネージに特化したデジタルサイネージ・ジャパンも昨年から同時開催していている(本年で開催2回目)。これらは、単にIT技術の最先端を目指したInterop Tokyoだけでなく、その応用分野での効果的な活用を検証する総合イベントとしての同時開催であり、今年は変革が進むモバイルビジネスにフォーカスするMobile&Wireless Tokyoや、環境エネルギー分野で注目を集める次世代電力網スマートグリッドにITの視点からアプローチするスマートグリッド・ジャパンをプレビューイベントとしてカンファレンスを中心に開催した。

いずれも展示会だけではなく、各界のキーマンによるカンファレンスが充実したイベントが特徴といえ、3D・立体映像は普及するのか!?、デジタルテレビ向けクラウドサービス、2011年、地デジ完全移行でCMに何が起こるのか?などの専門カンファレンスのほか、ケータイからテレビへHTML5がもたらす変化とW3Cやソニーの3D戦略といった基調講演が開催された。

今回のIMC Tokyo2010は、カメラや編集システムと言った制作システムの出展はなかったが、Interop Tokyoとの併催ということもあり、IT伝送系や映像ファイル管理などの出展が目に付く展示となっていた。

ニコン

IMC 7761.jpg

ニコンというとカメラのイメージが大きいが、まだフィルムカメラが全盛期のころ撮影したフィルムをスキャニングし画像伝送を行うシステムを新聞社などの報道機関向けに開発していた。その流れで各種画像解析やツールが開発され、H.264解析ツールや映像エラー検出装置などを出展していた。

IMC 0054.jpg 分析的画像評価ツールVQ-1200。AVIやMOV、MPEGといった動画像のぼやけやブロック歪、ノイズなどを評価・分析するためのツール。 IMC 0050.jpg コンテンツチェッカーVQ-500。映像や音声の乱れを自動検知し、発生時間やエラー内容などを一覧表示できる。エラーのサムネール表示、音声波形表示、プレビューなどを行うことが可能。 IMC 047.jpg 映像エラー検出装置(参考出品)ブロック歪やブラックアウト、フリーズなどの異常をリアルタイムの検知し、管理ソフトによりエラーのメール通知やエラー箇所の確認などを行うことが可能。HD/SD-SDI入力に対応している。

イメージニクス・ビデオトロン

IMC 0036.jpg

ビデオトロンは2009年からイメージニクスと業務提携を行っていることから、共同でブースを出している。イメージニクスは業務用の映像機器メーカーとして最大手として知られており、カラースーパーなど放送局向けの映像機器を開発しているビデオトロンとうまく補完関係を築いているようだ。

IMC 0019.jpg パソコンのモニターでSDI信号をモニターできるHD/SD-SDI入力DVI出力のコンバーターCRO-SDC2と伝送時のハムノイズを低減するラインレシーバーCRO-VLR5。6月、5月発売の新製品 IMC 0018.jpg 7月発売予定のHDCP対応DVIマトリックススイッチャーDVAX-72。音声はエンベデッドデジタルのほか、アナログに対応している。 IMC 0021.jpg 3GのSDIに対応したフォーマットコンバーターMFC-90。3G-SDI、HD/SD-SDI、DVI-Dの相互変換が可能。

WRITER PROFILE

稲田出

映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。