7月1、 2日の両日、東京都大田区南雪谷のアストロデザイン本社ビルにおいて、同社の開発した新技術や最新製品を一同に展示した「ASTRODESIGN PRIVATE SHOW 2009」が開催された。6階と7階ではモニターや計測機器、3Dシステムや4K/8K機器などが、2階の4Kシアターでは、4K カメラAH-4410で撮影された沖縄座間味島における水中映像が展示された。

今回新製品として披露されたのは、4K カメラAH-4410、4K SSDレコーダーHR-7512、HD SSDレコーダーHR-7502、ウェーブフォームモニターWM-3202、WM-3204、WM-3217、フレキシブルスキャンコンバーターSC-2465A、ワンセグ変調器CT-5901、HDMIプロトコルアナライザーVA-1831などで、同社が力を入れている3Dや4Kシステムやモニター、測定機器など最新のシステムだ。

4Kカメラシステム

R0011216.JPG

1.25インチ890万画素(有効画素数3840 x 2160)の高解像度CMOSイメージセンサを採用した単板式4K カメラヘッドAH-4410。レンズマウントはニコンFマウントを採用しているが、PLマウントへの対応も検討しているという。ただし、現状では赤外線カットのフィルターしか装備されていないので、制作用のカメラとして利用するには水晶フィルターの装備やプロセッサー、コントロール系などの見直しが必要になるだろう。


R0011226.JPG

カメラとプロセッサー(AP-4411)間は光ケーブルと専用制御ケーブルで接続。最大100mまで延長可能。カメラプロセッサーからSDI DUAL LINK信号(1080/59.94p)に変換、出力される


R0011220.JPG

カメラのコントロールは専用アプリケーションソフトでPCより操作する


4K伝送システム

R0011242.JPG

4KカメラAH-4410による監視カメラシステムのデモンストレーション。AH-4410はこうした監視システムやテレビ会議用に開発されたシステムだ。


R0011234.JPG

4KカメラAH-4410の映像をIP伝送するためのシステムデモンストレーション。AH-4410からのHD-SDI Dual Link信号をフレキシブルスキャンコンバーターSC-2055Bにより4系統のHD-SDI信号に変換。それをCD-5530でH.264にエンコードエンコードしてTSマルチプレクサCX-5528でIP伝送するというもの。4系統の信号は同期が取れた状態で伝送可能なので、3D映像の伝送へも応用できる。


R0011230.JPG

受信側はH.264デコーダー4台でSinge LinkのHD-SDI信号に変換され、4K2KモニターDM-3410に表示される。


WRITER PROFILE

稲田出

映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。