小型ビデオカメラは民生機並みのサイクルとバリエーションで次々と新製品が発売され、肩乗せタイプのカメラの領域までもカバーしつつある。特に業務用のカメラは小型ビデオカメラの普及が著しくほとんどの撮影を小型ビデオカメラでこなしてしまっているのが現状ともいえる。

そうはいってもマルチカメラ収録やスタジオ仕様での運用、様々な撮影シーンに対応できる周辺機器など肩乗せタイプのカメラでなくては対応できない領域も依然として存在する。

DSC_0622.JPG

ソニーでは、業務用の肩乗せカメラとしていくつかの製品がラインナップしているが、EXシリーズの新製品として1/2型の撮像素子を採用したPMW-320を発売する。外観上は先に発売になった2/3型撮像素子を採用したPMW-350とそっくりだが、仕様を比べてみると中身はPMW-EX1RやEX3と同等と見ることができる。イメージとしてはPMW-EX1RをPMW-350の筐体に組み込んだモデルといったところだろうか。

価格的にはPMW-EX3(1,029,000円)とPMW-350(PMW-350L: 2,079,000円、PMW-350K:2,310,000円)の間と思われるが、この価格帯のソニーの肩乗せタイプカメラのラインナップには、1/2型のCCDを採用したXDCAM HDカムコーダーPDW-F335(PDW-F335L: 1,659,000円、PDW-F335K:2,236,500円)がある。ただし、記録媒体がメモリーではなくディスクなのでいわゆるファイルベースでの運用が難しいのと撮像素子が1440×1080になっていることに注意したい。

機能・特徴

PMW-320は、NAB2010でHDカメラアダプターXDCA-55やHDカメラエクステンションユニットXDCU-50などと共に発表になったカメラで、PMW-320にオプションの50ピンインターフェースCBK-CE01基板を内蔵し、XDCA-55やXDCU-50を組み合わせることで、映像信号や電源のほかインカム、タリー、リターンビデオ、ゲンロック、リモートコントロール等に対応し、スタジオ仕様として運用することができる。本格的なスタジオ運用ができるカメラが少なくなった現在では貴重な存在といえよう。

ちなみに上位機種であるPMW-350も同様にスタジオスタジオ仕様とすることができるほか、PMW-EX3用のHDカメラアダプターXDCA-53もNAB2010で発表となっている。両者の主な違いはカメラとHDカメラアダプターとの接続方法で、PMW-320/350はケーブルレスで、PMW-EX3はSDI、ゲンロック、リモート、電源の4本を接続する必要がある。カメラを取材用とスタジオ仕様とで頻繁に使い回しするような場合はPMW-320/350のほうは運用性が良いと言えるだろう。なお、いずれもカメラエクステンションユニットとHDカメラアダプター間のケーブルは最大100mまで延長することが可能だ。

来年から本格的に地デジ放送が始まるということもあり、新たに発売されるカメラはHD対応の物となっている。そうはいっても現状では業務用途におけるDVD納品もまだ当分は続くだろう。もちろん、HDで記録してもワークフローの何処かでSDに変換すれば済むことではあるが、手持ちのシステムの都合やワークフロー上始めからSDで記録したほうが有利なこともある。そうした現状を反映してか、PMW-350ではオプション対応だったDVCAMフォーマットでの記録がPMW-320では標準対応になっている。 ただし、DVCAMフォーマットで収録したクリップを含むメディアは、PMW-EX3やPMW-EX30、PMW- EX1では認識できないので、これらの機材と混在運用する場合は注意が必要であろう。

lens320.jpg

DSC_0643.JPG PMW-320Kの付属レンズはオートフォーカス機能搭載のフジノン製16倍ズームレンズ

PMW-EX3の付属レンズが14倍に対し、レンズとセットになっているPMW-320Kにはオートフォーカス機能が搭載されたフジノン製の16倍ズームレンズが付属している。いずれも広角側の画角は同じなので、望遠側に倍率を増やしたものといえよう。 そのほか、スロットインデジタルワイヤレス、自動レンズ色収差補正、ハイパーガンマ、4チャンネルオーディオ、キャッシュレック、シーンファイルなどに対応しているのはPMW-350と同じだ。

WRITER PROFILE

稲田出

映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。