アナログ停波後のコンテンツ枯渇時代を救うIPTV/モバイルTV

いよいよ日本でもテレビが新時代を迎えるまで1年を切った。来年2011年7月のアナログ停波/地上デジタル放送への完全移行は、未だに『本当に全て停波するのか?』などの憶測も飛んでいるが、新たなテレビ時代が到来することは間違いなさそうだ。その中で地デジ時代のコンテンツ不足への懸念は、未だ明確な解決方法などがないことから、完全には払拭されていないのが現状だ。

結局地デジ化したところで、肝心のコンテンツが面白くなければ放送というビジネス自体に暗雲が立ちこめることは、関係者なら誰もが懸念しているところだろう。9月に開催されたIBC2010では、放送局の配信拡張のひとつの方策として、IPTVやモバイルTVといった新たな配信チャネルへ、その注目が大きく向けられていた。

実際にIBC2010のカンファレンス講演におけるテーマも、これらを取り上げた話題は多く、放送苦境に喘ぐ状況は先進各国とも同様、どこの国の放送局もIPベースの映像配信というキーワードに敏感になっているという印象が強い。そんなニーズに応えるべく、IBC2010のホール9はこれらの展示に特化した『Connected World』と名付けられた専門展示ホールとなっており、IPTV、モバイルTV、そしてデジタルサイネージなどの新興技術を模索するベンチャー企業と、インテル、日立、サムソンといったビッグメーカー内でもこのジャンルへの専門チームが集められ、およそ100社からなる専門展示が展開されていた。

小さなブースがひしめくこのホールは、まさに次世代テクノロジーの『屋台村』といった感じで、随所で熱心なビジネスブリーフィングが行われるなど、その関心の高さを物語っていた。欧州ではとくにIPTVやモバイルTVなどの通信ベースの映像制作者に対して、放送局側が新たなコンテンツリソースとして着目しているようだ。これら映像界の『第三の波』と言える、IPTVに端を発する『パーソナル・IP・ニュース・ギャザリング(=P.I.N.G.)』とも言える動きに着目したい。

WRITER PROFILE

石川幸宏

石川幸宏

映画制作、映像技術系ジャーナリストとして活動、DV Japan、HOTSHOT編集長を歴任。2021年より日本映画撮影監督協会 賛助会員。