はじめに

前回までの解説では、クイックスタートを経て基本的なカラー調整の方法を概観し、DaVinci Resolveの持っている強力なコンフォーム機能を利用できるようになったのではないでしょうか。簡単なグレーディングならこれでも十分もしれませんが、ちょっと込み入ったことをしたくなった時には、物足りなさを感じるかもしれません。今回はそんなフラストレーションを解決するための、一歩進んだDaVinci Resolveの使い方を見て行きます。

ノードは色調整をグループ化させる

davinchi0401.png

これまでの講座では、DaVinci Resolveを単一のノードの中でしか使ってきませんでした。COLORメニューに切り替えると、右上にNode Graphというノードをコントロールするパートがあります。全く色調整を加えていない状態では、ひとつだけノードが見えているでしょう。ノードグラフには、両側に小さなピンポンゲームのラケットのような四角いプレートがあります。

davinchi0402.png

残念ながらこれはピンポンゲームのように動かすことはできませんが、左側のプレートが入力、右側が出力です。入力からラインが出てノードを経由して、さらに出力につなげることで、色調整のプロセスを組み立てることができます。

ノードの追加は、NodeメニューもしくはキーボードからSキーかPキーを押すことで実行できます。Sはシリアルノード追加で、Pはパラレルを意味します。現在選択されているノードは、シアン色のラインがノードグラフの中に表示されますが、SかPを実行するのはその選択されているノードが対象になります。複数個ノードがある場合には、これを目安にしてどこに新しいノードを加えるかをしっかりと意識して操作します。

シリアルノード

davinchi04003.png

まずはSキーでシリアルノードを加えてみましょう。これでノードが二つになりました。1番目のノードで、プライマリコントロールからSaturationを0に絞ります。次に2番目のノードでGammaのREDを上げてみましょう。これによりセピア調の色調になります。このようにシリアルノードは、直感的に順を追って色調整を加えるときに有効です。ノードを複数作成せずに、単一ノードの中ですべての調整を完結することは可能です。しかし、ノードを分けておくことで、ひとつだけの調整をバイパスしたい時には便利です。

1番目のノードを無効にするためには、ノードの下にある数字の部分をクリックします。赤いクロスマークが現れて一時的にこのノードのセットアップが生かされていないことがわかります。これによりセピア調にしたはずの色が、単に赤を足しただけの効果に変わっているのがわかります。ノードの削除はマウスで選択してシアンのマークを確認した後にDeleteキーです。そのカットに加えてあるノードをすべて削除して、ベースメモリに戻したい時にはCommand+Homeキーで、一気に初期設定に戻すことができます。また、ひとつのノードだけ初期設定にしたい時には、Shift+Homeです。

パラレルノード

davinchi0404.png

次にパラレルノードを見てみましょう。Pキーで並列なノードが加えられ、それらを束ねるための要になるPARALLELと表示されたノードが現れます。さらにもう一度Pキーを押すことで、3つ目のノードが加わります。シリアルとパラレルの2種類のノードはどのように使い分けるのが良いのでしょうか。それを理解するために、パラレルノードのトリックを紹介しましょう。現在何も調整を加えていない素の状態の3つのパラレルノードがあります。1番目のノードのSaturationパラメータを0まで絞りきってみます。

次に2番目でSaturationを100まで目一杯上げます。そして3番目で20まで下げます。これにより多少色の濃さが薄くなった結果が得られます。このようにパラレルノードの調整では、並列に配置されたノードのパラメータをすべて経過してから、次のノードへ渡されます。シリアルノードとの違いを確認するために同じパラメータの組み合わせを試してみてください。1番目のノードでSaturationを0まで絞りきると、2番目のノードでいくらSaturationを上げても色の濃さは戻ることがありません。シリアルノードでは演算結果が各ノードで完結するのに対して、パラレルノードでは並列に構成されたすべてを合わせて演算されるのです。

WRITER PROFILE

山本久之

山本久之

テクニカルディレクター。ポストプロダクション技術を中心に、ワークフロー全体の映像技術をカバー。大学での授業など、若手への啓蒙に注力している。