新時代に向けてキヤノンが送り出す異彩を放つカメラとは?

カメラメーカーがこぞってビデオを扱い始めた80年代、メーカーは、VHSやベータのデッキを電機メーカーからOEM供給していた。そんな中、キヤノンはCVCというCカセットと同じくらいの大きさ(8ミリビデオのカセットより小さい。後にNTVと日立がこのカセットを採用したENGカメラCV-1を開発)のテープを採用した小型なシステムを採用したVC-100/ VR-100を81年に発売した。その後VHSのタイプの製品も取り扱ったが、85年には8ミリビデオになり多くのカメラメーカーがデッキ部分をやはり電機メーカーから供給を受けていたが、キヤノンは独自開発していた。その後は他のカメラメーカーは徐々にビデオから撤退していったが、キヤノンは91年にレンズ交換式のLX1を98年にはデジタルビデオ記録(DV)を採用したユニークなデザインのXL1を発売している。ちなみに00年にXL1用交換レンズとして3倍ズームの3Dレンズを技術発表。このレンズは製品化されなかったが、フィールドシーケンシャル方式で輻輳角調整も行えるようになっていた。

こうした歴史を振り返ってみてもキヤノンは技術的にもデザイン的にも異彩をはなった製品を世に送り出してきたといえるだろう。現在カメラメーカーとして民生用業務用共に製品を送り出しているのはキヤノンくらいしかないのはこうした歴史的なバックボーンがあったからといえるだろう。

機能・特徴

XF105_main_A_DOM_2.jpg

今回レポートするXF105や先に発売になったXF300シリーズも小型ビデオカメラを発売している他社製品のほとんどがAVCHDやHDVという記録フォーマットを採用する中MPEG2 Long GOP 4:2:2/50Mbps(MXF Op1a)しているあたりはキヤノンらしい差別化のひとつだと思う。撮像素子には新開発の1/3型207万画素のCMOSを搭載しており、フィルターの切り替えにより赤外撮影にも対応(INFRAREDモード)している。

XF105_0305.jpg XF105_0332.jpg

INFRAREDスイッチをONに切り替えにより赤外撮影に対応

マイクユニットの中央部分には赤外線ライトが装備されており、暗闇での撮影も可能

記録媒体はCFカードでスロットは2基装備されており、同時記録することが可能となっている。ようはバックアップが取れるということなのだが、他社を含めスロットを2基備えていても同時記録に対応したカメラは少ない。技術的に特に難しいというわけではないのだが、同じ容量で同じ性能のメモリーであることが前提条件となるためメーカーも躊躇していたようである。とくにこうしたバックアップを必要とするユーザーにとって同時記録がトラブルの元になってしまっては元も子もないからだ。キヤノンは推奨CFカードを使うことを条件にするようである。

XF105_0284.jpg XF105_0297.jpg
側面には2基のCFカードスロットが装備され、同時記録が可能。もちろん個別にもリレー記録にも対応している

XF105に装備されたHD-SDI出力とゲンロック/TCコネクター

レンズは、4.25~42.5mm(35mm換算30.4~304mm)/F1.8~2.8の10倍レンズで、円形に近い絞りが得られるように8枚虹彩羽根となっている。また、手振れ補正機能を利用した光軸調整機能により、ズームレンズの光軸中心ズレ補正が行えるようになっており、3D撮影時に2台のカメラの光軸調整を簡単に行える。また、ミラー式リグを使った撮影時には画面を上下左右に反転させることができるスキャンリバース機能など、3D撮影サポート機能が搭載されている。

XF100/XF105は、単板式ということもありXF300シリーズに比べ大幅に小型軽量化されている。これは質量がXF300の約2.7kgに対し半分以下の約1.1kgとなっており、一昔前の民生機と同等な大きさ重さと言えるだろう。なお、XF105にはHD-SDI出力とゲンロック、TCコネクターが装備されており、このあたりの差別化はXF300やXH、XLシリーズと同じだ。

WRITER PROFILE

稲田出

映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。