年の初めの1月に催される毎年恒例のショーといえば、ラスベガスでのConsumer Electronics Showそしてデトロイトでの自動車ショーなどがありますが、コロラドではデンバーの北の国道ハイウエイ70号線沿いに在るデンバーコロシアムを中心会場とするNational Western Stock Showが昔からの名物となっており、今年も1月8日(土)から1月23日(日)までの16日間にわたって開催されています。

本来、牛や馬そして羊などの家畜の取引市なのですが、期間中にはカウボーイ達のロデオ大会を始めとするいろいろなショーや競技会が行われ、コロラド州内を始め周辺の各州からの見物客を毎年60万人以上集めての一大イベントとなっています。

また、昨年11月8日のElection Dayに行われた選挙で圧倒的な住民の支持を得て新しいコロラド州知事に選出された今迄のデンバー市長であったJohn Hickenlooper 氏が前任のBill Ritter知事の後任として第42代のコロラド州知事に着任する就任式(Inauguration)が1月11日(火)に州庁舎で行われました。

セレモニーは朝の10時から始まったのですが、この日の天候は晴れで良かったのですが、気温が風もないのに開始時間で華氏19度(摂氏零下7.2度)と非常に寒く、凍り付く様な中での式となりました。

更にコロラド州は全米の他の州に比較して人口増加が急激であり、また、第2次世界大戦後のベビーブーマー人口の人達が引退をするタイミングとなって来ており、特に州政府として教育、交通、健康保険、人道対応といったサービスについて効果的な施策を早急に打つ事が必要とされています。

また、併せてコロラド州に於ける失業率は昨年11月で8.6%と高いままに推移しており、全米での失業率は同じタイミングで9.8%となっていますが、コロラド州は全米でも高い方になっていることからこの早急な改善が重要課題となっています。

そうした厳しい経済環境を感じさせる厳しい寒さの中での新たな知事の就任でしたが、コロラド住民たちはHickenlooper知事がビジネス出身であり新たな事業などをこれまでに多く手がけてきている経験と今迄のデンバー市長としての実績に期待して多くの支持を集めました。今後の新政権下での新知事の活躍によるコロラド州の成り行きに注目です。

2011年のデンバー地区での初雪

デンバー地区では昨年末の12月30日、31日に少しまとまった積雪を見ましたが、その後は一時的に氷点下の最低気温を記録していますが、大変良好な天候で日中の気温も温暖ということで穏やかな元日を迎えました。

その後1月8日(土)には急激に気温が下がって雪が再び降り出し、翌日の日曜日いっぱい降り続きましたが、気温が低かった為にさらさらの乾燥粉雪で降雪量としては8インチ(20cm)程となり久しぶりのまとまった積雪となっています。

写真は1月11日に我が家の裏庭を撮影したもので、このブルースプルスの樹は私が日本からコロラドへ移住して来た時に苗木を植えたものですが、早くも今年で14年が経過し、樹も大きく育ちました。


今年の初雪に犬も喜び庭駆け回る

我が家で飼っている犬2頭です。手前はジャーマンシェパードの雌8才で、向こう側はレッドドーバーマンの雌4才です。


寒さに弱いドーバーマン犬

ジャーマンシェパードの方はその体毛も厚く寒さには大変強いのですが、ドーバーマンの方は大変寒がりで、外へは勢い良く飛び出して行きますが、その気温の低さに直ちに家の中へと引き返して来てしまいます。

この朝は気温が華氏で零度(摂氏零下17.8度)以下に下がったので、地面の雪も凍てついており、伝わってくる冷たさで右前脚を持ち上げています。 生後2ヶ月で我が家にやって来たのですが、その後直ぐに肺炎にかかって動物病院へ4日程入院治療を受けましたので、その後我が家では特別に甘やかしたためか寒さにはまるっきりだめです。


WRITER PROFILE

萩原正喜

米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。