2月14日(月)はValentine’s Dayで日本でも女性の皆さんはチョコレートの準備に大変だったのではないかと思います。

日本では女性の方から日頃愛情を感じている男性に愛の告白が出来る日とか、女性から男性にチョコレートを贈る日、と言う感じに受け取られていますが、アメリカでは贈り物としてのチョコレートもポピュラーな品の一つですが、いろいろな贈り物が各販売店で準備されていて、宝石装飾品類もその一つとなっています。

一般的に宝石類は高価ですので、今迄のアメリカでの経済不況から宝石装飾品業界はその売上げが低迷していましたが、昨年末のThanksgiving DayとX-masの2つの祝日での売上げが大幅に従来のレベルへと戻って来ており、業界ではこのValentine’s Dayでの大きな売上げ伸張を期待しています。

アメリカ商務省の最近のレポートによりますと、全米での宝石装飾品のこれ迄の2008年、2009年と2年続けて減少していたのですが、2010年の売上げ金額は2009年に比べて7.7%の伸びで634億ドルとなり、これまでの新記録を達成しています。

しかしながら、こうした宝石装飾品を購買する人達はその品物を買う時の品定めに従来に比べて大変慎重となり、店でのその宝飾品の顧客へのその価値を説明するのに多くの時間を割く様になってきているとされています。

一方、「景気不況時の神頼みは金(Gold)」と言う事で金の地金やゴールドコインなどの価格はしばらく前迄は1トロイオンス当たり1000ドルを割っていたのですが、ここ数年で1000ドルを越えて現在では1360ドル前後で推移しています。

ついにガロン当たり3ドルを越えたガソリン価格
今回のアフリカのリビアでの国内紛争によって原油の国際取引価格が急上昇しましたが、その影響でデンバー地区ではレギュラーガソリンの市販価格がそれ迄は何とか3ドルに届かないでいたのですが、一気に3ドルを越えて、さらに急進しています。

コロラド州はアメリカの中でも最もガソリンの市販価格が低い方の州です。写真は我が家で利用している会員制スーパーのCostco店のガソリンスタンドの2月28日(月)の様子です。ここでは会員のみがガソリンの供給を受けられますが、通常の町のスタンドに比べて常に最も安価で購入出来ます。この日はレギュラーガソリンで1ガロン当たり3.069ドルでした。そして、この日我が家の近くのConocoのスタンドでは3.179ドルになっていました。

そして、今回のエジプトに次いでリビアでの暴動では、原油の取引き価格が高値になり、コロラドでのレギュラーガソリンの小売価格の平均が暫くぶりで1ガロン当たり3ドルを越えると言う事態になりましたが、金の取引価格の方も1400ドルを越えて大きく上昇しています。

こうした金の取引価格の高騰でデンバーの南のGrennwood Villageに本社を置く世界的な金鉱山会社Newmont Mining社は好業績をあげています。同社の2010年の世界各地の鉱山での金の総生産量は2009年に比べて少し増加して540万オンスを達成したと報告しています。

さらに、金の採掘に伴って副産物として得られる銅の総生産量は2009年に比べて約45%もの増加となって3億2700万ポンドを達成したとしています。

また、銅の方も中国などでの需要が急上昇しており、それに対応する供給の方が間に合わない事から2010年内で32%もの取引価格が上昇しています。Newmont Mining社の各鉱山での大車輪での金の掘削が行われている様子がうかがえます。

先に発表されているNewmont Mining社の昨年第3四半期(7月~9月)の業績はその利益金額は一昨年の同期比で3億8800万ドルから約38%上昇して5億3700万ドルとなり、その売上げ金額では今迄の在庫分の販売を除いた販売分だけで27%増加して売上げ金額として26億ドルとなったとしています。


さらに、同社の昨年第4四半期(10月~12月)の業績は金の取引価格は記録的な高さとなって売上げ金額は前年同期比で僅か1.2%の上昇でしたが、利益は前年同期の5億5800万ドルから同期比で46%の上昇となり8億1200万ドルを計上しました。

ところで、 私の家内が所属している教会は、その信者数が35世帯程の小さな規模のプレスベテリアン派の分教会ですが、 今回のバレンタインズデイには男性信者達の手によっていろいろな手料理が準備されて、女性信者達を招待しての昼食会が2月12日(土)に行われました。

日頃、教会での日曜日の朝の礼拝時にはコーヒーの準備やお茶菓子などのサービスは女性の信者達の当番制で行われていますが、この日ばかりは男性達の隠し技を発揮しての手腕が振われて町のレストランも真っ青という程の立派な昼食会となりました。

WRITER PROFILE

萩原正喜

米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。