今回の日本の宮城沖の大規模地震に伴う大津波とによる災害の甚大さには大変驚かされています。

コロラドでは3月12日(土)の早朝の各TV放送チャンネルでのニュースで大きく伝えており、その後に気仙沼のこれに伴う大火災の発生や大津波が町を飲み込む様子などのビデオを交えた報道を行って、時を追ってその甚大さが被害数字の報告で分かって来ました。

コロラドの地元新聞Denver Post紙では3月13日(日)の紙面でその1面トップに救急活動の様子を示す大きな写真とともに東京電力の福島第1原子力発電所の3号機での破損事故の様子を緊急事態として報じています。

早速デンバーにある日系人会ではデンバーの日本総領事館と連絡を取って日本の知人の安否の確認をとる方法について詳しい公的機関へのコンタクト方法などを記したe-mailを会員に送付しています。

何とも広範囲に及ぶ今回の甚大な災害で自然の力の脅威を改めて知らされましたが、まずは救援救助活動が迅速に進む事を祈っております。

アメリカでは夏時間に入りました

アメリカでは3月13日の日曜日から夏時間(Daylight Saving Time)に入りました。コロラドでは3月13日午前2時を期して時計の短針を1時間進めています。日本とコロラドの間の時差は、今迄16時間であったのが15時間となります。したがって、日本が朝の9時の時コロラドは前日の夕方の6時となっています。

ガソリン価格の高値が後押しをする自動車の低燃費規制

アメリカでは自動車の燃焼効率、いわゆる燃費の法律での規制が先に成立している法律によって2012年から実施されます。この規制では2012年から2016年にかけてその規制値が徐々に厳しくなる様に決められており、その各数値は次の様になっています。

乗用車 軽トラック トラック/乗用の混成車
2012年 33.3 25.4 29.7
2013年 34.2 26.0 30.5
2014年 34.9 26.6 31.3
2015年 36.2 27.5 32.6
2016年 37.8 28.8 34.1
数値の単位は(マイル/ガロン)

そして、こうした燃費向上の規制値の法律による規格はこうした乗用車や軽トラックのみでなく、今迄規制対象としては見送られていた大型のトレーラなどを牽引するトラックなどについても実施が始まります。

今のところ、

  • 大型トラックについては2018年迄に20%の排気ガス低減
  • トラクタートラックに付いては20%の排気ガス低減
  • 中型以上のHeavyDutyピックアップやバンについては
    ガソリンエンジンの場合 10%の低減
    デイゼルエンジンの場合 15%の低減
  • バス、ゴミ収集車、キャンピングカーの場合は10%の低減

などと義務付けられる事になっています。

アメリカでは輸入原油の高騰からそのガソリンの市場購入価格も高値止まりとなっており、また、地球温暖化の為のクリーンエネルギー政策の推進と言った世界で最もエネルギーを消費している国としての責任対処などの見地から、こうした法律による規制措置が過去実施されて来ましたが、いよいよその最終段階に近いフェイズに入って来たと思われます。

今回はこうした状況に関連する最近私の周辺に現れているニュースから以下にそのいくつかについて報告したいと思います。

WRITER PROFILE

萩原正喜

米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。