お馴染みのNHK技研公開2011開催

今年で65回目を迎えるNHK放送技術研究所の一般公開が、5月26日から4日間東京世田谷の同研究所内で開催された。今年は「あなたに伝えたい、デジタル放送の未来」をテーマとし、非常災害時に役立つ放送技術と東日本大震災等での活用例のコーナーの設置、デジタル放送・放送と通信の連携、スーパーハイビジョン、人に優しい放送、次世代ディバイスなど36項目の展示が行われた。平日にもかかわらず多くの来場者でにぎわっていた。女性や学生だけでなく一見してネクタイ姿の企業人もおり、中にはかなり専門的な質問を投げかけていたのが印象的だった。

体験型展示として顔画像解析技術を応用した「うつってあそぼ」やウルトラハイスピードカメラを使った「超スローモーションの世界を体験」、音声認識技術とCGキャラクターの連動を図った「しゃべってあそぼ」、NHKの映像検索技術を体験できる「EN-Vision」といった出展もあり、とかく難しくなりがちな技術を子供でも楽しく理解できるように工夫されていたのが印象的だった。

DSC_3411.JPG

うつってあそぼ。顔画像解析技術により顔の9つの特徴点を自動認識し、CGとリアルタイムに合成。


DSC_3418.JPG

EN-Vision。NHK放送技術研究所で開発した関連映像検索技術EN-Visionにより、NHKクリエイティブ・ライブラリー、番組公開ライブラリー、NHKオンデマンドの3つのシステムを体験できる。


DSC_3415.JPG

超スローモーションの世界を体験。人間の目ではとらえることのできない一瞬の現象をスローモーション映像として再現できる特殊なカメラを使ってサッカーボールをけった瞬間の足の動きやボールの様子をスローモーション映像再生。


DSC_3314.JPG

スーパーハイビジョン単板撮像装置。2.5インチ3300万画素のCMOS撮像素子を採用したスーパーハイビジョンカメラ。光マルチケーブルでCCUと接続されており、モニターとは4ch のDVIで信号が出力される。


DSC_3365.JPG

EM-CCDカメラ。電子増倍型CCD(EM-CCD= Electron Multiplying Charge Coupled Device)により高感度を実現した高感度ハイビジョンカメラ。モニターには0.64lxで撮影した映像をカラーで表示させていた。


DSC_3408.JPG

フレキシブル有機ELディスプレー。大画面化に適した塗布型材料を導入することでヒステリシスや閾値電圧シフトが少なく、均一性と安定性が共に向上。この有機TFTを用いて5インチQVGAフレキシブル有機ELパネルを試作したもの。


DSC_3331.JPG

インテグラル立体テレビ。フル解像度スーパーハイビジョン用の映像素子を使用したカメラで撮影した映像の立体像を見やすくするための信号処理を組み合わせ、ぼやけを改善したほか画質を向上させた。撮影と視聴には微小レンズ群からなるレンズアレーを使用するが裸眼で立体視できる。


WRITER PROFILE

稲田出

映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。