先日、SONYのExmor Super35 CMOSセンサー採用新型ミドルレンジカメラ「NEX-FS100J」を使う機会を得た。とはいえ、実は、私の映像制作会社アイラ・ラボラトリ向けには同じSONYで同時発売の防塵防滴業務カメラ「HXR-NX70J」の方を買ったので、FS100は自分で買ったわけではないが、せっかくなので、手持ちのマイクロフォーサーズカメラ「AG-AF105」と使い比べて見ることにした。

両カメラは、一眼レフ動画(DSLR動画)から始まったレンズ交換式大型単板素子カメラの動画カメラメーカー側からの回答であり、業務用カメラの雄、SONYとPanasonic両者が正面から激突する注目の2台なのだ。ちょうど、私の手元にDVDの撮影の仕事が入っていたこともあり、業務で両者を並行運用しつつ、10日ほどがっつりと使ってみた。今回は、実業務から見た、厳しめのインプレッションを行ってみたい。

ミドルレンジシネカメラに相応しい、暗所&閃光の鍛冶場にて撮影!

otakubuy0302.jpg

左がパナソニックのAG-AF105。右がSONYのNEX-FS100J。こうしてみると、FS100Jの方がかなり大きいことがわかる

実は私は、映像制作の傍ら、数年前から刀匠「松葉國正」に弟子入りし、刀工免許取得を目指して刀工修行を続けている。あまり知られていないが、刀工免許所持者が伝統的技法に則って作刀した刀剣は、銃刀所持許可証が付くため、誰でも所持することが出来る。これは、もちろん斬ることの出来る本物の刀だ。現代日本では、そうした刀を作る許しを国から得た刀工免許所持者のことを「刀匠」と呼ぶ。

otakubuy0301.jpg

NEX-FS100Jのセットアップ前。サイドハンドルまで取り付け式で、収納時パーツ数が非常に多い

今回のDVD撮影もこの刀工上の関係であり、これは、FS100JやAF105のシネカメラ(映像制作用カメラ)としての性能を示すには、もってこいの状況ではないかと思われた。なぜなら、鍛冶場は暗く、しかし、その炎は明るく、叩かれた鉄から放たれる閃光は強烈な明るさを持つという、撮影上の矛盾を抱える場所であるからだ。

師匠の鍛冶場には安全の都合上(なにしろ鉄を溶かす温度なので)カメラを一台しか置くことは出来ない。そのため、各カメラごとに、週をまたいで別々の鍛刀過程を2回にわけての撮影となった。本来は同時撮影で性能差をはっきり見たかったのであるが、この点はやむを得ない。本来そもそも極秘の鍛冶場を撮影しているのだから、ご勘弁願えるものと思う。こうしたフルHDシネカメラ2台体制というのは、DVD向けには完全にオーバースペックではあるが、まあ、そこはそれ、楽しんで作っていくことにした。

機材は、FS100Jは本体+標準Eマウントズームレンズ+HDMI外部収録機、AG-AF105もこれに合わせて本体+コシナ NOKTON F0.95+HDMI外部収録機というシンプルな構成とした。

otakubuy0303.jpg

FS100J、今回の撮影に使った構成。独特の形状だ

しかし、この収録後、東京に帰る間に外部収録機が思わぬトラブル。ファイル構造が怪しくなり、ほとんどの撮影データの読み出しが出来ない事態に陥ってしまった。そこで、急遽、収録機のオンラインデータ(ProRes422データ)ではなく、本体内の予備データであるAVCHDデータによる編集を強いられることとなった。

しかし、撮影時、弊社はAdobe CS5.5の導入前で、AVCHD編集はこのとき実はまだ試験対応状態。そのままの環境ではのんびり1カットずつFinal Cut Pro 7の「切り出しと転送」でProRes422に変換する他無く、変換作業と並行して真っ青になりながらDVD発注元に頭を下げ、急遽CS5.5の導入手配を掛け、2週間以上制作開始を引き延ばして貰う羽目になった。

トラブルを起こした収録機への入力を前提とした撮影のため、FS100Jは30Pの撮影になっている。また、比較のAF105は外部収録機を当て込んでいてあまり積極的には内部同録をしていなかった(実は、AG-AF105はリモコン信号が特殊で、単独リモコンによる外部収録機との同時録画指令が出来ない)。そのため、外部収録データが全て消失した今、カメラ内のSDカードには特殊効果向けに収録機を使わずに撮影した24Pのデータしか残っていないというちぐはぐな収録状況ではあるが、ご勘弁頂きたい。

ファーストインプレッション

FS100Jの第一印象は、とにかく扱いにくいカメラだということだった。カメラ形状からして独特の同カメラでは、機能の何もかもが従来のカメラとは異なる位置にあり、いちいち目視をして使わなければならない。しかも、業務用のフルスペックが揃っていないため、散々カメラのあちこちを探した後で、実は機能そのものが初めから存在しないことに気がつき、愕然とする場面も多かった。例えば、NDフィルタが無い、SDI端子も無い、といった点は、このサイズと価格帯の業務用カメラとしては驚きだ。

otakubuy0304.jpg

また、トップハンドルの使いにくさは特に気になる。レンズ込みでかなり重量のある本体を、コールドシューに嵌めた一本足ハンドルで運用すると、いかにハンドルをしっかり固定したところでどうしてもたわみがでて、カメラが揺れる。液晶モニタに付けるタイプの巨大な日よけファインダーは、跳ね上げると後寄りにセッティングしたトップハンドルやその上に設置したサブモニタ類と干渉する。スライドさせ、前寄りにハンドルをセッティングすれば干渉は避けられるが、今度は三脚から外して運用しようとしたときにバックヘビーで非常に持ちにくくなる。そもそも、本体NDフィルタの無い同カメラではレンズ側のNDフィルタの差し替えが必要で、運用中に頻繁に明暗所を行き来することは考えにくく、わざわざ跳ね上げ機構の付いた後付けファインダーを用意した意味がわからない。

右サイドハンドルも可動式になっているため、いちいち蝶ねじで留め直して収納する必要があり、セットアップに大変時間がかかる。しかも、せっかく可動式であるにもかかわらず、ハンドル位置がアンバランスで、標準レンズでも右手一本で重量バランスがマッチするポジションを取れない。それだけでなく、どうもFS100Jは本体の剛性が低く、三脚上に固定してもカメラ本体自体がたわんでブレがでてしまう場面もあった。形状の都合でレンズを付けると前に長くなってしまうためバランスも悪く、三脚上の据わりも悪い。せっかくの小型業務用カメラであるにもかかわらず、手持ちでは運用不可、三脚利用でも扱いが困難という印象のカメラであった。

困り果てたのがマイクで、このカメラにステレオマイクを差すと、2チャンネル目のコネクタが1チャンネル目と90度角度を違えて、なんとカメラ手前側に来る。これが邪魔でしょうがない。撮影中にマイクケーブルに触れるのはノイズを自ら起こしているようなもので恐ろしくて堪らないが、それを強要されるスタイルなのだ。ただし、FS100Jのレンズマウントは素晴らしい。同機の民生版とも言えるNEX-VG10の為に作られたEマウントレンズは固定も万全で剛性も高く、フォーカス機能や手ぶれ防止機能まで備えている。電動ズーム対応レンズこそ無く、まだまだ対応レンズ自体も少ないが、今後が大いに期待できるレンズマウントだ。

otakubuy0305.jpg

初めてでも即使いこなせるAG-AF105の安定感は特筆に値する。セットアップも簡単だ

これに対し、AG-AF105は、とにかく扱いやすい。安価ながら業務用に必要なフルスペックがほぼ揃っており(唯一リモコン端子のみが半家庭用のような独自仕様)、業務カメラを使い慣れた者ならば半時間も練習すれば充分に使いこなすことが出来る。NDフィルタも3種類を内蔵。端子類も充実しており、本体も金属製でたわみも出ない。ハンドルも取り外し可能な上剛性が高く、非常に運用しやすい。三脚上での座りも万全で、まさに業務用として違和感なく運用が出来る。

中の回路は小型スチルカメラのGH2と同等のものをベースとしているのため見た目に反して大変軽く、小型カメラならではの手持ち運用も容易で、バッテリーも本体奥に収納されるためバッテリーサイズによる重量バランス変化も抑えられていて非常に扱いやすい。

AG-AF105の最大の欠点は、その最大の利点でもあるレンズマウントだ。同機の採用するマイクロフォーサーズマウントはそもそも動画での運用を考えていないアマチュア向けスチルカメラ規格のため、業務用動画カメラとしては精度も剛性も頼りない。動画用に口径の大きい重いレンズとマットボックスを付けて運用する内に、だんだんガタが出てきて、ブームやフォーカスでがたつき、しまいには音が出るのではないかと不安になることがある。その代わり、マイクロフォーサーズの民生品ならではの無数のレンズ資産を使うことが出来、浅いフランジバックを利用した変換マウントアダプタを使用すれば、多種多様なマウントのレンズを使うことが出来るのは大きな魅力だ。

WRITER PROFILE

手塚一佳

デジタル映像集団アイラ・ラボラトリ代表取締役社長。CGや映像合成と、何故か鍛造刃物、釣具、漆工芸が専門。芸術博士課程。