大きな地震とは殆ど縁がないアメリカの東海岸地域では第2次世界大戦後始めてと言われる地震の大きな揺れに8月23日(火)の午後2時少し前に見舞われ、震源地から80マイル(129km)北東に在る首府のワシントンの国会議事堂内や政府官庁のオフィスで働く大勢の人達を驚かせました。

9月11日の大規模テロ攻撃の記念日が迫っている中、その大きな揺れはテロによる攻撃があったのではないかと思った人が多く、建物から外へ飛び出す大勢の人々が見られました。

今回の揺れの規模は日常頻繁に地震を感じている西海岸のカリフォルニア州の人達の基準からすると「穏やかな中くらいの揺れ」と言ったレベルだったのですが、日常地震とは全く縁がない東海岸の人達にとっては大変な驚きだったようです。

時をほぼ同じくして8月22日(日)の深夜12時少し前には、アメリカ西部山岳地区で日常地震とはやはり殆ど縁がないコロラドでも地震があり、州の南部のニューメキシコ州との州境に近いTrinidadの町では大きく揺れて夜中だったのですが、大勢の人々を驚かせました。

今回の2つの地震は下記の通りです。

地震発生日時 震源個所 マグニチュード 過去の記録
8月23日(火)午後2時少し前 バージニア州Richimond北西40マイル(64.4km) 5.8 東海岸地区では1886年サウスカロライナ州でマグニチュード 7.3
8月22日(月)深夜12時少し前 コロラド州Trinidad南西9マイル(14.5km) 5.3 コロラドでは1967年今回と同一エリアでマグニチュード 5.3

コロラド州では、その翌日の8月23日(火)から学校は新学期の最初の日で震源の近くの各学校では生徒達の大きな話題の中心となり、理科の先生が地震についての解説を特別に行っています。

また、コロラドは山岳道路が多い事から道ばたの崖に岩石がせり出している場所が多く在って、地震により岩石の支えが緩んで道路へ落下してくるといった状況が多々ある事から、各道路での安全確認作業が行われています。

ところで、コロラドの地震の震源地から175マイル(282km)北へ離れているオローラの私のところでは全く地震の揺れは感じる事がありませんでした。もしかしたら、私が寝込んでしまっていたのかもしれません。

オローラの市内に最近開校したRenewable Energy産業が必要としている専門家を育てる大学Ecotech Institute

Renewable Energyの専門家を育てる大学
Ecotech Institute(1)
オローラ市に出来た9月の新学期から開校するRenewable Energy業界で活動する専門職を育てる事を目標とした大学です。正面入り口を中心に示していますが、建物の前は非常に広い駐車場となっていて、かなりの台数の自動車が停められます。正面入り口の軒先屋根上面にはソーラーパネルが取り付けてあり、その発電能力は9.4kW有しています。入り口の雨よけともなる他に日よけとしての機能も有りながら発電電源として共用すると言う提案です。

私の住んでいるコロラドのAurora市におそらく世界で始めてのRenewableエネルギー及びその耐久設計に目標を特化した専門大学が開校すると言う発表が7月21日にあり、その校舎及び内部施設について今年の初めより工事にかかっていましたが、いよいよ完成してこれまで新入学生の募集が行われ、9月初めの新学期に向けての開校が今回公表されました。

この大学では現在コロラドでのいろいろなRenewable エネルギー関連する各企業をサポートして、そこで働くメンバーを養成する事を目的としているのだ、と言っており、まさに産学協同、産学連携の見本の様な大学です。


Renewable Energyの専門家を育てる大学
Ecotech Institute(2)
道路側に出ているEcotech Institiuteの看板です。この大学はオローラ市を南北に縦断している国道225号線ハイウェイと平行に走っているAbilene Streetに沿った場所に在って写真の看板に書かれている数字の「1400」はそのハウス番号です。手前の一台のSUV車が右の方向に走っているところがAbilene通りで、その向こうに多くの自動車が走っているところが国道225号線ハイウェイになっています。

校舎の方はこれまでJakesというゲームアミューズメントセンターが使用していたのですが、昨年中旬にどうした理由か閉鎖となって、そのかなり大きな建物の構造物を使用して今年始めから大工事が行われていましたが今回完成したものです。

この新校舎の内部には7つのコンピューターラボ、9つのクリーンエネルギーラボ、そして11の教室とから構成されており、これらのラボは電気、エレクトロニクス、太陽光エネルギー、風力発電、安全保全などの実習を目的として造られており、太陽光エネルギー発電の為の屋外での実習を行うラボも備えています。


各ラボには最新の各種装置や計測器が設置されていて、それぞれの分野での基礎と、風力発電及び太陽光発電にまつわる応用、そして電気、エレクトロニクス、電力、太陽光発電の各ラボ内にはそれぞれの供給電力システムが設備されています。

卒業した学生が各Renewableエネルギー関連の企業などの現場で働く様になった時に使用する事になる設備と出来る限り合わせる様に配慮して設備していると同大学では言っています。

それらの各ラボの設備の中から主要なものをいくつか拾ってみますと、下記の様なものがあります。

  • 風力発電を専攻する学生を対象として、Wind Safety Lab が設けられており、25フィート(7.6m)の高さで学生達が実物の風力タービンの内部を昇り降りして作業する訓練を行う様になっています。また、タービンの可変ピッチシステムや可変周波数発電の駆動装置、クレーン装置、各種訓練装置を有しています。
  • 多くの教室には最先端のコンピューターシミュレーションソフトウェアが備えられていて、学生達は多次元の各種フォーマットでの学習が出来る様になっています。
  • Programable Logic Controllerラボでは、最も重要な製造の基礎について教える様になっています。
Ecotech Institute の前の駐車場に設置された Solar Tree
非常に広い駐車場の一部に太陽光発電を行うソーラーパネルのアレイ構成のブロックが2基設置されています。Solar Treeと呼んでいます。このSolar Treeの下側の場所は予約済みの人のみが駐車出来る場所という表示が付いており、ソーラーツリーが日よけとなっています。このソーラーツリー1基の発電能力は16.9kWで年間で5万キロワットアワーの発電量を提供するとしています。そして、これを1基将来の電気自動車の充電用の電源として応用すると、電気自動車1台当たり2時間から4時間でフル充電する設備となると言っています。
Ecotech Instituteの正面入口の前に建っている垂直駆動軸型の風車タービン
風力発電用の風車で垂直軸型に設計されたタービンが建って
います。この風車1基で4kWの発電能力を有しているとしています。
また、正面入り口の上の屋根部分には小型の通常の風力発電風車が左右に4基ずつ合計8基取り付けられています。この小型風車タービンは1基が4.8kWの発電能力を有しています。

Ecotech Instituteの講師のメンバーは大学の教授の人よりも、実際にRenewable Energyの世界で事業として運営している各会社で働いている専門家が多くなっていて、より実践に近い教育が行われると考えられ、研究開発の色合いはむしろ少なくなるものと思われます。

今後学生達にこのEcotech Instititeがどのくらいの人気を得る様になるか大変興味が持たれるところですが、現在のアメリカ経済の不況下にあってアメリカの失業率は非常に高い水準が長期間にわたって続けていますので、大学の卒業生達は「大学は出たけれど」と言う事で希望の就職が大変難しくなっていますので、何とか現在世の中が必要としている分野での確実な就職を目指すと言う事で、このRenewable Energyの専門職を作る事に特化しているEcotech Instituteの人気が高まり入学希望者が増えるかもしれません。

コロラド州は昨年迄コロラド州知事を務めたBill Ritter氏がその在任期間中に採用した州の強化政策として「New Energy Economy」というタイトルでコロラドに於けるRenewable Energyの強化が集中実施されましたが、その成果として研究機関ではデンバーの西のGoldenの町に在る名門大学 Colorado School of Mine のRenewable Energy学科が拡充されて、更には同じGoldenの町にNational Renewable Energy Laboratories(国立リニューアブルエネルギー研究所)が設けられたりしており、事業している企業としては風力発電で世界的に有名なデンマークのVestas社がその大型風力発電用のタービン風車のブレード組み立て工場を設けて本格的な量産体制に入っており、そのタービンを支える支柱タワーの製造を行う事業所についてもコロラド内へ2ヵ所新設を準備しています。

Ecotech Institute校舎の壁に面し取り付けられたソーラーパネル
12枚のソーラーパネルで構成している太陽光発電アレイが校舎の壁に取り付けられています。 この12枚による発電能力は2.8kWとなっているとしています。この様にしてEcotech Instituteのこの校舎に取り付けられているいろいろな風力発電や太陽光発電システムによる総発電量は同校が使用している総消費電力のピークの5%以上を得て賄っているとしています

更に太陽光発電に関してもそのソーラーパネルの製造から更には設置、運用面についても、コロラド州の南部に展開しているGreat Sand Dunes 砂漠地区での実用運用が始まっており、今後その研究成果は大きな期待が持たれています。

また、コロラド州への電力供給会社であるXcel Energy 社は早くよりこうしたRenewable Energyを使った風力発電や太陽光発電を自社の発電量に取り込む事に熱心でこうした事業のコロラド内に於ける最適な主要顧客として活動する様になって来ています。


WRITER PROFILE

萩原正喜

米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。