クリスマス12月25日の朝の我が家の裏庭
11月23日から24日にかけて降った雪が積もった我が家の裏庭の様子です。ブルースプルスの木はここへ引っ越して来た時に私の背丈程の高さの苗木を植えたのですが、それから早くも14年の月日が経過して、大きく育ちました。木の下の方の枝は植木ばさみで時々刈り込んでいますが、上の方は今まで手を入れていません。間もなく電線やケーブルのラインに接触しそうなので高いはしごを使って枝落としをしなくてはなりません。昨年夏にはリスがこの木の上段に巣を造って住んでいましたが、冬になってからは見かけていません。

コロラドのデンバー地区での今回のクリスマスは12月23日から24日にかけてまとまった降雪があり、我が家の周辺ではちょうど1 foot(30cm)程の積雪となってホワイトクリスマスを迎えました。

気温の方は明け方の最低気温が華氏零度(摂氏零下17.8度)まで下がりましたが、全体的にはあまり低くなく湿った重い雪でしたが、この冬始めてエンジン付きの小型除雪機を出して始動させ家の前の道路端の歩道やガレージ前のドライブウェイの除雪に汗を流しました。


クリスマス12月25日の朝の我が家の表側
11月23日から24日にかけて降った雪が積もった我が家の通りに面した表側の様子です。風で屋根に積もっていた雪が飛ばされてこちら側へ積もりかなりの量の積雪となりました。今回は気温はそれほど下がらなかったので湿った重い雪となりました。
裏庭に積もった雪の中を走り回る我が家の犬2頭
我が家の犬2頭です。ジャーマンシェパード雌10才とレッドドーバーマン雌6才です。

その後年末にかけては12月29日及び30日はアメリカでの経済不調の2011年の鬱憤を振り払うかの様にコロラド州の各地では異常な程の強風が吹き荒れる天候となり、特にコロラド州を南北に縦断している国道ハイウェイ25号線の北はずれのワイオミング州との州境に近い地区では走行中の大型貨物トレーラーが強い横風を受けて2台続けて横転して中央分離帯側へ横倒しとなり、それに後続のもう1台のトレーラーが横転するという大型トレーラー3台が将棋倒しとなる大事故となりました。

この日のNational Weather Serviceでのこの地区に近い風速計測によると最大瞬間風速は時速102マイル(時速164km)を記録しており、一日中時速60マイル(時速96.5km)近い強風が続いていましたので、この事故の他にロッキー山脈越えの国道ハイウェイ70号線のLoveland峠付近では強風に煽られた乗用車が道路脇に飛び出して横転し屋根が下向きとなって大破し、運転していた人が亡くなるという大事故となった他、コロラドの各地で強風による車の横転事故や強風によって吹き飛ばされた木の大きな枝が乗用車のフロントガラスを突き破って運転者が重傷となる、などの事故が多く発生しています。

一方、昨年の12月中の降雨、降雪によるコロラド州内の降水量は例年に比べて65%から70%と異常に低くなっており、昨年はロッキー山脈中や東山麓の平野部での豊富な降雨、降雪に恵まれて、特に平野部での農産物の収穫が大豊作で、アメリカ中東部での大水害や暴風雨による農業への被害が大きかった事による農産物の市場取引価格の高騰がコロラドの農家に大きな収入を取得させる1年となりましたが、それに比べて今年2012年の乾燥気候が今から心配の種となっており、特に夏の水不足が不安視されています。

いよいよ2012年が明けて新年がスタートしていますが、今年は今迄の長いアメリカ経済の不調をはね除けて希望に満ちた明るいニュースに溢れる年となって欲しいと思います。

WRITER PROFILE

萩原正喜

米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。