コロラドのデンバーの町の1月のメインイベントで、全米から畜産業者、カウボーイ、そして食肉業者などを集めて開かれる家畜の取引市、それに付帯したロデオ競技会などを含む各種競技でその年のチャンピオンを競う「National Western Stock Show & Rodeo」は今年で106回目を迎えました。

1月7日(土)のデンバーのダウンタウン大通りを馬や牛そして農耕用のトラクターなどを含む大勢のパレードを皮切りに開催されましたが、1月22日(日)にその16日間にわたる今年のイベントは無事閉幕しました。

コロラドの人々にとってこの開催期間中は何となくそわそわさせられる気分で、その閉幕とともに「これで一月が終わった。」と言う実感です。

主催者側の発表によると、今年の開催期間中の参加者総数は63万6662名で、昨年2011年の64万4818名を僅か下回りましたが、それでも106回の過去の開催を通して6番目の参加者数となっています。ちなみに、過去の最大参加者数の記録は第100回目の記念イベントとなった2006年で72万6972名となっています。

また、このイベントに運ばれて来た家畜の牛、馬、豚などを始めとするその総数は1万6000頭以上を数えて、過去5番目の数字を記録しています。

もともとこのイベントはこの時期にコロラドの気候は寒さが厳しく多量の降雪に見舞われて牧場や畜産業種では最も暇な時期となる事から、デンバーに集まって一般市民への牧畜業への啓蒙活動も含め開催される様になったものです。

コロラド州は全米の各州の中で日本への牛肉の輸出を最も多く行っている州となっており、かつてアメリカからの牛肉の外国への輸出が完全ストップした狂牛病の事件以後、その回復に務めて来ましたが、昨年になって、ようやくそれ以前のレベル迄回復し、現在の円高ドル安の環境下で今年の日本への輸出の更なる増加が期待されています。

早くも2012年の1月も過ぎて2月に入ると言うコロラドも忙しい一年の活動が本格的に始まる時期を迎えています。 Time to roll up sleeves!!!

WRITER PROFILE

萩原正喜

米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。