3月11日(日)の午前2時を期して時計を1時間進めるDay Light Saving Time(夏時間)が始まりました。

これにより冬の間日本とコロラドの間の時差は16時間であったのが15時間となり、日本が朝の9時の時にはコロラドの時間は前日の夕方6時という事になります。

このDay Light Saving Timeは今年の11月4日(日)まで継続します。日常生活でも冬の間は日の出が遅く、まだ暗いうちに起きていたのが、だんだんと日の出が早くなって来たところで1時間繰り上がりましたので、再び暗いうちに起きる生活に戻って朝寝坊をしていたい気分のこの頃です。

コロラドのデンバー地区では今年の冬は異常に暖かく降雪量の少ない気候でしたので、ロッキー山脈中の降雪を生活用水の水資源にしている事から夏の水不足が今から心配されています。

デンバー地区の若者のこれからの季節のスタイル

これは私の娘が週末に我が家へ来た時に娘が撮影した彼女の自動車の様子です。コロラドは冬は雪が降り、山岳ドライブとなることも多いので全輪駆動の乗用車スバルLegacyに乗っています。また、アルミエンジンのためエンジン始動から暖まる迄に時間がかからないので人気があります。

その屋根の上にハンガーを取り付けて、この様に自転車を積んで目的のサイクリングコース迄走ります。そして、自動車は駐車しておいて自転車で走り回る、といった事ですが、サイクリングに行かない時でも自転車は積んだままになっていますから、これが一種のライフスタイルなのでしょう!

屋根のハンガーは町中で駐車している時に盗難に遭わない様に鍵が付いています。そして自転車の方についてもハンガーへ括り付ける施錠バンドが準備されています。コロラドの初夏から秋にかけてこうしたスタイルの車を多く見かけます。ちなみに私の次女の自転車は「Carbon Drive」にはまだなっていません。

WRITER PROFILE

萩原正喜

米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。