去る5月24日から27日、東京都世田谷区のNHK放送技術研究所(NHK技研)において「技研公開2012」が開催された。今年は「わくわくが、あふれだす。」をテーマに人にやさしい放送の実現に向けた36項目あまりの研究成果が披露された。

NHK2012_DSC_0032.jpg

地デジ化への完全移行も終了した今年は、放送通信連携サービスを実現するHybridcastや次世代テレビを目指すスーパーハイビジョンなど次のステップへ向けての出展に注目が集まっていた。そんな数多く出展されていた未来の技術をグラフ形式でお届けして行こう。


NHK2012_DSC_1128.jpg

放送波で送られてくる番組と、ネットワークで送られてくる番組に関連する情報とを組み合わせることで、番組を今まで以上に豊かに視聴できる放送通信連携システムHybridcast。


NHK2012_DSC_1129.jpg

Hybridcastを利用することで、視聴中の番組に関連する情報を必要に応じて携帯端末などで利用できる。


NHK2012_DSC_1130.jpg

番組を通じて視聴者間の「横のつながり」を構築するサービスソーシャルテレビ。ソーシャルテレビによる視聴者同士がお互いの視聴している番組を共有できる。画面下にそれぞれの視聴者の番組が表示されている。


NHK2012_DSC_1140.jpg

アナログテレビ放送終了後、V-Low帯マルチメディア放送に空いたVHF1〜3チャンネル(90〜108MHz)を利用したマルチメディア放送。蓄積サービスなど、新しい放送サービスも開始される予定で展示では防災無線やワンセグ受信機と組み合わせたコンセプトモックを出展。


NHK2012_DSC_1152.jpg

スーパーハイビジョンの地上波放送を目指した大容量伝送技術。1つのキャリアシンボルで12bitの情報を伝送する4096QAM-OFDMの偏波MIMO伝送や移動受信向け高信頼伝送技術などを披露。


NHK2012_DSC_1160.jpg

120Hzスーパーハイビジョンイメージセンサー。スーパーハイビジョンというと8kという解像度だけが注目されがちだが、フレーム周波数120Hz、12bitの階調が目標とされる仕様となっている。今回のセンサーはその仕様に沿ったもの。


NHK2012_DSC_1171.jpg

単板式スーパーハイビジョン用小型カメラ。3300万画素のセンサーを採用したもので、レンズは市販の一眼レフカメラのものを使用できる。展示のカメラはニコンのレンズが装着されていた。


NHK2012_DSC_1192.jpg

スーパーハイビジョンの放送局内ネットワーク。光時分割多重OTDMによる172Gbps伝送により1本の光ファイバーで2chのスーパーハイビジョンを伝送可能。スーパーハイビジョンによる番組制作を行う上で不可欠な技術。


NHK2012_DSC_1194.jpg

145インチスーパーハイビジョン大画面ディスプレー。8kという解像度を生かした大画面表示を実用化するプラズマディスプレイパネルを採用している。


NHK2012_DSC_1198.jpgNHK2012_DSC_1200.jpg

22.2chスーパーハイビジョン音響制作機器。3次元残響付加装置やワンポイント収録マイクロホン、22.2chマルチチャンネルヘッドホンプロセッサーなどを展示。


WRITER PROFILE

稲田出

映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。