というわけで、Vol.1ではD4、D800の開発に関わられたニコン社員の皆さんから伺った貴重なお話をご紹介しました。ボクはこの座談会の前後にD4とD800をお借り出しさせて頂き、デジタル一眼史上初の快挙である「3つのクロップモード」や「クリーン4:2:2出力」に感激しておりましたが、Vol.2では実践編として、D4、D800でそれぞれ行ったテスト撮影の結果を、拙い作例を交えてご紹介させて頂ければと思います。

D4 対 5D2、GH2

01_5D2_D4_GH2.jpg

ボクが普段仕事で使っている5D2、GH2は、どちらも “吊しの状態” からはほど遠い改造マシンです。5D2にはSamuel Hurtado氏作の「flaat」というピクチャースタイルをインストールしており、また、Mosaic Engineering社製の外付けローパス・フィルター「VAF-5D2」を内蔵してモアレを防いでいます。

Mosaic Engineering : VAF-5D2 Optical Anti-Aliasing Filter
Similaar : Flaat Picture Style for Canon DSLRs
Similaar : Flaat Picture Control for Nikon DSLRs

いっぽう、GH2はbkmcwd氏作の3GOPパッチ「GOP3ZILLA_V2.0」でハックし、軽く100Mbpsを越えるビットレートで信号を記録しています。

PERSONAL VIEW : GH2 Settings Vault, most popular settings in one place

対するD4は、せいぜいピクチャーコントロールで素材性重視の「ニュートラル」を選び、調整パラメーターを以下に設定しただけの、ほぼ標準設定です。

    輪郭強調 > 1
  コントラスト > -2
     明るさ > 0
色の濃さ(彩度) > -1
 色合い(色相) > 0

…と、三つ巴の試し撮りの体裁をとってはいますが、使用したレンズからセンサーサイズまで違いますので、せいぜい “傾向を計る目安” 程度の意味しかありませんことを言明しておきます。また、基本、データはカメラ出しのままですが、GH2のデータのみ編集時に色被りを緩和しています。

使用レンズ:
  • D4  AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED
  • 5D2 EF24-70mm f/2.8L USM
  • GH2 Nokton 25mm f/0.95
02_EdgeSharpening.jpg

ココでちょっとしたワンポイントですが、D4に限らず、ニコンのカメラでは「輪郭強調」を最下限値である「0」に設定すると、輪郭強調効果を “完全に切る” ことができます(キヤノンEOSでは、最下限値でも「最弱」で輪郭強調がかかっていて、これを切ることはできません)。従来、一眼動画では、「ラインスキップ」によるダウンサンプリングと「H.264コーデック」による圧縮でアラが出ないよう、「輪郭強調はオフ」が定石とされてきました。ですが、設計時の方針として動画の解像感を追求していないD4(Vol.1を参照)では、敢えて「輪郭強調」をもう少し上げて、メリハリを出しても良かったのかも知れません。…と、いまさらちょっと後悔。

D4、3つのクロップモード

D4にはFX(フルフレーム・センサー範囲)、DX(APS-Cセンサー範囲)、そしてフルHD(1920x1080範囲)という3つのクロップモードが用意されています。近来これほど画期的な撮影機能が他にあったでしょうか?

03_Crop_DX.jpg

もちろん、クロップ撮影モード自体に関して云えば、たとえばGH2にはもう二年も前から「Exテレコン」という、センサー中央部切り抜き撮影モードが搭載されていました。ですが、D4はフルサイズ・センサー機ならばこそ、フルHD切り抜き(x2.7倍)の上にさらにAPS-Cサイズ(x1.5倍)のクロップモードを追加できました(このモードでさえマイクロフォーサーズ・センサーよりも撮像範囲が広い!)。これにより、たとえば標準的な24-70mm f/2.8のズームが、広角24mmから望遠190mmまでのニッパチズームに変身してしまうというのですから、まさに快挙です!

…Vol.1で触れられているように、D4の “味付け” が解像感重視ではなかったために、FX、DXモードでのイメージが今ひとつキリッとしないのが本当に惜しいです。

04_Crop_FullHD.jpg

それから。ココで、あえて苦言を二つ。

苦言その1:どうして同じフルフレーム・センサー機であるD800にはFXとDXの二つのクロップモードしか用意して下さらなかったのでしょうか?(もしもこれが自社製品ラインナップ内のランク付けのためだったとしたら、「あぁニコンよ、お前もか…」とガックリ肩を落とすほかありません)

苦言その2:FXとDXは「撮影メニュー → 撮像範囲」で切り替え、FX、DXからフルHDクロップへは「動画の設定 → 画像サイズ/フレームレート」で切り替えというのが解りづらく、また面倒です。クロップ撮影の切り替えはメニューではなく専用のボタンやノブで切り替えても良いくらい画期的な機能ですから、せめてファンクションボタンひとつに集約して使い分けできるようにはならないでしょうか?

WRITER PROFILE

raitank

raitank blogが業界で話題になったのも今は昔。現在は横浜・札幌・名古屋を往来する宇宙開発系技術研究所所長。