2012年8月末、ついにBlackmagic Cinema Camera(BMCC)が出荷開始された!今回は、早速入手したBMCCのファーストインプレッションをお届けしたい。

ついにやってきたBMCC!

teduka05_bmcc_01.jpg

BMCC!!ついに夢のカメラが手元に!!なんとレンズキャップが金属製

NAB初日の衝撃の発表から4ヶ月半。ついに手元に来たBMCCを徹底的に分析してみよう。まず驚いたのは箱が美麗だということ。まるで、Leicaを連想させるコンパクトで綺麗な外装。業務用カメラの段ボール箱に慣らされた身には驚きだ。がらにも無く箱開けの儀式の風景をブログに載せてしまった。箱の中には、なんと、DaVinci Resolveのハードウェアキーが封入されていた。てっきり、BMCCをハードウェアキー代わりにする簡易システムかなにかだと思っていたので、嬉しい驚きだ。DaVinci Resolveは業界標準のカラーグレーディングソフトで、これだけでも別に買えば83,980円の価値があるまともなソフトウェアだ。そういう点を計算すると、このBMCCは恐ろしくお得なカメラであることが理解できる。なにしろ、今までこうした本物のシネカメラは最低数百万円していたのだ。それが、DaVinci Resolve付きで25万円強。信じられない激安価格だと言っていい。

そして、シネカメラという言葉から受けるごつい印象には似つかわしくない一眼レフ風の高級感溢れるストラップと共に、ごろっと丸いアルミ削りだし形状の本体が入っている。取り出そうとしてその重さに驚き、レンズを付けようとして更に驚いた。なんと、このカメラ、本体レンズキャップが金属削り出しで出来ているのである。はっきり言ってやり過ぎと言っていいほどの高級感だ。本体レンズキャップなんて、カメラ付属品でいの一番に無くしてしまうものの代表格だが、これはさすがに無くせない。しっとりとした質感のカメラストラップを付け、レンズを付けると、これがなかなか見栄えがする。これに、近所のヨドバシカメラで買ってきた激安RIGを付けてみたが、これはこれで案外使えた。正直、とても25万円台の激安シネマカメラには見えない。

teduka05_bmcc_02.jpg

シンプルスタイルのRIG。トップハンドル以外ヨドバシカメラで全部揃えてみた。これでも充分

無論、私もプロの端くれなので、本格運用のためにちゃんとしたRIGも組んでみた。ZACUTOのBMCC専用RIG「ZACUTO BMC Stinger」をあらかじめ導入してあったので、それを装着。レンズは「SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM」。マイクは市販品の「オーディオテクニカ AT9940」を使用。レンズもマイクも民生品だが、EFマウントとノーマルオーディオ端子装備のため、これで必要充分な機能を発揮する。

teduka05_bmcc_03.jpg

弊社業務向け豪華版のRIG。ZACUTOのBMCC専用RIG「ZACUTO BMC Stinger」を装着したところ。カメラ本体と同じくらいの値段がするが、その価値はある。特にトップハンドルは手放せない

注意点として、内蔵SSDはメーカー指定のものを使う必要がある。それ以外のものはエラーが出て使えない事が多いようだ。格安ノンブランドSSDが使えない分高く付くが、REDなど他のRAW収録機ではそもそも市販のSSDが使えず、メーカー製の超高額SSDメディアしか選択肢が無いところを考えると、他のカメラよりもずいぶん安上がりだと言っていいだろう。私は、格安で手に入れた「Kingston SSDNow V+200 240GB」を5枚導入した。BMCCの2.5K RAW収録で約25分の収録が可能なので、5枚もあれば十分だと言っていいだろう。SSDのフォーマットや収録データの消去はカメラ本体ではできないので、Macとの接続機器が必要だ。私は、定番の「裸族のお立ち台」を用意した。

バッテリーはBMCC本体に内蔵されているが、最大カタログスペックで90分、実用で1時間程度の使用時間だ。充電に2時間かかるため、これはあくまでも非常用のものと考えて追加バッテリーの準備を進めている。現在のところまだ適切な市販品が無いので、おなじみSYSTEM5の特注品でNEP社が制作しているSONYインフォリチウムL 2発直列搭載のバッテリーシステムの試作品をお借りして使ってみた。Vマウント仕様のものも同時にお借りできたが、自分の好み的には、世界中どこでも手に入って運用の楽なインフォリチウムLバッテリーの方が気に入っている。BMCCの、16mmフィルムカメラ的なローバジェットフィルム~ハイアマチュアという使い方には、世界中で気軽に入手できるインフォリチウムLバッテリーの方が向いている気がしたのだ。BMCCは12V~30Vまでの広い電源受け入れ能力を持っているので、この辺は他の機器で普段使っているバッテリーや好みの都合でいいだろう。

teduka05_bmcc_04.jpg

バッテリーシステムはNEP社製のインフォリチウムL 2発搭載のものと、Vマウントバッテリー搭載のものをお借りした

BMCCにはSDI端子もついている。ただ、本体のモニタ性能が良いので、特にサブモニタやEVFの必要性は感じなかった。付属のUltraScopeを用いて、Thunderboltを搭載したMacで確認しながらの撮影も対応しているようだが、これは今のところ英語版OSのみの対応となっているようだ。日本語OSでの対応が楽しみである。

さて、これだけで撮影準備が完了だ。本体込みでも40万円から、Macを入れても60万円程度で本格シネカメラの運用が出来る。今まで最安値だったRED SCARLET-Xですらも、格安と言われながらも200万円弱程度の運用開始コストだった事を考えると、恐ろしいほどの価格破壊だと言える。

シネカメラでの撮影方法

teduka05_bmcc_06.jpg

RIGを使った撮影シーン。ビデオに比べてシャッター速度が固定で感度も低めなので、慎重に!

さて、Blackmagic Cinema Camera(BMCC)はシネカメラ(シネマカメラ)である。その仕組みは、この価格帯ではおなじみのビデオカメラとは明確に違うものになっている。一体ビデオカメラとシネカメラは、どこが違うのだろうか?

シネカメラとは、極論を言えば、フレーム単位での収録を行い、そのフレームごとがきちんと一枚の写真として成立するようなカメラのことである。ビデオカメラが動画ファイルの作成を行い、なめらかな動きそのものの収録を目指すのに対して、シネカメラにおいては各フレームごとの完成度の高さを目指す。シネマ=映画とはすなわち活動写真であって、その本質は写真としての完成度の高さにあるのだ。

実は、シネカメラはカメラの使い方もビデオとは根本から異なる。まず、シャッター速度(シャッター開角度)は基本的に180度、もしくは172.8度、場合によっては144度固定となる。度数表示の180度というとビデオに慣れた身にはわかりにくいかもしれないが、これは1/48秒。172.8度とは1/50秒のシャッター速度だ。映画は、表示フレーム24コマとそのフィルム移動中の真っ暗な非映写コマ24枚の、合計48コマで1秒を形成している。撮影されたフレームのブラー効果が前後フレームへ継続することを考えてこれに合わせてシャッター速度を設定するので、シネカメラのシャッター速度は固定となるのだ。

本来であれば天然光の下では180度(1/48秒)の設定が好ましいのだが、東日本や欧州の電気周波数が50Hzである為、室内灯のフリッキングを押さえるために敢えて172.8度(1/50秒)のシャッター速度を用いることも多い(西日本や米国では60Hzの周波数のため、蛍光灯のフリッキングを押さえるために144度を使うのだが、BMCCではこれもあらかじめ用意されている。ただしこちらは屋外で常用すると若干パラついて見える可能性がある)。

またISO感度も基本的に固定である。このカメラ、BMCCではISO800が常用ISOなので、ISO800での撮影が最も広いダイナミックレンジで収録できるように出来ている。そのため、ライティング環境が許すのであれば、出来る限り原則としてISO800、もしくはそれよりも低いISO感度で撮影をして行くことが望ましい。ただしこれはフィルム時代のフィルム感度に当たるものなので、特段の事情と演出意図があれば変えていいものだ。

teduka05_bmcc_05.jpg

BMCCのメニューを見ると、完全にシネスタイルを考慮していることがわかる。シャッター速度も度数表記だ

さて、実はここにもビデオとの大きな違いがあるのだが、シネスタイル撮影では、ビデオ撮影のようにむやみやたらと感度を上げて撮ってはいけない。映画現場で口伝されている格言に「雨の日に雨を撮るバカは居ない、夜間に夜を撮る間抜けはいない」というのがあるが、あくまでもそれなりに明るい現場で撮影を行い、後から現像処理で夜に見せるのがシネスタイル撮影の原則だ。雨の日に機材を持ち出せば上手く雨粒が映らない上に壊れるし、もしも本当に闇夜に撮影すれば…当たり前だが、そもそもフィルムが感光しないのだ。

ちなみに映画においてBMCCの常用感度と同じISO800のフィルムは「超高感度」に当たる。従って、BMCCは超高感度フィルムを使っているのと同じ扱いを心がければいい。同様に「中感度」フィルムはISO100~200程度、手に入りやすい高級な「高感度」フィルムでもISO400~500だ。BMCCの最高感度であるISO1600は、恐らくアマチュアではムービーメーカーですら触ったことが無い人も多いのでは無いかと言うほどの超高感度にあたる。ビデオ目線で見るとBMCCのISO1600という数字は低く思えてしまうが、シネカメラとしては必要十分な機能を備えていると言えるのだ。最近では、ビデオカメラメーカーの思惑で、シネカメラを謳うのに暗所撮影能力を最大のメリットとして誇っているような風変わりなカメラも大手を振って出ているので混乱してしまっているが、BMCCは本来のシネスタイル撮影にこだわったカメラだと言えるだろう。

正直、私は撮影していて、非常に気持ちが良かった。BMCCでは、こうして固定したシャッター速度とISO感度に対して、照明を焚き、あるいはNDで減光し、絞りを合わせて撮って行くことになる。現場にカメラの設定を合わせるのがビデオだが、カメラに現場の設定を合わせるのがシネスタイルで、BMCCはまさにシネカメラなのだ。なお、シネスタイル撮影では、ビデオに比べてシャッター速度が遅めなので、三脚やRIGは必須と言える。BMCCでもこうしたカメラ固定機材を使っての撮影が基本となるだろう。

WRITER PROFILE

手塚一佳

デジタル映像集団アイラ・ラボラトリ代表取締役社長。CGや映像合成と、何故か鍛造刃物、釣具、漆工芸が専門。芸術博士課程。