2012年8月末に発売されたものの、まだまだ限定出荷のBlackmagic Cinema Camera(BMCC)。今回は、本格出荷開始前に、その周辺機器について書き記してみようと思う。ちなみにこのコーナーの定番で、ここでご紹介する機材は基本的に著者の自腹である。

シンプルなBMCC

Blackmagic Cinema Cameraの特徴は、とにかく安価なシネカメラ、というところである。シネカメラとは、本来フィルムによる映画向けカメラのことを指すが、デジタル時代においては、1フレームごとばらばらの連番ファイルでの収録を行うカメラのことを指すと思っていればほぼ間違いない。映画とは活動写真であり、その本質は時系列に連続した静止画なのだ。それに対してビデオカメラとは動きを捉えることをメインにしているカメラで、デジタル時代においては動画ファイルを収録するものだ。動画ファイルとは事なり、連番ファイルシーケンスでは1フレーム内に音以外の全ての要素が完結しているため、合成やカラーグレーディングをおこなっても画質があまり低下せず、また、マスクも切りやすく、非常に優れた可変性を維持している。特にRAWやLogガンマなどのHDR機能を持ったファイルでは、後処理の余地が非常に大きい。これが、映画のフィルムと全く同じ構造なので、これらを指してデジタルフィルム、と呼ぶ。

なお、余談だが、映画向けのカメラは日本の現場ではキャメラと呼ばれることが多く、これはキネ・カメラの略だ。本稿ではビデオ系の読者が多いと思われるために一般的でないキャメラという言葉は使わず、シネカメラというデジタル用語の方を用いさせて頂く。

さて。前後のフレームを使って圧縮の出来るビデオカメラとは事なり、1フレーム内に全てのデータが完結しなければいけないシネカメラはどうしても高価になりがちなのだが、BMCCはそれを258,000円という驚異的な低価格に抑えたのが特徴だ。しかし、その犠牲は小さくは無い。最低限撮影に必要なもの以外はありとあらゆる機能を削ってあり、カメラ単独で撮影に挑むのはかなり無理がある。あくまでもBMCCはコアパーツであり、それに様々な周辺機器を組み合わせて各人の必要なワークフローに合わせて行くのが正しい姿なのだ。しかし、昔の16mmフィルムカメラなどはまさに同じような最低限の機能しかもっていないのが普通であったから全く問題ないだろう。BMCCは、現代版の16mmフィルムカメラとでも言うべき存在なのだ。

基本周辺機器

以前の記事にも書いたが、BMCCを最低限撮影可能状態にするための基本周辺機器は下記のものを使っている。

必需品
  • SSD Kingston 240GB SSDNow V+200 (SVP200S3/240G)
  • 長時間撮影用SSD Sandisk Extreme 480GB (SDSSDX-480G-G25)
  • SSD処理用 Apple Mac Book Pro Retina 15インチ
  • 標準レンズ SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
  • 望遠レンズ SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM
  • 外部マイク オーディオテクニカ AT9940
  • マスターヘッドフォン YAMAHA RH5MA

SSDは、240GBのものは収録しっぱなしの保存兼用の使い捨てメディアとして日々買い足し、高価な480GBのものは2枚だけ購入し、中身をコピーしては消去して使っている。収録時には、240GBのSSDに対して、RAWで25分程度の撮影が可能だ。コピー時間は、USB3.0の最速環境でも240GBで40分、480GBで約1時間半。バックアップを考えれば日々この2倍の時間がかかると言うことになる。

コスト的な理想を言えば日々SSDはコピーして空にして次の撮影に流用して行くのが良いのだが、実収録時間の2倍というこの長大なコピー時間を考えると手間や人件費的には現実的では無い。特に240GBの方はコピーは中身のチェックも兼ねて作業RAIDへのバックアップコピーのみ1回行い、SSDのデータはそのまま保管してマスターディスクとして運用するしか無いだろう。なお、SSDはカメラ本体でフォーマットすることが出来ない。事前にMacでフォーマットする必要がある。Windowsユーザーは、Macフォーマットをする為のソフトを別途導入する必要があるから要注意。

レンズは、私はコストを考えてSIGMAのものを使っている。まあ、私がLeicaファンで、Leicaのレンズを一手に引き受けているといわれるSIGMAの味付けが好みだというのも大きい。注意点は、BMCCの公称2.3倍、実質2.4倍のフルサイズ比焦点倍率で、相当に望遠寄りになってしまう点だ。10-20mmの超広角ズームでも24-48mm程度相当の標準レンズに、24-70mmの広角ズームが62-168mm程度相当の望遠レンズに化けるので気をつけたい。なお、単玉を複数取りそろえることは、このカメラのコンパクトだという最良の特徴を殺してしまうので、私は避けている。もちろんシネカメラでは光学ズームは基本的に使い道がないので、ズームレンズを焦点距離固定で使う形だ。現状で48mm相当と62mm相当の間が切れてしまっているが、前述の通りの単玉感覚で使うため、あまり気にせずに使っている。

また、マイクに関してだが、BMCCの内蔵マイクはなぜかレンズの下という確実に手が当たる場所に着いているので使い物にならない。アフレコ用の当て音収録と割りきってくれということなのだと思うが、同録をカメラ本体でする場合、必ず外部マイクは必要だ。

とりあえず上記のものだけでも撮影できるが、その撮影時間は1時間を切るし、屋外にも出られない。やはり、ここは外部バッテリーとNDフィルタも必需品に加えるべきだろう。

準必需品
  • 外部バッテリー NEP BL-F1170M x2
  • バッテリー連結昇圧機 NEP ブラックマジックシネマカメラ対応プレート
  • NDフィルタ Kenko ND8

上記の中で唯一、NEPのバッテリー連結昇圧プレートは市販品では無く特注品になってしまうが、これは私がこのプレートを注文したSYSTEM5で定番品としての取り扱いがあるので「手塚がBMCCで使っているのと同じもの」といって注文すれば非常にスムーズだろう。上記のBL-F1170M2連発で、大体5時間弱程度の撮影が可能になる。公表されてはいないが、実測から計算すると、BMCCの消費電力は大体30Wというところなのだろう。NDは、定番のND8がとりあえずは必須だ。私は、写真用の薄手のNDを厚紙で挟んで10センチ角フィルタにして使っている。

otaku_vol6_01.jpg

基本周辺機器を現場で組み上げて行くところ。今のところ、動作チェックも兼ねて大体10分程度。シンプルだ。SSDがカメラ本体でフォーマットできないので要注意

WRITER PROFILE

手塚一佳

デジタル映像集団アイラ・ラボラトリ代表取締役社長。CGや映像合成と、何故か鍛造刃物、釣具、漆工芸が専門。芸術博士課程。