…というわけでVol.1では、オリジナリティとバイタリティに溢れたJVCの皆さんが、いかにして世にもレア!かつエコ!な4Kシステムを思いつき、カタチにされたかについて、じっくりお話を伺いました。思えば「4K」に関しては、主にハリウッド発ハイエンド制作環境のニュースやレポートを読むことで、実は実態に触れたこともないくせに、すっかり “耳年増” になっていた私でした。今回の企画を通じて『とりあえず4Kこそ未来!と云ってみる』的妄想100%の切ない状態から脱却できたことに感謝しております。

というわけでVol.2は「実践篇」として、GY-HMQ10をお借りしていた1ヶ月のあいだに気がついたこと、作ったものについて、少しばかりご報告してみたいと思います。

片手で気軽に4K撮影

raitank_06_01_ActingCam.jpg

このレポートを書いている今は、道を歩けば町中そこかしこから金木犀の香りが漂う10月です。ですが、ボクがGY-HMQ10を試用させて頂いたのは、実は今を遡ること4ヵ月も前の、6月中旬のことでした。もうすぐ梅雨入りという微妙な時期、朝からポッカリと晴れた日に届いたHMQ10は、以前使っていたHM100を一回り大きくしたくらいの小さなカメラ。バッテリー込み重量は1.62kgと、小さい割にズッシリしてはいるものの、トップハンドルもついた取り回しの良い安心の筐体デザイン。これなら例えばステディ撮影時にも、ジャケットや大がかりなアームはなしで、Merlinクラスの小型スタビライザーで充分なんじゃないだろうか?

というわけで、天気も良かったので、Steadicam Merlinならぬ、台湾のSkier社製ActingCam(2万円くらいの軽量スタビライザー)にHMQ10を載せて、近所の公園へ。する〜っと30分ほど誰もいない園内を歩いて来た時の映像がこちら。

4K解像度版も、YouTubeにアップロードしてみました。もし4KモニタでYouTubeを視聴できる環境にあれば、こちらを「再生」し、右下のギアの形をしたメニューから「オリジナル」を選択してください。4Kデータが再生される筈です(…が、そういう視聴環境がないもので未検証です。スミマセン)。

まぁ想像していた通りなのですが、余りにもあっけなく4K映像が収録できてしまい、拍子抜けもいいところ。問題は、こうして撮ってきた4Kの絵を、4K解像度で確認する術が身近にないことだったりするワケですが、これに関しては後述することとしましょう。

WRITER PROFILE

raitank

raitank blogが業界で話題になったのも今は昔。現在は横浜・札幌・名古屋を往来する宇宙開発系技術研究所所長。