今年の3月11日から始まったアメリカでのDaylight Saving Time(夏時間)が11月4日で終了して、その午前2時を期して時計の針を1時間遅らせます。これによって、日本とコロラドとの間の時差は15時間であったのが16時間となり、日本で朝の9:00にはコロラドは前日の夕方5:00となります。

コロラドは地図上の緯度では日本の秋田市や盛岡市とほぼ同じにあり、11月ともなると日の出はめっきり遅くなり、朝7時ではまだ薄暗い感じであり朝の出勤をされる人々にとってはなかなか大変ですが、国のルールで1時間余分に朝寝坊出来るとはなかなか優雅な感じがします。

もともとデンバー地区では朝の7時出勤で、午後4時には退社という勤務形態の人々が多く、朝の5時頃から各主要道路は通勤ラッシュが始まり、夕方は4時頃から早くも混雑が始まって、6時半頃には既にラッシュは終わっているといった感じです。

血圧の高い人達が多い為なのか、朝早起きの人達が多い土地柄ですので、そうした人達にとってはこの余分に朝寝坊出来る1時間は関係ないかも知れません。

10月31日(水)の ハロウィーン (Halloween)も終わって、悪魔のコスチュームや白雪姫の衣装で「Trick or Treat」と云いながら各家々を回る近所の子供達は我が家には今年は総計84名が訪れました。やはりヒスパニック系の子供の比率が年々増えて来ていますが、その人数では昨年とほぼ同じだったので、その増加傾向もほぼ収まって来ているのかなあ、などと思っています。

ハロウィーンが終わるとアメリカではいよいよ年末の雰囲気に突入して、いろいろな年末の年中行事が続きます。

  • 10月31日 Halloween
  • 11月 4日 Daylight Saving Time Ends
  • 11月 6日 Election Day
  • 11月11日 Veterans Day
  • 11月22日 Thanksgiving Day
  • 12月24日 Christmas Eve
  • 12月25日 Christmas Day
  • 12月31日 New Year’s Eve
  • 1月 1日 New Year’s Day 2013

コロラドの各家々では既に夏の間活躍した屋根の上のスワンプクーラーの水抜き、覆いカバーの取り付けや庭の芝生へのスプリンクラーの水抜き、そして芝生の上に積もった街路樹からの落ち葉をかき集めてゴミ出し、芝生の今年最後の刈り込み、などのこちらでWinterizeと呼んでいる一連の冬支度が終了していて、後はクリスマスに向けて一直線といった雰囲気です。

コロラドでは例年9月に入ると2回か3回は量は少ない迄も比較的まとまった降雪を見るのが通常ですが、近年はロッキー山脈の峰峰の特に標高の高いところでは積雪が見られたものの、山脈東側山麓に展開するデンバー地区に於いては地球温暖化のせいでしょうか9月に降雪が見られなくなって、今年も昨年に引き続いて雪は降りませんでした。

10月に入って都合3回の降雪がありましたが、1回目と2回目はそれぞれ道路面はそれ迄続いていた好天気で路面が暖まっていましたので直ぐに融けてしまって、庭の芝生の表面に薄く積もった雪で一面が白くなりましたが、それも数日で消えてしまうという状況でした。

それでも、3回目の10月25日(木)からの降雪は気温があまり低下しない状況での降雪でしたのでベタ雪ではありましたが、やっと雪が降ったと言う感じの比較的まとまった積雪となりました。

今冬シーズン初とも思えるデンバー地区に降った雪
我が家の裏庭の様子です。10月26日(金)の昼頃撮影。このくらいの規模の降雪が10月ではなく9月には2~3回有ったのが今迄の例年でしたが、ここのところ非常に少なくなりました。

昨冬は今冬の始まりと同様な気候の推移でしたが、冬シーズン通してはコロラド全体での降雪量は過去の平均に比べて50%も少ない冬となって今年の夏の期間の水不足が大変心配され、またロッキー山脈中の各スキー場では積雪量の不足でゲレンデの雪のコンデイションを整えるのにスノーガンが多数使用され何とか維持する事が出来ました。

今度の冬も同様な天候に終止するのではないかと今から心配されていますが、はたしてどうなるでしょうか?


WRITER PROFILE

萩原正喜

米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。