カメラ界のユーロファイタータイフーン「Canon EOS-1D C」

EOS-1D Cは、世界唯一のレンズ交換式Logガンマ収録4Kカメラだ。その性能を手軽に持ち運べる上、ベース機である1D X由来のDSMCとして卓越したスチル機能も持っている

同機はCanonの本業、スチルカメラの現行最上位機種EOS-1D Xのバリエーション機種で、最小最軽量のレンズ交換式4Kカメラでもある。センサーサイズはライカ判フルサイズ。2013年1月現在、世界唯一の本格スチル撮影可能な正当派4K DSMC機だ。スチルカメラからシネカメラへと接近しようというアプローチは5D2で誕生した新しいシネマワークフローの正当後継者とも言え、シネカメラからスチルに歩み寄ろうとしているREDのDSMCとは逆のアプローチであるといえる。

EOS-1D Cのベース機の1D Xは、それまでのCanonプロフェッショナル向けスチルカメラが、スポーツ向けの連写速度重視の1D系とスタジオ向けの高画素重視の1Ds系に分かれてしまっていたのを統合する目的で作られたカメラで、高画素と連写機能を高次元で両立している世界最高峰のハイエンドカメラの内の一台だ。

元々Canon EOS-1シリーズは、同社のプロフェッショナル向けフィルムカメラF-1の電子機能搭載後継機種で、EOS-1Dシリーズはそのデジタル版に当たる。同社製の他のカメラが全てEOSの文字と数字の間になにも無いのに対し、EOS-1シリーズだけがハイフン付きで命名されるのは、このEOS-1シリーズこそがCanon EOSそのものだというメッセージが込められているといわれており、文字通りのCanon看板機種である。

EOS-1D Cは、この1D Xをベースとしているが、上位機種という扱いでは無く、あくまでも1D Xの特殊用途向けバリエーションの一つとしてのシネマ機という位置づけとなっている。そのため、量販店などでの販売はなく、業務用映像ショップのみでの限定販売となっている。その性能は、1D Xのスチル機能に加え、Cinema EOS系のシネマ機能を併せ持つもので、特に、Canon Logでの内蔵CFカードへの4K収録は、この機種にしか出来ない離れ業だ。

4Kと言えばゴリゴリに劣化した超高圧縮形式の内蔵収録映像か、あるいは外付けメディアへの収録しか出来ない現状を考えると、Motion Jpegとはいえ小さなカメラ内にLogガンマ収録が可能なEOS-1D Cは、DSMC機としてずば抜けた性能をもっていると言える。価格も、当初の120万円から大幅に下げ、税込み105万円程度の実売だ。これは、フルサイズスチルカメラとしては高額ではあるが、4Kシネカメラとしてはダントツの最安値である。オタク的な言い方をすれば、EOS-1D Cは、カメラ界のユーロファイター タイフーン的な美味しいところ取りのコストパフォーマンスに優れたカメラなのだ。

EOS-1D Cの動画撮影方法は極めて簡単。1度menuボタンから動画形式を設定してしまえば、後は液晶モニタ表示切り替えボタンを押すだけで自動的にフルマニュアルの動画モードに切り替わる。スチルに戻したければ液晶表示モードからファインダーモードに戻せばいい。スチル写真は全て光学ファインダーを覗いて撮影、動画は全て液晶モニタを見て撮影、というわかりやすい直感的操作方法になっているのだ。確かに、写真を液晶を見ながら撮る事はよほど変なスタイルで撮影でもしない限りまず無いし、動画をクロップされてサイズの合わない光学ファインダーで覗いて撮影することはあり得ない。実際に触ってみればわかるが、この切り分けは非常にわかりやすい。

また、なによりもこの小型さが素晴らしい。ベース機になったEOS-1D Xはライカ判フルサイズスチルカメラ機としてはかなり大きい方だが、それでも、中判など他のプロ向けスチルカメラに比べれば遥かに携帯性を意識した設計だ。そしてもちろん、そのボディを使った1D Cは他のシネカメラに比べれば格段に小さい。4Kシネカメラというジャンルで見ると、もはやミニチュアサイズとすら言える。

以前のBlackmagic Cinema CameraのSSD込みで約2kgの軽さにも感動したが、何しろEOS-1D Cはバッテリー、CFカード込みでたったの1.5kgだ。しかもバッテリーもそれなりに持ち、そして何より撮れる絵は4K Logガンマだ。首から提げて街を歩いても違和感が無いシネカメラというのは本当に素晴らしい。

早速撮影を開始!

試しにこのカメラで、弊社のスタッフと近所のファーストフード店で撮影をしてみた。半分がCanon Logのまま、もう半分がAfterEffects CS6でDelogしたものだ。こういう撮影がいとも簡単に出来る4Kシネカメラは他にはあり得ないだろう。ちゃんとローパスフィルターを装備しているので、モアレや偽色は一眼レフスタイルにしてはかなり少なめだ。ちゃんと液晶モニタを見ながら撮影すれば、安価なシネカメラのようなモアレや偽色で使い物になら無いようなとんでもない映像が撮れることだけは無いだろう。

各種の警告やサポート機能も熟れている。液晶表示上でエラーが出やすい設定は点滅するなどして教えてくれるのだ。例えば、周辺光量補正はCanon Logガンマと相性が悪く、周辺部にノイズが乗ることがあるのだが、それも「Canon Log」マークが点滅して教えてくれる。4Kモードではオートフォーカスが動かないが、これも灰色表示で一目でわかるようになっている。こうしたサポート機能は、Canonもだいぶシネカメラメーカーとして成長しつつあるのがわかって、嬉しい。

ただ、今までCanon Log普及の妨げになっていたLUTファイルの不整備だが、相変わらずCanonのメーカー公式的には、ビューイングLUTがCVS形式でホームページに放置されている悲惨な状況のままとなっている。しかし、ユーザー側の努力でだいぶ様々な種類のものが出来上がってきているのが救いだ(例えばここからダウンロードできる)。本来LUTは色の標準となるものだから各種ソフトに対応したカメラメーカー公式LUTが欲しいところなのだが、プロジェクトごとにこうした一般的に配布されているLUTを特定して指定し、共有化して使えばワークフロー上の問題は起きにくいだろう。とはいえ、例えばシリーズものをパート毎に別の外注に振る場合や、あるいはプロジェクト途中でLUT制作者の気が変わって公開基準の変更があった場合などには大きな問題になる危険性がある。Canonには、各種ソフト向け公式LUTの早急な整備をお願いしたい。

シネマ撮影を含めた全ての動画撮影は液晶画面に切り替えて行う。表示は非常に熟れていてわかりやすい。ただしゼブラもピーキングも無い

ソフトウェア整備状況の進歩の反面、シネマ撮影に必須の機能がいくつか無いのが気になる。まず、ゼブラ警告が無い。また、フォーカスピーキングも無いし、Log収録に必須の波形機能も簡易なものしか無い。その代わりにHDMIにフルHDサイズのセンサースルーデータが乗るようになっているので、そこに、そうした機能を豊富に持つCineroidのRetina EVFあたりをくっつけて運用するのがシネ撮影現場での定番スタイルになるのだろう。ピーキング機能付きのモニタや波形モニタあたりはプロなら誰でも持っている装備ではあるのだが、こうした外部アシストを前提とした仕様はせっかくの身軽なEOS-1D Cの特性を潰してしまうので、何とももったいない。また、未整備と言えばCanon Log系では例によってだが、ダウンロードソフトウェアの一部がカメラのシリアルナンバーを要求するのも問題だ。映画の世界では撮影者と編集者は違うのが当たり前なのに、両者が同じカメラを持っている事を前提にするのは無理がありすぎる。

実はこのEOS-1D C、収録時の設定には若干の注意が必要だ。このカメラは非常に変わった仕様で、4K収録時のみ8bit 4:2:2であり、フルHD撮影時やスーパー35mmクロップモード時には8bit 4:2:0収録となってしまう。より小さいサイズの方が4Kよりも画質が低いという実に変わった仕様なのだ。さすがに今の大衆視聴環境において8bit 4:2:0収録ではあまりに心許ない。そのため、最終出力が何になるにせよ、できるだけ4Kで収録したい。

スチル撮影時フルサイズ、4K撮影時APS-Hという仕様のため、レンズはフルサイズ対応のものにならざるを得ない。写真は私愛用のコシナ カールツアイス Distagon* T3.5/18mm装着

同社製シネマズームレンズの大半が35mmクロップモードでしか使えないことを考えると、この仕様には若干戸惑いがある。つまり、EOS-1D Cには事実上フルサイズセンサー用のレンズしか使えず、大半のシネレンズがより小さなスーパー35mmサイズフィルムに適合している以上、多くの場合にはスチルレンズしか使えない、ということになるからだ。Canonのシネレンズですらも一部の単玉のものしかフルサイズセンサーには対応してないのだ。実際、今回1D Cを購入するにあたり、Canonの営業さんから「同時にCanonシネレンズもどうですか!?」というメールでのお話があったのだが「あれ?1D Cに御社のシネレンズって使えましたっけ?」と返答したら返事が来なかった。まあこれは笑い話のようなものだが、実際、もし本当にフルサイズ対応のシネズームレンズがそこそこの値段で出れば購入を検討したいので、ここは是非ともチャレンジして欲しい。それなりの低価格な4K対応フルサイズセンサー向けシネレンズというのは、全世界に強力な販売網とサポートネットを持つCanonにしか出来ないことだろう。

クロップに関して更に言えば、ドットバイドット撮影のために、スチル時にフルサイズなのに、4KだとAPS-Hにクロップされて1.3倍の画角となるのにもちょっと違和感がある。せっかくファインダーでいい絵を見つけて動画モードに切り替えても、画角が大きく違ってしまうのだ。特に広角域ではスチルと動画の違いにがっかりすることが多く、動画モード時にもバックモニタでスチルが撮れるようにするなどの工夫が欲しかった。もしもこのあたりが先の4K以外での4:2:0収録と合わせてファームウェアで何とかなるのであれば、なるべく早急に対応して欲しいものだ。

EOS-1D Cの重量はCIPAガイドライン(CFカード、バッテリー装備時)で1545gと、ベース機のEOS-1D Xの1530gに比べて15グラム増えている。外観上の違いはシンクロX端子がなくなってその代わりにヘッドホン端子が付いた程度だが、機構としてはヘッドホン端子の方が軽く作れるため、それだけで15グラムもの重量差があるとは考えにくい。当初の憶測や、一部関係者の話では1D Cは1D Xと全く同じ機械で、単にファームウェアだけの違いだということだったが、実際にはそうでは無く、やはり、1D Xには4K回路が存在せず、1D Cには4K回路そのものが追加されていると考えた方が良さそうだ。

WRITER PROFILE

手塚一佳

デジタル映像集団アイラ・ラボラトリ代表取締役社長。CGや映像合成と、何故か鍛造刃物、釣具、漆工芸が専門。芸術博士課程。