PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 手塚一佳
  6.  > 
  7. [オタク社長の世界映像紀行]Vol.30 曖昧になるプロとアマの境目
Column

Vol.30 曖昧になるプロとアマの境目

2013-02-15 掲載

完全に私事だが、自分の率いるクリエイター集団、有限会社アイラ・ラボラトリという会社の設立から、この2月初旬で14年が過ぎた。学生時代のアルバイト感覚から転じて始まった会社設立前の数年間の個人事業から含めると、いつまでも若手と名乗って、その無鉄砲さに甘えていられない程度の年月が流れてしまった。もちろんまだまだ若輩小僧の身ではあるのだが、ちょうどアナログからデジタルへの移行期に仕事をしてきたという事実には変わらない。この期間を振り返ってつくづく感じるのは、仕事そのものの環境の激変だ。特に、プロフェッショナル業務への参入障壁の下がり方は、実に興味深い。30回目の今回は、イベントラッシュが続く日本からお伝えしたい。

曖昧になる「プロ」の垣根

PRONEWSが次第に読者を増やすにつれて、お会いする方々からPRONEWSに記事を書いていることを言及される機会が増えた。それは幸いにしてお褒め頂く事の方が圧倒的に多いのだが、もちろん、ご批判される機会も増えた。はじめた当初は、そうしたご批判の大半は「若造が生意気な!」という、なるほど仰る通りのごく当然のご意見もあれば「プロのくせに商売の情報(ネタ)をネットなんかで漏らしやがって!」という少し頭を悩ませる類のことも多くあった。つまり、私が記事化してしまったノウハウがキモになっている映像商売があり、その情報を公開することでその商売の邪魔をしているのではないか、という批判であったのだ。これはPRONEWSどころか、会社設立以前から時々映像系雑誌に記事執筆させて貰って居る時点でもあったご批判で、まあ、裏を返せば私の記事が役に立っている証拠でもあり、そうした批判を受けるのはテクニカル記事としてはごく普通の事とも言える。元々、私の記事は業界の重鎮系の記事では無く、記事を読んでいるであろう人々と同じ、映像世界で働く者の視点・立場で書いたものであるから、そこは敢えてそういうノウハウに触れなければならないと思っているのだ。

しかし最近は、私があまりに最新の技術に触れることを指して、初対面(あるいは仕事でのお付き合いのない)の方から「あんた本当にプロなのか?」というご批判(というか疑念)を頂く事が増えた。もちろん私はかなり映像全体に幅広く仕事をしているので、少し調べれば案外昔から結構しぶとくこの映像の世界で仕事をしていることは誰にでもわかる。そもそも、有限会社なんていう会社形態自体、商法改定で結構前に新規設立が廃止されているから、社名だけでそれなりに仕事を回していることがわかるはずだ。つまり、私が注目したこの批判のポイントは、そうした点ではなく、特に最新機材であれば、こうしたテクニカル記事をアマチュアでも書けるのでは無いかと思われるほどに、プロとアマの境目が不鮮明になっている、ということなのだ。実際、先日行われたCP+でも、プロ向け動画コーナーは、アマチュアに普及している一眼機材を使ってのプロ映像をテーマとしたコーナーだった。今は、機材的には、アマチュアでも充分にプロレベルの映像作品が作れる機材を触れる時代なのだ。

OTAKU_vol30_01.jpg

CP+2013では、プロ向け動画コーナーが展開された。その中心はアマチュアも使う普通の一眼をサポートするためのプロツール群であった

ここで改めて考えるのが、そもそも「プロ」とは何か、という点だ。もちろん「お金を貰っているかどうか」という境目はあるだろうが、通貨が人の信頼とお礼の表現物として生まれた道具である以上、たとえ専業では無くとも映像を作ることで人の役に立てば金銭の授受は当然に発生する。専業であると切ってしまうと、講演や講師、メーカーの開発助言の仕事を受けているようなプロ中のプロを切り捨てることになるから、専業であるかどうかはプロの条件にはならない。

では、お金を貰っている人間が全て映像のプロなのだろうか?例えば昔の私のように、学生がアルバイトで映像をやっていたら、それはプロと呼べるのだろうか?かつての16mmフィルム全盛期ならともかく、今までは、技術や経験、ノウハウの蓄積、そして何よりも使用機材による歴然とした映像レベルの壁があったため、その答えは明確にNOであった。かつて学生だった頃の私が、所詮はちょっとした映像バイトやコンテスト荒らしに過ぎなかったように、アマチュアに買える機材では到底プロクオリティに及ばなかったのである。しかし、それがそう断言できなくなってきているのが現在の状況だ。学生のお小遣いで買えるレベルの機材でも、発想とやり方次第では素晴らしい作品が作れるようになってきているのだ。

もちろん、いうまでもなく、現在のプロとアマの境界線が曖昧になる動きは2008年末に発売されたCanon EOS 5D Mark 2から始まるHDSLR(一眼レフHD動画)の流れから始まった。Photokina2008での5D Mark 2発表に時を合わせて公開されたVincent Laforet氏のムービーは、特にそのメイキング映像が全世界の映像屋に衝撃を与えた。それは、単に、被写界深度(DoF)の効いた美しい映像だったからでは無い。大変失礼ながら、この程度の映像ならある程度のプロならば誰でも関わったことがあるだろう。そうではなく、この映像が、明らかに一眼レフカメラを使い一眼レフ機材を使った、従来の映像の枠を遙かに下回る超低予算とごく少人数で撮られていたこと。そして何よりも、Vincent Laforet氏が映像屋では無く、キヤノンのベータ機を貸し出されるような本格的な写真家であったということが衝撃だったのだ。つまり、5D Mark 2とVincent Laforet氏は、それまで厳然とあった、機材と予算による映像のプロと品質の壁をあっさりと飛び越えてきてしまったのだ。

実のところ、その時の5D Mark 2は、スチルカメラとしてもパーフェクトであっても、動画モード時には24Pも撮れず露出もいじれないという、当初は映像機としてはとんでもない仕様であった。同機が動画機としてまともに使えるようになったのは2010年3月のファームアップからである(そのため、実は私自身はこれだけの新機軸にも関わらず、およそ1年間もの間HDSLRに手を出してない。仕事に導入したのは、2010年2月のEOS Kiss X4からだ)。しかし、その大判センサーがもたらすDoFとスチルカメラならではの暗所性能と解像度の高さは、映画系デジタルカメラも含んだ全ての従来のカメラを大きく凌駕していたのだ。

5D Mark 2に始まったHDSLR機は、あっさりとプロ機材の壁をぶち壊した。その後継機の4KカメラEOS-1D Cも、105万円というスチルカメラにしては高額ながらも、個人でも頑張れば手が出る価格帯に4Kシネカメラを引き下げてきた

5D Mark 2登場までの映像機材で同等の絵を欲しいと思ったら、その前年に発表されたデジタルスチルモーションカメラ(DSMC)の元祖、RED ONEが最安値であった。RED創設者Jim Jannard氏が提唱したDSMCという概念は、映画は毎秒24枚(あるいは48枚)の連続スチル写真であるべきだという立ち位置から、スチルカメラとシネカメラの適正価格での両立を目指すものであり、この概念も5D Mark 2の立ち位置に非常に近いものだ。かつてフィルム全盛期には16mmフィルムのようなプロアマ両方が使っていたコストパフォーマンスに優れた規格もあり、その前はそもそもスチルとムービーの未分化だった時代もあることを考えれば、このアプローチは決して本筋を外れたものでは無い(それどころか、フィルム時代は、スパイカメラ・ミニカメラ系の名機BOLSEY-8のようなスチルとムービーの兼用機も案外多かったため、諸先輩方は「昔からああいうのはあったよ」という感想を述べられることも多い。本稿では敢えて視点を外しているが、実はGoPro等アクションカムもこの系統だ)。

このRED ONEはフルセットで当時数百万円の価格であったが、その前までは、数千万円の価格が当たり前な上、機能が複雑且つ機材も大型で、撮影や仕上げも到底少人数でどうなるものでは無かった事を考えると、RED ONEがいかに革命的なカメラであったことがわかる。それに対し、5D Mark 2は、確かに圧縮映像でREDには劣る画質でこそあったものの、見事なボケ味と鮮明な解像感、そして何よりも色々揃えても100万円には決して行かないほどの圧倒的なコストパフォーマンスで、DSMCの理層を図らずも実現し、映画の世界の敷居を大きく引き下げたのであった。この5D Mark 2の普及と同時に、多くの映像クリエイターが我が国にも誕生したのは記憶に新しいだろう。

その後、5D Mark 2の発売を意識したのか、REDは更にDSMCの概念を推し進めたRED EPICおよび、その廉価機のRED Scarlet Xを発売したが、これも、米国の若手クリエイター(その多くがコンテストを狙う卒業年度の学生やハイアマチュア)が競って購入し、自主制作作品を取る傍らでブライダルや企業映像などの街の映像屋も兼業するという、セミプロ的な市場を開拓した。いずれにしても今へと至る大きな変化が始まったのは、わずか3~4年前のことだ。それなのにずいぶん長い年月が流れたような気がするのは私だけでは無いだろう。

月島スタジオ×RED、フォトグラファー向きイベント開催!

日本初の、DSMCカメラのフォトグラファー向けイベントが月島スタジオとREDのコラボで、ついに開催された

このように様々なDSMC機によってプロ映像機器の垣根が曖昧になる現象が急速に進行する中、面白いニュースが飛び込んできた。CP+の直後の2月9日、月島スタジオがRED Japanと組んで、フォトグラファー向きのイベント「RED for Stills Photographer」を開くというのだ。これに参加しない手は無い。もちろん私は写真家としては何ら専門の教育を受けて居らずスチル写真に関してはアマチュアもいいところだが、RED Scarlet Xも愛用するREDユーザーであり、なおかつ、雑誌記事や映像作品のパブ打ちなどで業務写真を撮る立場でもあるので、参加資格に問題は無い…多分。

このイベントは、月島スタジオがREDカメラの打ち合わせ、貸し出し、そして後処理までのフルサポートを開始した事にあわせて開催されたイベントで、フォログラファー向きの使用ソフトウェアと道具に関する概論的なセミナーと、本格的なムービーセミナーの2つのセミナーを中心に行い、その脇では各社協賛の機器展示会を開催するという一大イベントとなっていた。中でも、渡辺裕之氏によるムービーセミナーは圧巻で、実際にRED EPICを用いて撮影し、REDCINE-X ProとPremiere CS6、そしてPrelude CS6を使って、ムービーとフレーム書き出しのスチル写真とを出力するまでの工程を1時間ちょっとの時間で紹介していた。CS6特有のマーキュリープレイバックエンジンのパワーに驚かされた参加者も多かったようだ。

渡辺氏のセミナーで印象的だったのは、とにかく、ワンカット撮影するごとに必ずバックアップを取り、なおかつそのバックアップデータのデイリー処理(簡単な現像とオフラインラッシュ用出力)を済ませてしまう、というスタイルの提唱だ。今のMBPはハイパワーで、特にRetinaモデルは4K、5KのREDコーデックを運用するに十分なパワーとモニタ性能を秘めている。そこで、MBPを現場に持ち込み、そこにThunderbolt接続の追加グラフィックボードとRAID機器を持ち込むことで、撮影と並行しつつカット単位で現場でのデイリー処理を行って、その場でデジタルラッシュを作ってしまうワークフローを同氏は提唱していた。このモバイルデイリー処理は私や周囲の諸先輩方も従前から主張しているもので、全く同意する他無い。現像現場経験者同士が同時多発的に同じ結論に至るというのは、その必要性が本当にある、ということで間違いが無いだろう。

渡辺裕之氏によるムービーセミナーはワンカット単位でのデイリー処理を提唱し、大反響であった

デイリー処理においては、ラッシュを得ることも必須だが、それ以前に、コピーの健全性の確保とデータの確認の確実性が求められる。そのため、フィルム時代はラボに一刻も早く持ち込むことが求められ、デジタル時代でも、従来であればコストを掛けてベースを組むか、あるいは毎日大規模な設備のある場所にマスターデータを持ち帰り、そこで高価なカラー処理や現像用機器を用いての処理が必要だったものだ。しかも、そのラッシュで何らかのミスが見つかったとしても翌日対応となってしまい、大道具や小道具、あるいは撮影場所そのものの再構築再検討が必要になる場面も多かった。また、コストを掛けてベースを組んで撮影後現場処理をしたところで、日が落ちてしまっていて再撮影不可能な状況でのトラブル発見という経験も、誰もがあるだろう。

しかし、それが現場処理をワンカット単位で行い、次のカットを撮っている間にラッシュが出来上がるのであれば、たとえラッシュ時にミスが見つかったところでその場で撮り直しの判断をする事が出来る。それは作品クオリティとコストパフォーマンスを大幅に上昇させることに直結する。REDのR3Dデータであれば、現状、処理機がMBP1台とモニタ1枚で済むため、どんな現場でもその場でデイリー処理が出来るのだ。更に凄いことに、REDのR3Dデータは連番ファイルのため、パブ打ち用の素材もその場で現像して提供することも出来る。色味などの参考も、とりあえず連番から代表的なフレームを一枚取り出し、Photoshopでそれっぽく作って保存しておけば、後の本処理の参考とすることも出来るのだ。

こうした処理が可能になったのは、なんと言っても、REDのR3DデータがAdobe CS6やFinal Cut Pro Xなどの一般的な編集ソフトにネイティブで対応していることが大きい。そのため、従来のように実時間の20倍といったとんでもない時間を浪費することなく、せいぜい実時間の数倍程度の処理時間でラッシュ作成を可能にしているのだ。4Kの膨大なデータをモバイルで処理できるのも、初めからアマチュア層を意識して軽装なソフト環境でも高速な処理を行うことを考慮しているDSMCならではの事だと言えるだろう。

DSMCが、ついにスチル写真家の手に渡る時代が来た

そしてもちろん、このセミナーの主役はスチル写真家たちだ。先のCP+で聞いた話では、現在、プロ写真家のなんと8割もの人々が、動画業務に興味があるという。彼らは映像人の引きずる常識に囚われることなく、こうした新しい能率的な手法を当然のこととして受け入れ、あるいは更に意表を突いた手法を編み出して、あの5D Mark 2の時のような新しい映像を次々に作り上げてくる事は間違いない。思えば、この月島スタジオは代官山スタジオ系、即ちスチル写真に強いスタジオの系列だ。そこがRED Japanとコラボし、機材から撮影ノウハウ、後処理まで全面バックアップするのだから、写真家の参入障壁は無いに等しいと言って良いだろう。

読者諸賢も実感しているように、大資本で大型シネカメラに大型処理機器を備えた大規模スタッフによる大艦巨砲主義が幅をきかせた時代は終わりを告げつつある。これからは、小型安価なDSMCのデータをノートPCで現場処理をする、少人数スタッフによる小型戦闘機の時代になるのだろう。何しろ、デジタルデータである以上、大規模設備処理でもそうしたノートPC処理でも、出来上がるデータの品質には何の違いも無いのだから。今、再び、世の中が変わりつつある事を感じる。


WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻


[ Writer : 手塚一佳 ]
[ DATE : 2013-02-15 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所代表。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。専門分野は「人を描く」事 。広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
小林基己
MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。映画「夜のピクニック」「パンドラの匣」他、ドラマ「素敵な選TAXI」他、2017年NHK紅白歌合戦のグランドオープニングの撮影などジャンルを超えて活躍。noteで不定期にコラム掲載。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 手塚一佳
  6.  > 
  7. [オタク社長の世界映像紀行]Vol.30 曖昧になるプロとアマの境目