4Kから8Kソリューションまで幅広い展示を展開

6月27日、28日の両日、東京・雪谷のアストロデザイン本社においてプライベートショー2013が開催された。今年は実用期に入った4Kのほか、2016年に実用化試験放送が予定されている8Kのソリューションや昨年から運用が開始されたラウドネス対応の各種モニター、HDMIやMHLなどの計測機器などが出展された。同社はハイビジョンや4Kの時からいち早く製品を市場に投入してきたが、8Kもカメラやレコーダーなどを業界に先駆けて開発しており、8K技術セミナーも開催するなど8Kに対する力の入れようは業界で一番と言えそうだ。なお、同様のプライベートショーが来る7月11、12日に大阪のOBPクリスタルタワー20Fで開催される。

ASTRO2013show_DSC_0758.jpg

8KカメラヘッドAH-4800にTX光伝送装置AT-4803を装着したもの。これにより、モニター用のHD-SDI出力や光ファイバー1本でCCU(AR-4804)との接続などが可能となる

ASTRO2013show_DSC_0661.jpg

8K RAW SSDレコーダーHR-7516。8TBのSSDを搭載しており、1/9圧縮記録時で約6時間の収録が可能。圧縮コーデックは独自開発のものでmotionJPEG同様1コマ単位での圧縮になるという

ASTRO2013show_DSC_0751.jpg

4K非圧縮レコーダーHR-7510。キヤノン4K Cinema RAWに対応しており、C500からのスタート/ストップ制御に対応。2K収録やスロー/ファストモーション撮影やDPX、TIFF転送、Rec709、Log切り替えなどが行える

ASTRO2013show_DSC_0764.jpg ASTRO2013show_DSC_0641.jpg

NHKが開発した2.5型3300万画素のCMOSを採用した単板式8KカメラヘッドAH-4800。マウントはPLマウントとなっており、カメラヘッド単体ではSNAP12による12chパラレル光出力となる

ASTRO2013show_DSC_0697.jpg

フルHD電子ビューファインダーDF-3512。有機ELディスプレーを搭載しており、1920×1080の表示が可能。リリースは10月が予定されている。なお、LCOSディスプレーを採用したモデルDF-3511は既に発売されているが、見た目の黒のしまりやダイナミックレンジなど有機ELの方が格段に良かった

ASTRO2013show_DSC_0695.jpg

9.5型4K液晶モニターDM-3409。3840×2160の4K表示が可能な他、入力は3G-SDI×4で60Hz対応。コントラスト、ブライトネス、色温度の設定のほか、バックライトの調光も可能。最大輝度は約400cd/m

ASTRO2013show_DSC_0691.jpg

17型4KウェーブフォームモニターWM-3206。4096/3840×2160表示が可能で、ピクチャー、ウェーブ、ベクトル、オーディオレベルなどの情報を同時表示できる。3G/Dual/HD-SDI×4を1つの映像として表示可能

ASTRO2013show_DSC_0780.jpg

高機能ラウドネスメーターAM-3807。HD-SDIのエンベデッド音声やAES/EBUに対応。ARIB TR-B32(ITU-R BS1770)規格の準拠しており、ヒストリー表示、ラウドネスレベルバー表示、ピクチャー表示が可能

ASTRO2013show_DSC_0701.jpg

68ch対応デジタルマトリックススイッチャーMI-2100。HDMI、DVI、3G/DH/SD-SDI、VGA、アナログコンポジット/コンポーネントなど様々な信号に対応。中央のタッチパネル式ディスプレーで直感的な操作が可能

ASTRO2013show_DSC_0739.jpg

デジタルマトリックススイッチャーMI-2100を利用した4Kビデオウォールシステム。1つの映像ソースを画面いっぱいに拡大表示することやPinP、4画面表示等が行える

ASTRO2013show_DSC_0724.jpg

デジタルビデオ信号発生器VG-876。後部ユニットの装着により、HDMI、Display Port(Ver1.2)、V-by-One HS、SDIなど様々な信号に対応できる。静止パターンだけでなくモーションやフリッカーなど応答速度パターンも装備されている

ASTRO2013show_DSC_0644.jpg ASTRO2013show_DSC_0650.jpg

スーパーハイビジョンカラーグレーディング装置VP-8407。カラーグレーディングだけでなく、輪郭補正やイメージセンサーの傷補正、幾何学歪補正、色収差の補正なども行うことができる。リアルタイムでこうした補正が可能なので、後処理だけでなくライブ撮影にも対応している

ASTRO2013show_DSC_0647.jpg

非圧縮スーパーハイビジョンSSDレコーダーSR-8422。NHKと共同開発されたもので、コンパネを装備することで、ハイライト編集や任意速度のスロー再生などが可能

ASTRO2013show_DSC_0771.jpg

8K Dual-Green圧縮/配信/再生システム。8Kの映像をJPEG2000で圧縮することで1/8のデータ量に変換。コンテンツサーバーなどと組み合わせて管理や配信を行うことができる。エンコード/デコードはリアルタイムで行える

ASTRO2013show_DSC_0713.jpg

MHLプロトコルアナライザーVA-1836。映像や音声、プロトコル、ビデオタイミングなどの解析をリアルタイムで行うことができる。HDMI対応(VA-1838)、DisplayPort対応(VA-1835)、GVIF対応(VA-1839)などがラインナップされている

WRITER PROFILE

稲田出

映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。