PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DigitalGang!]Extra Shoot.01 小型カメラの付加価値を大きく上げる周辺機材。ワンマンオペレーションを効果的にする小型スライダー

News

[DigitalGang!]Extra Shoot.01 小型カメラの付加価値を大きく上げる周辺機材。ワンマンオペレーションを効果的にする小型スライダー

2014-09-24 掲載

小型化する4Kカメラ機材

DG_vol25_001-01Panasonic DMC-GH4

4Kの解像度を捉えられるカメラがどんどんと小型化している。特に今年の夏前に発売となったPanasonic DMC-GH4はびっくりするほど小型で軽い。筐体だけでも500gを切る軽さで、更にもともと小型・軽量設計のマイクロフォーサーズのレンズを使用するため、その重さは1kg程度だ。

バッテリーも長持ちするし、メディアは汎用性のSDカードだし、恐るべき機動力を持っている。もちろん内蔵収録形式はH.264の8bit4:2:0/ビットレートの100Mbpsという高い圧縮率なため、各社のデジタルシネマカメラのような「高画質」な収録とはいかないが、4Kカメラの中でも異色を放つ存在である。

DG_vol25_001-02 SONYのα7S。4K収録が可能なDSLRが2014年は続々と登場

一方で4K画質と機動力を備えた一台として、SONYのα7Sが挙げられる。このカメラも本体だけで500gを切る大きさで、なんとフルサイズのセンサーサイズをもつ。内蔵で4Kを記録することができないのだが、超高感度のセンサーによるS-Log2による撮影は一目に値するだろう。HDMIから4K出力があるため、外部収録のシステムを組めば高画質の4K収録ができるというわけだ。

小型機の優位性を利用した特機を紹介

DG_vol25_02 言わずと知れたALLEX。80cmの長さのスライダーであり、三脚ヘッドを用意せずに直接スライダーが三脚に載る点が魅力だ

今回は小型・軽量という特徴を活かして更にカメラの付加価値を上げてくれる特機を前編・後編にわたって紹介したい。まず前編が小型スライダーとして注目を集めるLibecの「ALLEX」。後編は今話題の3軸ジンバルの中でも最新機器といえる、RedWolfのe-ジンバルである。

DG_vol25_03 3軸ジンバルのe-ジンバルはキャリブレーション時間が短く、セッティングも簡単に行えるスタビライザーだ

両方とも「特機」と呼ぶには小さく、軽いということが挙げられ、一人で運べるほどにコンパクトである。またコストパフォーマンスも素晴らしい。三脚と雲台、そしてスライダーがセットになったオールインワンの「ALLEX S KIT」は実売8万円程度で、e-ジンバルは20万円を切る価格である。

まずはこれらを使ってテスト撮影した動画をご覧いただきたい。モデルとカメラマンと私の3名だけで電車移動の中撮影を行った。機材を運びつつの収録で、モデルの動きなどは全てその場のアドリブである。撮影された素材をそのまま見ていただきたいので、ポストプロダクションでは一切のスタビライザーは使っていない。多少の揺れはあるものの、視点移動の効果はてきめんだ。

Libec ALLEX S KIT

NAB2014で公開されたLibec ALLEXデモ ビデオ

今年の4月、三脚メーカーの平和精機工業のLibecブランドから新たなスライダー「ALLEXシリーズ」が発表された。三脚メーカーらしく三脚ヘッドを活かしたシステムを作り、その使い勝手の良さや滑らかなスライダーなどから、発売前に予約が殺到したとのことだ。今回は「ALLEX S KIT」という三脚、三脚ヘッド、スライダーの3点がセットになったモデルを使って撮影を試みた。さらなる詳細情報等に関しては、同社のホームページやFacebookページを確認してほしい。

ALLEXは、「三脚撮影」から「スライダー撮影」への転換をスムーズに行えることに重点を置いて製作されているようだ。まず、従来のスライダーを想像して欲しい。用意するものは、三脚、ヘッド、スライダー。これだけでは、三脚にスライダーが載っているだけで、スライダーの雲台にはカメラが載るだけだ。そのため、スライダー上でカメラをパン・チルトは出来ない。しかしALLEXの場合、スライダー上で三脚ワークを行うためにヘッドを搭載できる工夫が施されている。

三脚メーカーらしい、ハーフボール一体型のスライダー

DG_vol25_04

ALLEXの構造は非常にシンプル。長さ80cmのスライダーの中心部に75mmφのハーフボールが用意されており、三脚ヘッドを介さずに直接スライダー部分を三脚に載せられるようになっているのだ。直接搭載できるようになったことで、従来の「スライダー」と「三脚」の間にあった「ヘッド」をレールのスライダープラットフォームの上でパン・チルトを可能にしたのである。

また、このヘッドであるALLEX Hも、これまでのLibec製三脚ヘッドとは違い、パン棒を含めて約1.3kgと軽量化された新たなヘッドだ。耐荷重は、3kg。さらに、フラット・ボール兼用で、ムービー三脚だけではなく、スチル三脚にも取り付けられるようになっている。フラットベースは、スケータードリーなどの様々な特機でも使用できるようになるため、三脚ヘッドだけでも運用でも重宝するだろう。

DG_vol25_05 スライダープラットフォームに水準器が搭載されており、三脚メーカーらしさが感じられる

また、スライダープラットフォームに水準器が搭載されるなど、Libecらしさも持ち合わせている。スライダーを設置する流れで水平をサッと取れるなど、細かい点ではあるが実際に準備する身には優しい作りだ。また、ヘッドとスライダーを固定する締付ハンドルは、一つのものを共有することになり、セッティング中の煩わしさは全くない。こういった準備をシンプルにする機能の数々は時間のない撮影現場でとても有効的に使用することができ、DSLRなどのワンマンオペレーションでは大きな利点なことは間違いない。

強弱の調整が可能な8点ベアリング

では、最も大切なスライダーの「滑らかさ」はどうか…言わずもがな、これがとてもスムーズなのだ。スライダーとスライダープラットフォームの間には、8個のボールベアリングが装備されており、この8個の接点がスライダーのスムーズさを左右するポイントとなる。これまで様々なスライダーを使用してきたが、ベアリングの強さをコントロールすることができないため、カメラ重量によりスムーズさをコントロールできず、結果的に上手くスライドできないことが多々あった。そのため、使用するカメラに見合ったベアリングの強さを持つスライダーを探すことが重要であった。

DG_vol25_06 スライダーには8個のベアリングがついており、ベアリングの硬さを調整できるのが魅力の一つだ
※写真は試作品段階の物で、製品版は材質が変更されている

しかし、ALLEXの場合、なんとベアリングの強弱を調整できるのだ。カメラの重量に合わせて、スライダーの強さ・滑らかさを決定できるのは、ALLEXの価値を高めている要因の一つであろう。調整には同梱の六角レンチが必要であり、前日などの撮影前の段階で、調整するといい。そして、シーンによってはスライダーの滑らかさを微調整する場合もある。その際には、プラットフォームに取り付けられたフリクションツマミにより、細かな調整も行えるのだ。そのため、スライダーの調整を行うには、まずはベアリングの強弱をカメラに合わせて行い、撮影現場ではフリクションツマミでシーンに適した強さにするのがいいだろう。

ALLEX+FS7

DG_vol25_07 カメラを入れても総重量7kg未満と、非常に軽いため、持ち運び、セッティングが簡単である

今回は、PanasonicのGH4やSonyのPXW-FS7を使用してテストをした。GH4はアクセサリーなどをつけずに、カメラのみを搭載したが、カメラが軽いこともありセッティングは簡単であった。さらにスライダーもスムーズでありレールの端にカメラを持って行っても歪むこともなく、強固な作りとなっていた。

DG_vol25_08 実際にGH4で撮影すると、レールが歪むこともなく、引っ掛かりもなくスムーズな動きをすることができた

FS7の場合、レンズを含めて3kgほどの重さがあり、DSLR用に調整していたALLEXではスムーズにスライドを行えず、ガタガタな映像になってしまった。しかし、ベアリング調整を改めて行うと、プラットフォームは引っかかることなく、スムーズにスライダー上を行き来してくれた。ALLEXのカメラの最大搭載重量は15kg(テーブルトップ使用)と、もちろん上限はあるが、その範囲内の重さのカメラであれば調整次第で滑らかに動くため、ALLEXが1台あればスライダーは十分であると感じる機材であった。

DG_vol25_09 FS7を搭載して撮影を行ったが、GH4用のセッティングではやはり動きにくく、ベアリングの調整を行った

スライダーの各所にもユーザーへの配慮が施されており、スライダーのエンド部分には用意された「脚」は、取り外すことなく開閉ができる。床置きでの使用時に簡単に広げられ、移動時には閉じて仕舞うことが可能である。さらに、LibecのフレキシブルアームAS-7Kもエンド部分に取り付けられるなど、拡張性への配慮もある。

DG_vol25_10 スライダーのエンドには「脚」がついており、床置きでもしっかりとスライドをできる。また脚は開閉式のため、移動時は脚を閉めて小さくできる

ワンマンオペレーションでもストレスなし

ヘッド、三脚の軽量化も施されたALLEXシリーズは持ち運びが簡単なワンセットのスライダーである。全て合わせても総重量5.8kgと軽く、ワンマンオペレーションでも楽に使用できる。カメラ総重量が15kg以内であればスムーズなスライドが可能であるため、4K撮影可能なDSLRに外部収録器などを組み合わせて使うのもいいだろう。今回はALLEX S KITの使用となったが、ヘッドを2つ用意できるのであれば、スライドを斜めや縦にして使用することも可能になるなど、撮影の幅が広がることは間違いない、拡張性の高いスライダーだ。


[DigitalGang! Extra] Vol.02

WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


[ Writer : 江夏由洋 ]
[ DATE : 2014-09-24 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[DigitalGang!]Shoot.32 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 後編

txt:江夏由洋 構成:編集部 FUJINON MKシリーズが捉える新しい時代 撮影風景。カメラマン2名、アシスタント2名の撮影チーム。スモールユニットが組めるのもMK... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.31 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 前編

txt:江夏由洋 構成:編集部 デジタルシネマワークフローの時代が変わる デジタルシネマの新しい形―MKレンズシリーズ。18-55mmと50-135mmの2本で全域... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.30 新時代のフォーマットX-OCNに思う。AXS-R7/X-OCNが捉える美しい世界

txt:江夏由洋 構成:編集部 新しく発売された4KレコーダーAXS-R7とX-OCN PMW-F55のレコーダーとして新しく発売されたAXS-R7。RAWのみなら... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.29 DJI Osmo+Zenmuse X5R〜DJIが切り開く世界を探る

txt:江夏由洋 構成:編集部 昨年10月、DJIは同社の空撮用ジンバルカメラZenmuse Xシリーズをハンドヘルドでオペレーション可能にする「Osmo」をリリースした。ミ... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.28 EOS C300 Mark II〜4Kフォーカス機能の新たな時代へ〜

txt:江夏由洋 構成:編集部 4Kの最大の課題―フォーカス 4K撮影をする際にカメラマンにとって一番問題になるのは、フォーカスだ。特に4Kの撮影となればその解像度... 続きを読む

WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DigitalGang!]Extra Shoot.01 小型カメラの付加価値を大きく上げる周辺機材。ワンマンオペレーションを効果的にする小型スライダー