PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > ヒマナイヌ > [ライブ配信手帖]Vol.13 Kodak SP360が生む超魚眼タイムラプス&動画のシンプルな魅力とは?

News

[ライブ配信手帖]Vol.13 Kodak SP360が生む超魚眼タイムラプス&動画のシンプルな魅力とは?

2014-11-18 掲載

全天球ではない?半球?超魚眼?

kawai_13_1220173

フィルムの箱か?と思うような黄色いボディのユニークな全天周カメラがKodakブランドから発売される。このジャンルではリコーのTHETAが先行しており、文字通り死角のない全天球写真が撮れることでマニアックなユーザーを集めている。これに対してKodak SP360は半球写真と映像を撮ることができる。水平方向に360°垂直方向に214°となっており、全天周というより超魚眼(35mm換算8mm)と言ったほうがよさそうだ。タイムラプス動画をカメラ内で作成できたり長時間のビデオ撮影も出来るということで早速発売前に借りて使ってみたのでレポートしたい。

タイムラプスと長時間録画が売り!

このカメラに興味を持ったのはノンインタラクティブでも面白いかもしれない?と思ったからだ。THETAなどのサンプルを見ているとグリグリとインタラクティブな専用ビュアーを使ったりオキュラスなどのVR系ヘッドマウントと組合せて使うとその本領が発揮されてるように感じた。THETAの写真は切り出し方によってはスモールプラネット風になったりするのも面白い。新型では動画も撮れるようなったが長時間の録画には対応していない。これに対してKodak SP360は撮影される動画は1440/1440というやや中途半端な解像度ながら、時間制約もなく普通のビデオカメラにように長時間録画できる。タイムラプスに関しては1秒/2秒/5秒/10秒のインターバル設定がある。そして画角は半球で形状はウルトラマンのカラータイマーやへぇ~ボタンを彷彿とさせる。映らない面が半分あるという制約であるがセッティングに関しては考えやすいとも言える。

ソーシャルメディア映えする球体動画!

kawai_13_1200655

Kodak SP360で動画やタイムラプスを撮ると正方形の画角にまあるい映像が記録される。これを専用のアプリで見ることでインタラクティブにしたり様々なレイアウトの動画に書き出すことが出来る。つまり見方は選べるがもともとのデータとしては円形の映像ということになる。これはそのままYouTubeやFacebookにもアップロードできる。YouTube動画の場合は左右にマスクがついて16:9の動画として公開されるがFacebook動画はアスペクトフリーのため正方形のままタイムラインに出現する。ソーシャルメディア的にはインスタグラムっぽい正方形になるわけだ。製品は本体だけで防滴防塵仕様だが標準で様々なアタッチメントがついている。GoProではオプション販売されているようなものがすべて標準でついており、ヘルメットマウントから自転車マウント、より本格的な防水ハウジングまでほとんとのニーズに対応出来る。また本体に三脚穴がついているので三脚や吸盤雲台にもすぐつけられるのもうれしい。

人間の意識に近い独特な画角!

Kodak SP360の肝は水平方向が214°あることだ。半球なら180°だがそこからさらに映り込む。このプラス34°が面白い。例えばチェストマウントハーネスにつけてウルトラマンのカラータイマーのように装着したとしよう。すると装着者の顔や足も入るのである。まるで映画「マルコヴィッチの穴」や「ストレンジ・デイズ」のようだ。

カフェなどで対面して座っているシチュエーションがあるとしよう。テーブルにこのカメラを置くと天井や人物が入るのはもちろんのこと、カメラを置いてある机の上の珈琲やフードも写りこむ。つまりその場でその人が視界に捉えているものを残さず映像に記録できるのである。GoProで見慣れた170°の超広角映像が人間が視界として捉えているものの中から意識が集中しているエリアを切り出している映像だとすれば、SP360は記憶している空間認識をそのまま映像にしてるような感じ。また、カメラとしての佇まいも球体っぽくポップな黄色と相まって面白い。撮っていたとしても撮っているように見えないのだ。百聞は一見にしかず、なんでもない日常から旅先のカンボジアのアンコールワットまで様々な状況で撮影した動画をご覧いただこう。

このカメラは俯瞰が面白い!

kawai_13_1210143

使ってみて面白かったのが自分撮り棒の先につけ、下に向けて傘のように持つ幽体離脱アングル。自転車でも歩行でも移動しながら撮ると自分がこれから向かっている方向と歩いてきた方向、つまり未来と過去が同時に見え、かつリトルプラネット的な湾曲効果もありファンタジックなイメージになる。タイムラプスは自動で日付と時刻のタイムカウンターが入るのも気が利いている。俯瞰で回転させると宇宙っぽさも醸しだす。ドーム型のレンズカバーがついてるがこのカバーに少しでも指紋などの汚れがついていると映像に映り込んでしまう。撮影前には入念にこのカバーを磨く必要がある。

エンドレス録画や動体検知録画などにも対応しているので動物を撮るのも楽しそうだ。ホワイトバランスは色温度の設定はできないがオート、晴天、曇天、蛍光灯、水中の5種類から選べる。動画撮影時の音声はステレオマイクで風音低減モードもある。HDMIのスルーは出来ずライブ配信などには使えないが、超魚眼の正方形映像はノンインタラクティブでもソーシャルメデイア映えするのでこのレビューを見て使い道がピンと来た人は買ってみてはどうだろうか?国内ではマスプロが販売を行っておりダイレクト通販で41,500円となっている。


WRITER PROFILE

ヒマナイヌ 頓知を駆使した創造企業


[ Writer : ヒマナイヌ ]
[ DATE : 2014-11-18 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[ライブ配信手帖]Vol.23 擬似空撮!都市でドローン風映像を撮影するには?〜DJI OsmoとZ-Axis

txt:川井拓也 構成:編集部 一脚で簡単に撮れるドローン風映像の擬似空撮は都市部にぴったり! 「どうも、川井拓也46歳です」 DJI Osmoの発売時にこれ... 続きを読む

[ライブ配信手帖]Vol.22 野外映像編集を実現するために〜Surface Pro 4とSSD

撮影したあとのデータを事務所や自宅に現場からどう安全に持ち帰るか? 収録メディアが大きなテープから、今や切手より小さいSDカードやmicroSDカードになってきました。撮影し... 続きを読む

[ライブ配信手帖]Vol.21 DJI Osmoで幕張メッセをウォークスルー!Inter BEEスペシャル!

IntetBEEで実戦投入!俺のOsmo ようやく個人的に入手しましたDJI Osmo!自撮りレポートの新時代を切り開くべく今日は外部マイクのテストであります!今日はオーディオテ... 続きを読む

[ライブ配信手帖]Vol.20 Roland V-1HD最速レビューその1〜果たしてV-1HDはどんなサイズ感なのか?

txt:川井拓也 構成:編集部 そのスケール感に刮目せよ!なんだこのコンパクトさは! マルチカメラ収録やライブ配信をやっているユーザーが「待ってました!」とおもわず声を出してし... 続きを読む

[ライブ配信手帖]Vol.18 ジンバル一体型4KカメラOsmoに外部マイクはどうだ?

Osmoの内蔵マイクと外部マイクの音の違いを聞いてみる! 今回は、音声部分についてテストしてみたい。Osmoはほとんどの人にとって擬似空撮や擬似ステディカム、擬似スライダー的... 続きを読む

WRITER PROFILE

ヒマナイヌ 頓知を駆使した創造企業


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > ヒマナイヌ > [ライブ配信手帖]Vol.13 Kodak SP360が生む超魚眼タイムラプス&動画のシンプルな魅力とは?