PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DigitalGang!]Extra Shoot.03 NAMM Showって知ってますか?音と映像の関係を見る

News

[DigitalGang!]Extra Shoot.03 NAMM Showって知ってますか?音と映像の関係を見る

2015-01-27 掲載

アメリカ・アナハイムで毎年開催されるNAMM Show。1月なのに気温は20度!

とっても熱い!NAMM Show!

DG-extra_vol03_02 とにかく広い会場。熱気であふれております

映像業界で一番有名な展示会は、毎年4月アメリカ・ラスベガスで行われる「NAB Show」です。また日本で11月に開催される「InterBEE」も参加される人も多いかもしれません。展示会では数々の撮影機材に触れてみることができるだけでなく、実際に開発者や関係者と会って話を聞くこともできます。数々のデモやプレゼンテーションも魅力の一つと言えるでしょう。各メーカーもタイミングを合わせて新商品を発表したりするため、機材が大好きな私にとってNAB ShowもInterBEEも自分の制作環境を見つめなおすタイミングになったりしています。

さて、今回はNAMM Showに行ってきました。音楽のプロデューサーでもある私の兄と一緒に参加です。NAMM Showと聞いてもピンと来ないひともいるかもしれません。NAMMはthe National Association of Music Merchantsの略で、音楽に関わる機材や楽器の、世界最大規模の展示会です。毎年1月末にロサンゼルス近郊のアナハイムという都市で開かれ、全世界から毎年10万人もの来場者で賑わいます。各国から集まるブースの数も大小合わせて1,500以上で、会場のアナハイム・コンベンションセンターは今年も熱気に包まれました。初参戦となったNAMM Show。映像制作者としての目線でこの展示会のレポートをしてみたいと思います(久しぶりの「ですます調」で!)。

DG-extra_vol03_03 いろんなジャンルの人が訪れます。見かけが怖い人が多いです

会場に到着して驚いたのは人の多さです。それと各ブースから色んな音が発せられ、会場は会話ができないほどとてもウルサイです。NAMM Showではピアノやバイオリンといった楽器からエレキギターやドラム、更にはDAWといったパソコンに繋ぐような音楽機材まで、とにかく「音」にまつわるものであれば何でも展示されています。そのため、驚くほど多種多様な人たちが集まっています。タトゥー率も高く、ロックミュージシャンもいれば、MAオペレーターもいれば、DJもいれば、クラシック関係者などもいて、そのジャンルの多さは映像業界とは一味違うと言っていいでしょう。

アナログ回帰~シンセサイザーに注目

最近の映像トレンドは「4K」や「IP」などといった分かりやすいキーワードがありますが、音の世界には共通するトレンドが一概にありません。ただそれぞれの楽器や機材が2015年という年に合わせて進化しています。そして私が一番興味深かったのは「アナログ回帰」ともいえる現象が音の世界では起きているということです。アナログの音はデジタルでは表現しきれない深みがあると言われ、改めてアナログの良さに注目が集まっています。

DG-extra_vol03_04 KORGが復刻したARP Odyssey。価格は当時の約1/5!

その最たる象徴がアナログシンセサイザー展示の多さです。これには驚きです。KORGは1970年代に発売になったアナログシンセサイザーARP Odysseyを10万円で復活させ、大きな話題を呼んでいました。40年以上も前の機材の完全復刻版を、コレクションという意味ではなく、実のプロダクションやライブなどで使用したい人が多いというのは映像業界ではあまり考えられないことです。あのスターウォーズのR2D2の声がARPで作られていると言えば、その古さが分かってもらえると思います。40年前のカメラを使って4Kの撮影は難しいですよね…。今も現役で使えるとは!というのが驚きです。

DG-extra_vol03_05 MOOGのブースもひとだらけ。System55、35には多くの人が関心を持っていました

そしてMOOG社は1960年代にMOOG博士が作ったモジュラーシンセサイザーを復活。System55、System35、System15と名付けられた大型モジュラーシンセサイザーは、特にLANがついたとかThunderboltが搭載されたわけでもなく、当時のまま再現され、大変多くの注目を集めていました。加えてこのMOOGシンセサイザーのクローンともいえる同様のシンセサイザーを他社が数々と出品。MOOGへの関心の高さを表しています。

DG-extra_vol03_06 AKAI Professionalの新製品TOM CATとTimbre Wolf。フルアナログのシンセです

AKAI Professionalもフルアナログのシンセサイザーを新規に2機発表。Tom CatとTimbre Wolfはテーブルトップ型のステップシーケンサーを搭載したモデルで、ここにも沢山の人が集まっていました。また独自のシンセサイザーを展開するガレージメーカーともいえる小さなブランドも、多数ブースを展開。ギリシャやドイツやイタリアなどといったヨーロッパも併せてかなりの数のアナログシンセサイザーが今年のNAMMでみられました。とにかくアナログの音の良さが今注目されているのです。

DG-extra_vol03_07 ガレージメーカーのアナログシンセにも黒山のひとだかり。相当な盛り上がりです

2人のレジェンドに聞く~アナログへのこだわり

DG-extra_vol03_09b 新しく発表になったProphet 6

なぜ?今?2000年でもなく、2010年でもなく、なぜ2015年にここまでアナログシンセサイザーが盛り上がっているのでしょうか?もしかしたらデジタルの音はある意味「行くところまで行った」のかもしれません。人間の耳が一般的にとらえられる音の解像度は、これ以上デジタルの表現はできなくなっているからでしょうか?NAMMのブースでシンセサイザーの父との呼ばれる2人の“レジェンド”に話を聞いてみました。一人は、あのProphet 5の生みの親でもあるデイブ・スミス氏です。Prophet 5と言えばあのYMOがこよなく愛したシンセの一台です。

■デイブ・スミス氏
DG-extra_vol03_08 シンセ界のレジェンド、デイブ・スミス氏。未だ現役でシンセサイザーを作り続けています
――どうして今、アナログシンセサイザーが盛り上がっているのでしょう?

スミス氏:本当に不思議だよね。僕はずっとアナログをやってきただけだから、その意味は良く分からないけど、とにかく音が違う。もちろんデジタル技術も大切だけど、アナログにはデジタルでは表現できない音があると思う。やっとそれにみんなが気付いてくれたのかな。

――新製品を出し続けてますね

スミス氏:今度のProphet 6はオリジナルのProphet 5に更に多くのファンクションを搭載している。でもコンセプトは変わらないよ。アナログそのままだ。みんなが評価してくれる。嬉しいよ。

スミス氏は自信満々に答えてくれました。彼のブースは人だかりの山で、Prophet 6などの新製品には列をなすほどの盛況ぶりを見せていました。そしてもう一人、Van Halenの「Jump」のイントロのシンセでも有名なOB-Xaを作ったトム・オーバーハイム氏にも話を伺いました。オーバーハイム氏のシンセサイザーも数々のアーティストに愛されています。

■オーバーハイム氏に訊く
DG-extra_vol03_10 もうひとりのレジェンド、オーバーハイム氏。この人がいなければ数々の名曲が存在しません。左は筆者の兄です
――今のシンセサイザーブームはすごいですね

オーバーハイム氏:まさかここまでアナログが再注目されるとは思ってもいなかったよ。モジュラーシンセサイザーの初号機は1974年だったけど、今も全く同じパーツを使って作っているんだ。だから今も当時と全く同じ音だし、何も変わらない。素晴らしい音色だと思っているよ。

――アナログの音の良さにみんなが気付き始めたんですかね?

オーバーハイム氏:1980年以降、デジタルがすべての中心になり、アナログは一時期、追いやられちゃったんだ。20年間は正直つらい思いをしていたよ。私はデジタルをやらないから、もう自分は終わりだと思ってたんだよね。でもようやくアナログの良さにみんなが気付き始めてくれて、4年前から復刻版の制作に取り掛かったんだ。ありがたいね。

DG-extra_vol03_11 新製品のOberheim 2 Voice Pro。使っているパーツは40年前の当時と全く同じだそうです

オーバーハイム氏のアナログへのこだわりは2015年に「Oberheim 2 Voice Pro」という形で復刻にいたりました。彼のブースは、レジェンドと写真を撮りたい人たちで盛り上がっていました。一方でRolandはアナログとデジタルのハイブリッドシンセサイザー、JD-Xiを発表。アナログ回路を用いた製品を発売するのは、Rolandにとって何と約30年ぶりだそうです。デジタルとアナログの融合という考え方は、次世代の設計につながるのかもしれません。

DG-extra_vol03_12 Rolandの新製品JD-Xi。デジタルとアナログのハイブリッド!

音と映像の「遠いようで近い存在?」

DG-extra_vol03_13 NEUMANNのブース。未だに50年前から同じUシリーズが展示されています

映像業界はとにかく「技術の進歩」ありきです。SDからHDになり、4Kへ進んでいます。カメラはほぼデジタル化され、テープやフィルムはいよいよ過去のものになってきました。10年前の機材は古くて全く使えないと言っていいでしょう。一方で楽器や音楽機材は違う一面を持っています。ビンテージの楽器はびっくりする様な価格で取引されたり、コンデンサーマイクの王道NEUMANNのUシリーズなどは50年以上前に製造されたものが、コレクションではなく現場で普通に使われていたり、高値で取引されたり…。なんだか不思議です。

DG-extra_vol03_14 クラシック楽器の展示。「新製品」といのもあるんですね

おそらく目で見るものと耳で聞く情報には根本的な違いがあると思います。また音を操る人は「アーティスト」と呼ばれますが、映像を制作する人をアーティストと表現されることはあまり聞きません。技術的な面からみても、音のデジタル化の方が映像よりもずっと先を進んでいました。一方で音の技術の行く先にもいろいろな問題があったりします。サラウンドは何年たっても家庭にはなかなか浸透せず、ハイレゾも限られた場所でしか展開されていません。音のデジタル技術は相当発展しましたが、まだ30年前のCDが現役のメディアです。それどころか、アナログレコードすら、まだまだ元気です。

ただ一つ明らかなのは、音と映像はいつも一緒です。映画にしてもテレビにしても、この二つの要素は絶対に切り離すことができません。ハリウッド版ゴジラの監督でもあるギャレス・エドワーズ氏がこんなことを言っていたのを思い出します。

「3人しかクルーがいなかったら僕がカメラを回すよ。なぜならサウンドにはちゃんと人を配置したい。どんなにキレイな映像を撮っても音が酷かったらダメだ。汚い映像でも音がよければ、そっちの方がずっといい」

僕もこの意見に同感です。音は映像に命を吹き込む、最も大切な要素です。今回のNAMM Showで見た「アナログ回帰」のトレンドは、映像制作のマインドにも大きく影響しそうです。

誇り高き日本の技術

DG-extra_vol03_17 展示会最大のYAMAHAブース。ブースというよりはドデカい会場です。すごい!

ちなみに今回のNAMM Showで一番僕が気になった商品はRolandのAIRAシリーズのパフォーマンスミキサー「MX-1」です。従来のDJスタイルを一新する「演奏する」ミキサーです。単純に人の曲を繋げるDJスタイルはもう流行らないのでは?と感じました。

DG-extra_vol03_15 RolandのMX-1を使ったデモ演奏。AIRAはこれからのDJシーンを変えるような気がします

あらゆる音をMIXし演奏するようなコンセプトの商品です。これからはDJにも「演奏する」という実力が問われてくるのかもしれません。

DG-extra_vol03_16 KORGのデモに集まる人。満員電車状態

まぁ、それはさておき、映像業界と音楽業界で大きな共通点があります。それは日本の企業が業界を大きく牽引しているということです。映像の世界でいえばSONYやCanon、Panasonicなどがそうですが、このNAMM Showでも最大の展示を展開するYAMAHAを始め、RolandやKORGなど数多くの日本企業がその中心にあります。メイドインジャパンのマインドがエンターテイメントの根幹を支えていると思うととても誇らしく感じました。次世代規格のハードウェアを作り続ける日本の技術力を後押しするような、そんなコンテンツ制作をこれからも目指して行きたいと思います。


WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


[ Writer : 江夏由洋 ]
[ DATE : 2015-01-27 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Report Now!]札幌で開催されたLOGIC JAM放送機材展

txt:岡英史 構成:編集部 IBC直後の放送機材展「LOGIC JAM」 InterBEEを残し、今年の国内放送機器展の最後となる、北海道・札幌で開催中のLO... 続きを読む

[Report Now!]Roland/BOSS 2017秋 新製品発表会

さる9月14日、東京都港区のベルサール御成門において「Roland/BOSS 2017秋 新製品発表会」が開催された。デジタルピアノやキーボード、シンセサイザー、電子ドラム、DJ機... 続きを読む

[Report NOW!]アストロデザイン プライベートショー2017~4K/8K、HDRなどの先端技術に対応した各種測定器や映像機器を展示

txt:稲田出 構成:編集部 4K/8K、HDR対応の各種測定器や映像機器の展示、セミナーを開催 2017年7月13日と14日の2日間、東京・大田区南雪谷にあるアストロ... 続きを読む

[カンヌ・ライオンズ2017] 日本からの秀作も好評〜 後編

txt:河尻亨一(銀河ライター/東北芸術工科大学客員教授) 構成:編集部 引続きカンヌ受賞作を紹介! 前編に続いて、世界のクリエイティブ祭「カンヌ・ライオンズ2017」... 続きを読む

[カンヌ・ライオンズ2017] 人間味あふれるプロ・フィルムへの回帰?〜 前編

txt:河尻亨一(銀河ライター/東北芸術工科大学客員教授) 構成:編集部 世界の広告が一堂に介するカンヌ・ライオンズ2017 世界の広告キャンペーンの“てっぺん”を決め... 続きを読む

WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DigitalGang!]Extra Shoot.03 NAMM Showって知ってますか?音と映像の関係を見る