PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DigitalGang!]Shoot.26 SHOGUNを使った次世代の4K撮影を考える

News

[DigitalGang!]Shoot.26 SHOGUNを使った次世代の4K撮影を考える

2015-04-07 掲載

SHOGUNとFS7&α7Sで4K収録

DG_vol26_01_2

先日バージョン6.2にアップデートされたATOMOS社のSHOGUN。4Kからのダウンコン機能やLUTをかけてモニタリングできる機能が追加され、オーディオまわりのファンクションもかなり充実。記録コーデックにもDNxHD/DNxHRが搭載された。その使いやすさはフルHDモニターとしての役割はもちろんのこと、4K映像を収録し再生できる実力は我々に大きな可能性を与えてくれる。軽快なタッチスクリーン操作で行える様々な機能についてなどの特徴も含め前回いろいろと触れたが、今回は実際の現場での使用感をお伝えできればと思う。

DG_vol26_01_1 LUTをSHOGUN内のメモリにアサインできる!これは非常に便利。さらには4K収録・再生時にSDIからHDのダウンコンを出力できるようになった。最強のレコーディングモニターだ DG_vol26_03 被写体となった5重奏。ハイレゾ・サラウンドの録音も行われた

雪がまだ残る軽井沢の大賀ホールで、クラシックのクインテット(奏者5名)による演奏を撮影した。バッハの「フーガの技法」を192kHzハイレゾ・サラウンド録音するという、音楽としてもかなり実験的な収録と並行して、そのプロモーションVTRを4K撮影することになったのだ。

実はちょうど一年前に、同じ大賀ホールにてカルテットの4K撮影をBlackmagic Production Camera 4Kで行ったのだが、今回はSHOGUNを投入し、「いまどき」な4K収録に挑んだ。使用したカメラはSONY α7SとPXW-FS7の2台である。それぞれにSHOGUNを4K HDMIで接続し、4K ProRes HQで収録。2台のカメラの特徴を活かしつつ美しいホールの雰囲気を4Kで捉えた。尚撮影の当時はファームウェアがまだ6.11が最新だったため、写真のSHOGUNは現行のものではないことを了承して頂きたい。

DG_vol26_02 今回撮影の現場となった軽井沢・大賀ホール。SONY PXW-FS7とα7Sの2台をそれぞれSHOGUNと繋げた

最軽量3軸ジンバルで4K!

今回α7Sを使った理由は、撮影で3軸のジンバルを使いたいという希望があったからだ。小型とはいえ、FS7をスタビライズさせるにはそれなりに大がかりな機材を必要としてしまう。そこでSHOGUNを使った3軸スタビライズを、小型のデジタル一眼であるα7Sで組んだ。

使用した3軸スタビライザーは、以前にも紹介したRedWolfのe-ジンバルである。私がこのジンバルを気に入っている点は、とにかく簡単で使い勝手が非常によく、何といっても「軽い」という利点があるからだ。両手でハンドルを持ってオペレートするジンバル機材は、重いと急激に機動力が落ちてしまう。e-ジンバルは無論最大耐荷重が2kgちょっとなので、汎用性という意味では劣る点もあるが、現場で威力を発揮するフットワークは他のジンバルでは実現できないほどの良さをもっている。

DG_vol26_04 e-ジンバルとα7Sの組み合わせ。モニターをSHOGUNにして最強のシステムが完成。片手でもオペレーションができるとなれば、その機動力の高さが伺えるだろう

そしてα7SとSHOGUNの組み合わせによる4K撮影は、驚くほど美しいと評判だ。α7SのHDMI出力からは8bit 4:2:2の4K信号がでており、高感度のα7Sらしい画をSHOGUNで受けることができる。もちろん4Kを内部収録できないα7SにとってみればSHOGUNは無くてはならない機材と言えるだろう。セットアップの方法については割愛するが、SHOGUN自体の重さが軽いというのも大きな利点も加わり、このシステムで組むとおおよそ4kg弱の重さで4K撮影が行えるジンバルが組めてしまう。なんと片手でもコントロールが可能だ!ここまで高機能にも関わらず、ジンバルのキャリブレーションはものの10秒と、言うことなしだ。左手のジョイスティックでチルト操作も可能なため、その撮影バリエーションは無限である。

DG_vol26_05 ジョイスティックでパン・チルトも操作可能だ。今回はパンの機能はOFFにしてチルトだけを活用した

ちなみにα7SではMetabonesのE-EFマウントアダプターでEFレンズも使用した。しかしジンバルに載せる際はEマウントの28-70mmのSONY純正レンズ(SEL2870 FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS)をメインに使った。その理由は2つある。

1つはレンズ自重が軽いのでジンバルのバランスがとりやすくコントロールもしやすい。もう1つの理由はオートフォーカスだ。動画記録中でも思いのほかオートフォーカスが有効に使える。4Kとなるとフォーカスはシビアだ。基本的に両手がふさがってしまうジンバル撮影では、フォーカシングは難しく、無線のフォローフォーカスなどを付けるとジンバルの重さがどんどん増していく。

DG_vol26_06 Eマウントの純正レンズを使用し、オートフォーカスを使用

今回はSONYのEマウントレンズによるオートフォーカスで乗り切ることにした。ちなみに4Kであってもその精度は「結構いける!」という印象だ。もちろん、意思に反する動きもするため、このあたりは上手に使う必要がでてくるだろう。ただし、こういった小型のミラーレスのオートフォーカスは、思ったより優秀なため、4Kであってもガンガンと利用するほうがいいと思う。下手に無線のフォローフォーカスなどをつけて、レンズ交換の度に訪れる難易度の高いセッティングを試行錯誤するのであれば、機動力の高いEマウントを使う方が現場のやりくりはとてもスムーズだ。確かに画質面を心配する人も多いとは思うが、このあたりのトレードオフには思い切ったワークフローがカギになるかと感じている。

ジンバルに載せたα7Sの素材の様子。オートフォーカスがそこそこ使えることが分かるだろう

全く違う2台でも、S-Log2で同じ4K画質を狙う

この2台のカメラを使う利点として、同じS-GamutのカラースペースでS-Log2ガンマを使えることにある。センサーのサイズや特性は違うものの、同じ色味で撮影できるのは大きい。FS7で「確実」な4K映像を収録しつつ、α7Sで飛び道具としての「動的」な4Kを同じ質感の画として捉えられると、いろいろな演出にチャレンジできる。

驚きなのは、SHOGUNを使うと、α7Sの4Kの画がFS7に肉薄するほど美しいということだ。無論、最新のLogであるS-Log3が使えるというだけでなく、動画カメラとしてのしつらえはFS7が圧倒的に上なのだが、単純に映像の比較となるとα7Sの4K映像には評価が集まるところであろう。

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/03/DG_vol26_08_fs7.jpg http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/03/DG_vol26_08_A7S.jpg
FS7のS-Log2の画(写真左)と、α7SのS-Logの画(写真右)。ルックは少々違うものの、なかなかのマッチング。α7Sの解像感もなかなかだ
※画像をクリックすると拡大します

価格を比較しても、α7Sのコストパフォーマンスには驚かされるのではないだろうか。FS7でメインをしっかりと押さえつつ、α7Sで攻めの撮影、まさにベストマッチの2台ともいえるSONYの4Kカメラコンビネーション。SONYの創業を支えた“大賀”さんのホールで、この2台を使った4K撮影というのも、時代を越えたつながりを感じざるを得なかった。

DG_vol26_09 α7SとSHOGUNのコンビは、ジンバルの使用だけでなく、通常のハンディや三脚用途としても十分に使える。フォーカスと露出のアシストが完璧なため、使い勝手はとてもいい

最強のレコーディングモニター、SHOGUN

SHOGUNの効率的な使用方法として、4Kフォーカスに特化した使い方がある。例えばFS7のビューファインダーには通常の画をモニタリングしつつ、同時にSHOGUNには×2の拡大表示をさせる方法だ。4Kであれば、事実上4倍の表示になるため大変心強い。ビューファインダーではステータスだけでなく、全体の画角を確認する一方で、SHOGUNには拡大表示をさせておいて、そのフォーカスを確認。こうすれば、いつでも被写体のピントを外さない撮影が行えるというわけだ。

SHOGUNの素晴らしい特徴として、REC中であってもあらゆる機能をON/OFF&調整できるという点が挙げられる。拡大フォーカスしかり、スワイプしかり、ウェーブフォーム表示しかり、ありとあらゆる操作をREC中に行えるとなれば、喜ぶカメラマンも多いはずだ。

DG_vol26_10 カメラのファインダーでは通常の表示をさせつつ、SHOGUNで拡大表示させる。スワイプで好きな場所を選べるので、REC中であってもフォーカスを確認できる

そして何と言ってもProRes HQを使った4K収録は、YUV収録において最強と言っていいだろう。4K30pで800Mbpsを誇るHQコーデックは、ポストプロダクションでの作業に多くの余裕をもたらしてくれる。

ATOMOSReview_02_05 ProRes・DNxHRの各種コーデックを選べるのは素晴らしい。HQで確実な4Kを。そしてLTでも堅牢な4Kを収めることができる

特に今回のようにLogで撮影する場合、色編集がマストとなるため、なるべく高画質に収録を行いたいというのが正直なところだ。XAVCは高圧縮・高画質の一面をもつものの、HQの半分以下のビットレートであるためガッツリ色をいじりたい場合はProRes HQで収録することをお勧めする。長尺のドキュメンタリー撮影などでは大活躍するXAVCではあるが、臨機応変にSHOGUNを使ったProRes HQの収録も多用するといい。

今回DNxHRにも対応したため、その選択肢はほぼ「完璧」といえるだろう。各種ProResとDNxHRから、メディアの容量や解像度なども考えつつ極力効率的なコーデックを選ぶことになる。前回も記したとは思うが、割とProResLTを使った撮影が侮れない。ポストにかける時間やコスト、いろんなことを含めてSHOGUNは活躍してくれるはずだ。

IS-miniとの連携は抜群。色合わせはAdobeで一発

DG_vol26_12 IS-miniとSHOGUNの組み合わせは実は使いやすい。撮影後であっても、すぐに色編集を行える

ちなみにここで色編集のワークフローに少し触れておきたい。S-Log2からのLUT編集は、ズバリ富士フイルムのIS-miniで行った。先日のファームアップでいよいよ待望のFS7に対応したIS-mini。驚くことなかれ、α7Sのプリセットも完璧に備えている。今回は現場で色を見る時間がなかったため、SHOGUNを再生機として使い、それをIS-miniと接続。撮影後の色編集を行うことになった。

素晴らしいのはSHOGUNが4KからのHDダウンコン機能を搭載したということだ。これにより、4Kの収録・撮影時でもSHOGUNのSDI出力からHDのモニタリングが可能になった。FS7はHDMIから4K出力をさせると、本体のSDIからのHD出力が止まってしまう。そのため今まではSHOGUNと併用する際はHDのモニタリングをあきらめざるを得なかったのだが、これにより大幅に現場でのシステム構築が楽になる。更にIS-miniもHD-SDIを入力とするため、SHOGUNを介せば、FS7の4Kの色を編集できるようになるというわけだ。今まで「できなかった」ことが「簡単にできる」ようになったことは、本当に嬉しい限りである。

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/03/DG_vol26_13.jpg FS7のプリセットにも最近対応したIS-mini。α7Sとの色合わせも簡単だ
※画像をクリックすると拡大します

本来ならば現場で色を確認するために使用するIS-miniだが、後からじっくり確実な色作りをしたい場合などは、SHOGUNの再生機能を使って一気に色をいじることができるのもいいだろう。特にSDI出力をもたないα7Sなどは、SHOGUNを使うことでFS7同様に簡単にIS-miniを活用できる訳だ。α7Sの画をSDIでHDモニタリングできるとなると、SHOGUNの役割の大きさに注目が集まることだろう。とにかくHDのダウンコン機能をつかったSHOGUNとIS-miniの組み合わせは4Kの色編集を行う上では画期的な方法といえる。

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/03/DG_vol26_14_FS7_CC.jpg http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/03/DG_vol26_14_A7S_CC.jpg
FS7(写真左)とα7S(写真右)の色編集後の切り抜き。異なるカメラだとは思えないほど、同じ色を非常に簡単に再現できる
※画像をクリックすると拡大します

FS7で使用したSHOGUNとα7Sで使用したSHOGUNをそれぞれIS-miniに繋ぎ、それぞれのプリセットで色を決めていった。お互いの色を上手に合わせる必要があるため、細かい調整はAfter Effectsで行った。素晴らしい点は、IS-miniから一発でAfrter Effects用のLUTを書き出せるため、理想のワークフローを組めることだ。S-Log2からの709変換は見事に一瞬で行えるだけでなく、微妙な色調整も簡単。After Effectsに709に変換した2台のカメラの画を持って行けるため、ほぼ見分けがつかないほどのカラーマッチングが驚くほど簡単に行える。これは素晴らしい!!IS-miniとSHOGUNを使えば、カメラを使わずして、撮影後にじっくりと色を決められるという、これこそ新しいワークフローを完成させることができる。いやはや、夢のような時代が到来した。

総括

ということで、今回はSHOGUNを使った実際の撮影の様子を紹介した。これからハイレゾの音声とともに編集にはいることになるのだが、今回の収録だけで、なんとデータ量が2TBを超えることになった。4Kを高画質で抑えるとなると、今後はデータ容量とうまく向き合っていく必要がでてくるだろう。

とはいうものの、SHOGUN自体の現場での評判はかなりのものだ。今回は詳しく触れなかったが、SHOGUN内でのLUTを充てる機能や、オーディオ収録まわりの機能も相当重宝されるものだろう。ファームウェアの更新で次々と様々な機能も充実されるSHOGUNは4Kの新しい可能性を広げた一台となった。IS-miniといった次世代の機材との連携も含めて、新たな使用方法に注目が集まるに違いない。


WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


[ Writer : 江夏由洋 ]
[ DATE : 2015-04-07 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[DigitalGang!]Shoot.32 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 後編

txt:江夏由洋 構成:編集部 FUJINON MKシリーズが捉える新しい時代 撮影風景。カメラマン2名、アシスタント2名の撮影チーム。スモールユニットが組めるのもMK... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.31 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 前編

txt:江夏由洋 構成:編集部 デジタルシネマワークフローの時代が変わる デジタルシネマの新しい形―MKレンズシリーズ。18-55mmと50-135mmの2本で全域... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.30 新時代のフォーマットX-OCNに思う。AXS-R7/X-OCNが捉える美しい世界

txt:江夏由洋 構成:編集部 新しく発売された4KレコーダーAXS-R7とX-OCN PMW-F55のレコーダーとして新しく発売されたAXS-R7。RAWのみなら... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.29 DJI Osmo+Zenmuse X5R〜DJIが切り開く世界を探る

txt:江夏由洋 構成:編集部 昨年10月、DJIは同社の空撮用ジンバルカメラZenmuse Xシリーズをハンドヘルドでオペレーション可能にする「Osmo」をリリースした。ミ... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.28 EOS C300 Mark II〜4Kフォーカス機能の新たな時代へ〜

txt:江夏由洋 構成:編集部 4Kの最大の課題―フォーカス 4K撮影をする際にカメラマンにとって一番問題になるのは、フォーカスだ。特に4Kの撮影となればその解像度... 続きを読む

WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。2017年よりアドビ公認エバンジェリスト「Adobe Community Evangelist」に認定。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DigitalGang!]Shoot.26 SHOGUNを使った次世代の4K撮影を考える