PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 猪蔵 > [Point of View]Vol.71 この秋に上陸するNetflix、日本での戦略は4Kコンテンツの充実

News

[Point of View]Vol.71 この秋に上陸するNetflix、日本での戦略は4Kコンテンツの充実

2015-06-19 掲載

txt:猪蔵 構成:編集部

テレビが変わる?黒船Netflixがやって来た!

2015年秋に日本でのサービスインを予定しているNetflix株式会社が6月18日、青山の自社オフィスにメディアを招いた会社説明会を行った。とくに目新しい発表はなかったが、取材陣はあらためて過去数年間にわたって日本でパートナーシップを推進してきた担当者や経営陣と直接質疑応答し、日本のオフィスを実際に訪れることで、インターネット動画業界の「黒船」がどんな文化を持ち、これからどんなサービスを提供し、日本のユーザーとクリエイターにどう相対していくのかについてより具体的な実感を持つことができる機会になったのではないかと思われる。この記事では説明会の概要と、全体としての雑感をお伝えする。

71_netflix_4267

説明会ではまずPR担当の中島啓子氏から、事前に受け付けた質問への回答が示された。具体的にはサービス開始の具体的な日にち、料金体系と金額、タイトル本数、コンテンツの内容に関して、であるがそのいずれもが「まだ公表はできない」とのことであった。たしかに「秋」まではまだ数ヶ月あり、現在とりうるオプションの中で最善を模索しながら準備をしている現状では返答が難しいであろうことは容易に想像できる。

国内テレビ受像機メーカーとの協業

実は、6年前から国内のテレビ受像機メーカーとのパートナーシップを構築する任務にあたっているという、ビジネスデベロップメント担当の下井昌人氏からNetflixのテクノロジーおよび配信システムについての説明があった。

71_netflix_4268 ビジネスデベロップメント担当下井昌人氏

下井氏:Netflix社がそのサービスを国内で普及させるために肝となるのは「タッチポイントデバイス」「Netflixアイコン」「Netflixボタン」の3点です。

タッチポイントデバイスとは、要はNetflixに対応する機器をより多く揃えるということ。そのためのSDKを提供し、それを実装した機器ベンダーはNetflixの本社がある米ロスガトスオフィスに機器を送付、それをNetflix社のエンジニアが動作検証し「Netflix認証デバイス」としてお墨付きを与えたものだけが市場に出るという。

このようなサービス事業者によるグローバルな動作認証は、すべてのユーザーに快適な視聴体験を提供するためには欠かせないものだ。ちなみにこれは数年前にiモードをはじめとするさまざまな移動機に実装されていたリッチメディア再生エンジンFlash Liteで用いられた戦略と非常に似ており、実際にNetflixの認証プログラムはそれにならって構築されているときく。

71_netflix_4269

Netflixアイコンとは、インターネット接続テレビやタブレットを起動したとき、すぐに目につく場所にNetflixのサービスアイコンが表示され、ユーザーがすぐにアクセスできるように機器メーカーにアイコンの配置について特恵的な対応をしてもらっているという。

71_netflix_4271

Netflixボタンとは、テレビ受像機のリモコンにNetflix専用ボタンを配置することで、受像機が電源オフな状態からでも直接Netflixのトップ画面が表示されるようにするということだ。このようなリモコンへの専用ボタンの設置は国内受像機メーカーとの密接な協業によってはじめて可能であり、実際にこの2月以降発売が開始された国内メーカー産の2K/4K受像機にはすべてNetflixボタンが装備されているとのこと。

この協業はいまを遡ること6年前からはじまっており、すでにその頃から海外向けの受像機はNetflixボタンとともに出荷されていたという。それら海外向け受像機でNetflixボタンの利用度が1日あたり平均1時間と、ユーザーにとってニーズが高い機能であることをメーカーに認識してもらえたことが、国内出荷版の受像機におけるNetflixボタンの標準装備化を後押しした、と下井氏は述べる。

使いやすいユーザーインターフェイスと「イッキ見」

71_netflix_4274

このように周到に準備された「入り口」からユーザーはNetflixの世界に入ることになる。その先にあるユーザーインターフェイスは直感的で、とくに説明をしなくても次に何をすればいいか自然にわかるような設計をしているという。また、連続的に次のエピソードを見続ける、いわゆるイッキ見(Binge watching=ビンジウォッチング)をしやすいように、エピソード視聴が終わりに近づくと次のエピソードのプレビューが表示される「ポストプレー」という機能を実装している。

さらに、いまではよく知られている、ユーザーの視聴履歴をもとに膨大な数のコンテンツの中からオススメを表示するパーソナライズ機能についても説明があった。それによれば、ジャンルごと、監督ごと、俳優ごとなど、過去のコンテンツ視聴パターンから異なる切り口でのオススメを提示でき、さらに「見れば見るほどNetflixが学習をする」という。全世界で6,200万人の会員それぞれのためにパーソナライズされたカタログをNetflixが提供している、ともいえるわけだ。

すぐに始まり、止まらないテクノロジー

Netflix社はユーザーに最良の視聴体験を提供するためにストリーミングが「すぐに始まり、止まらない」ことが重要だと考えており、そのためのテクノロジーがNetflixの背後で稼働している。具体的には、サーバー側で常にユーザーがアクセスしている地域、機器の種類、接続回線速度をモニタリングしており、再生リクエストが生じるたびにその状況に最適なビットレートの動画を判断して送信する。

例えば就寝前など回線が混雑してくると、適宜画質を落として対処することができ、結果として止まることのないスムーズな視聴が可能になる。同様に「すぐに始まる」を実現するために、再生が開始された直後はSD品質のストリームを送り、徐々にビットレートを上げて、切り替えが不自然にならないように画質を高めていく「アダプティブビットレート」(可変ビットレート)処理も行っている。このようなインテリジェントな画質の切り替えを世界で一番うまくやっているプラットフォームがNetflixだという。

いち早く4Kコンテンツを配信

71_netflix_4276

さらに4K対応についても説明がされた。Netflixでは昨年3月から世界に先駆けて4Kコンテンツの配信を始めている。4Kコンテンツはユーザーインターフェイス上では「Ultra HD 4K」とラベルされている。実演デモでは、低ビットレートですぐに再生を開始しながら、数十秒かけてフル4Kになるアダプティブビットレート技術がここでも活用されていることを確認できた。

Netflix社によると、コンテンツの内容にもよるが、最も高画質で60fps(表示フレーム/秒)な4K映像を配信するためには25Mbpsが望ましいが、10Mbps程度でも充分美しい映像が楽しめるという。国内での4K展開については、すでに国内発売される4K対応テレビ受像機のすべてがNetflixに対応しており、日本の通信インフラ状況を考えると充分4Kを配信できるとの見解が示された。

テレビ以外の展開

最近国内出荷が始まった2K/4Kテレビすべてに標準装備となったNetflixだが、そのような新型テレビ受像機の普及に時間がかかり、すぐにリビングルームを席巻できるわけではないことは認識されている。そのため今秋のサービス開始時にはPCはもちろんのこと、iOS/Androidスマートフォンおよびタブレット向けのアプリのリリースも行う。

またBlu-rayディスクプレイヤーやその他既存テレビ受像機に接続して使うタイプのデバイス(具体的な説明は避けられたが)もサポートするとのこと。また、米国や欧州ではすでにケーブルテレビ局が提供する、専用の高品質な回線が利用できるSTB(セットトップボックス)にNetflixが組み込まれるケースが増えていることにも触れ、同様なことが国内で起きる可能性も示唆された。

今回の会社説明会では、デモを含めた主な説明はテレビ受像機を中心にしたものだった。「Netflixボタン」などインパクトのある施策のことを考えればそこに注目が集まるのは当然ではあるが、マルチデバイスをその特長のひとつとして挙げるNetflix自身が想定する視聴デバイスの利用比率については「ユーザーはひとつのデバイスに偏らず、いくつものデバイスを横断して使っている」と述べるにとどまり、具体的な見解を聞くことはできなかった。

2013年の米ニールセンの調査によれば、Netflixユーザーの多くがPCまたはテレビ受像機につないだPCでコンテンツを視聴しており、テレビ受像機経由の視聴が突出しているわけではない。米国でもいまだに多くのユーザーがPC経由でサービスを利用していると考えるのが合理的だが、一般的にわかりやすい、革新的なサービスのイメージとしてテレビでの利用を強調したい意向があるのかもしれない。

日本法人社長グレッグ・ピーターズ氏と副社長大崎貴之氏

説明会の最後では、日本法人社長のグレッグ・ピーターズ氏と副社長の大崎貴之氏がそれぞれNetflix社のビジョンと今後の国内におけるサービス展開およびクリエイターとの協業について説明をした。

71_netflix4284 日本法人社長 グレッグ・ピーターズ氏

ピーターズ氏:Netflixでなによりも大事にしていることはユーザー体験であり、技術的な話はそのスタートラインに立つためのものに過ぎません。その体験とは、インターネットで提供するからこそ可能な視聴体験の自由なコントロールと、自分の好みにあわせたパーソナライゼーション。これらの基盤にコンテンツが組み合わさることによって、ユーザーにNetflixならではの体験、すなわち「ストーリー」が提供できます。

日本市場については、実際にはどの国の市場もそれぞれにユニークであり、日本だけが特殊なわけではないとしながらも、日本のユーザーは国内コンテンツを求める傾向はあるとの認識を示し、そのため国内での展開ではローカルコンテンツの需要を満たすことが重要だと述べる。一方で、ストーリーを楽しむのは普遍的な価値であることから、Netflixの国内市場参入はいままで日本のユーザーに知られていなかった海外の豊かなコンテンツに触れてもらえるチャンスでもあると考えているという。

71_netflix_4302 副社長 大崎貴之氏

大崎氏:マンガ・アニメ作品のなかには優秀なストーリーが数多くあり、それら「日本の宝」を世界の人々に楽しんでもらうことが自身のミッションのひとつです。現在日本のクリエイターとも話をしており、具体的な企画も進行しています。ひとりでも多くの人に見てもらいたいですね。実際にポリゴン・ピクチュアズ製作のアニメシリーズ「シドニアの騎士」は2014年夏に(日本市場参入前の)Netflixでワールドワイド公開されました

日本で封切るNetflixのローカルコンテンツは世界配信もされ、いわば世界中で同時プレミア公開されるという。また、Netflix社の掲げる理念「クリエイティブフリーダム」はクリエイターを信頼し、クリエイティブの自由度を妨げないということだが、ユーザーにもフリーダムを提供することも大事だという。コンテンツを楽しむために邪魔なものを取り去ることが重要で、それによる「ファンベース」の構築がよりよい経済的サイクルと品質を生む。

このような好循環を生むために、従来のテレビ番組のフォーマットを見直す、たとえば決まりきった同じ60分尺のエピソードが13集まって1シーズンを成すのではなく、小説のように章ごとに尺が違い、全部あわせると6-7時間のひとまとまりのストーリーが完成するような形式を導入することも視野に入れているという。

このような「クリエイター」と「ファン」の関係性を重視した動画配信ビジネスを健全に展開するには、Netflixが収集したユーザーの視聴履歴や属性をどこまでの透明性をもってクリエイターと共有できるかがカギになる。今回の発表会ではそのあたりへの言及はなかったが期待を持ちたいところである。

雑感

71_netflix_4318 Netflix社で提供されるコーヒーは、今話題のブルーボトルコーヒーだった

Netflix社のオフィスは青山にある眺望の良い新築ビルの高層階にあり、内装はシンプルでセンスの良い、クリエイターとの協業が成功のカギをにぎるビジネスにふさわしいものだった。大崎氏によれば、この自慢のカプチーノマシンを設置した上質なオフィスは常に門戸をひらいており、いつでも立ち寄ってほしいとのこと。リップサービスであったとしてもオープンでフェアな文化を持った企業だと感じ、今後のクリエイターとの協業への期待が高まった。PRONEWSでは、引き続きNetflixを追いかけてみたいと思う。


WRITER PROFILE

猪蔵 いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。


[ Writer : 猪蔵 ]
[ DATE : 2015-06-19 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Point of View]Vol.77 アドビのプリンシパルカラーサイエンティスト、ラース・ボルグ氏にHDRの今後の動向を聞く

アドビのプリンシパルカラーサイエンティストのラース・ボルグ氏 色のエキスパートボルグ氏にHDRを訊く 2017年6月1日~2日に東京・千代田の秋葉原UDXで行われたAf... 続きを読む

[Point of View]Vol.76 すべてAdobe Premiere Proで制作した映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど」トークセッション開催

アドビは5月15日、東京都港区のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場でAdobe Premiere Proによって全編編集された「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」(... 続きを読む

[Point of View]Vol.75 移動式プロジェクションシステムでミュージックビデオ撮影

txt:奥本 宏幸 構成:編集部 難易度高めのリクエストに応えるために! 花粉症の歌を作ったので、女の子主演でマスクにプロジェクションマッピングをするミュージックビ... 続きを読む

[Point of View]Vol.74 今が買い!2017年コンパクトスイッチャー対決

txt:小寺信良 構成:編集部 今あるコンパクトビデオスイッチャー総比べ 去る2017年3月13日、プロ用ツールの販売でお馴染みPROGEAR半蔵門にて、「コンパクトビ... 続きを読む

[Point of View]Vol.73 タケナカが創り出す月光に漂う海の世界〜新江ノ島水族館「ナイトワンダーアクアリウム2016~月光に漂う水族館~」

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 えのすい×タケナカが表現する“相模湾”とは? 相模湾ゾーン/岩礁水槽「魚たちとの夢がはじまる」 7月16日か... 続きを読む

WRITER PROFILE

猪蔵 いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 猪蔵 > [Point of View]Vol.71 この秋に上陸するNetflix、日本での戦略は4Kコンテンツの充実