PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DigitalGang!]Shoot.27 Adobeが描く無限の未来

News

[DigitalGang!]Shoot.27 Adobeが描く無限の未来

2015-06-23 掲載

txt:江夏由洋 構成:編集部

メジャーアップデートを果たしたAdobe Creative Cloud

DG_vol26_01 先日六本木のEXシアターで行われたAdobe CC 2015のリリースイベント。今までのアップデートよりもインパクトのある内容だった

筆者がテレビ局を辞めたのが2008年。HDCAM全盛期の時代だ。当時の番組編集は当然リニアだったし、HDという規格が映像を支配していた。しかしあれよあれよという間に、カメラの画質や機能は向上し、価格も大幅に下がった。Canonがデジタル一眼レフカメラのEOS 5D Mark IIで動画機能を搭載したのをキッカケにデジタルシネマの時代が幕を開け、センサーの大判化が進んだ。

そして「4K」という規格がポストHDのバトンを受け継いだと断言していいだろう。2015年の今、4Kを支えるのはデジタルの技術だ。4Kのカメラが次々と市場に登場し、当然パソコンの進化にも支えられ、ノンリニア編集の環境も飛躍的に進化することになる。ノートパソコンで4Kの編集がストレスなく行えるというのは、2008年当時のことを考えても夢のような話なのかもしれない。

ちなみにノンリニアの編集ソフトは10年以上Adobe Premiere Proを使っている。一時はFinal Cut Proが世の中の大半を占めていた時代があったが、Adobeツールが切り開いてきた技術の発展は目を見張るものがあると思う。特にPremiere Proは「ネイティブ編集」という一貫したこだわりが実を結び、64bit演算化やMercury Playback Engineの搭載などを経て一躍脚光を浴びるソフトウェアに進化した。

またAfter EffectsやPhotoshop、Illustratorなど他の強力なツールとの連携も後押しし、今では無くてはならないノンリニア編集のソフトウェアになったと個人的には感じている。先日6月17日にメジャーアップデートを果たしたAdobe Creative Cloud。タブレットとの連携や顔認識を利用した画像処理、色にこだわる編集機能など、その進化の方向性は次世代のワークフローを実に見事にとらえていると感じる。

アップデート前の話にはなるが、最近2つの面白い案件をPremiere ProとAfter Effectsで仕上げたので、ここでちょっと紹介したい。

「8K」に対応したYouTube

DG_vol26_02 解像度の比較。HDと比較するといかに8Kが大きいかが分かる

まずは8K制作だ。次世代の規格ともいえる「4K」の更に先を行く「8K」は、正に未知の世界といってもいいだろう。その解像度の高さは7680×4320ピクセルというモンスター級に大きく、撮影はもちろんのこと、再生すらままならない規格だ。NHKはこの8Kを毎秒120フレームによる再生を試みているのだが(さすがにそのスペックはお手上げです)、今回は8Kの30fpsによる制作を実験的に行った。この制作のキッカケはYouTubeの8K対応である。6月の初旬に8K映像が史上でも初めて公開され、いよいよ8Kの映像をクラウドに上げることができる時代に突入。まずはそのワークフローが実用的なのかを検証した。

8KのYouTubeを是非ご覧あれ DG_vol26_04C 解像度を選ぶところで4320p 8Kの選択肢がある

RED EPIC DRAGONとPremiere Pro

もちろん8Kのカメラはすぐに用意できないため、RED EPIC DRAGONを使って6Kの撮影を行った。その後画像処理を使って8Kにアップコンするという流れだ。実はPremiere ProとREDのRAW素材であるR3Dの相性は抜群にいい。6Kの素材であっても、驚くほどスムーズに編集が行える。今回は2分ほどの尺ではあったが、実に数時間で全ての編集を終えることができた。R3DはWavelet圧縮を使ったRAWなので、解像度を落とした再生表現が非常に得意だ。そのためマシンのスペックに合わせた解像度をPremiere Pro側で設定してあげれば、ガンガンリアルタイムの編集が可能なのである。

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/06/DG_vol26_05.jpg Premiere ProとR3Dはかなりの相性の良さ。筆者のマシンでは解像度を1/2にするだけでリアルタイム再生をしている
※画像をクリックすると拡大します

RED EPIC DRAGONの素材を最上に仕上げるには、REDの無料現像ソフトウェアであるREDCINE-X PROを使う必要がある。このソフトウェアが持つ最新の現像エンジンであるAdvanced DRAGON Debayer(A.D.D.)と呼ばれるディベイヤー現像で、6K DRAGONの画はまるで写真が動き出すような美しい映像になる。

編集の流れとしては、Premiere Proで作ったタイムラインを編集データであるXMLで書き出し、それを介してREDCINE-X内でのコンフォームを行うフローだ。DRAGON6Kの素材は6144×3160なので、その大きさのDPX連番をA.D.Dを使って尺分書き出す。DPXが1枚74MBという大きさになるため、たかが2分の映像でもファイルサイズは400GB近くになってしまう。デカい!もちろんA.D.Dを使わない場合は、Premiere Pro内における最新のR3Dメタデータ編集パネルで現像設定を行うことも可能で、中間コーデックのないRAWのネイティブ編集を完結させることもできる。

DG_vol26_06 Premiere ProからXMLに書き出してREDCINE-X Professionalでコンフォーム http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/06/DG_vol26_07_1.jpg REDCINE-Xでの様子
※画像をクリックすると拡大します
DG_vol26_07_2 ここからA.D.Dを使って最も美しい6Kの現像を行える

8Kであっても何ら問題はなし

書き出した6KDPXはAfter Effectsに入れて最終的な色補正やスーパー入れなどを施した。ここでポイントなのはAfter Effectsのデフォルトエフェクトである「アップスケール」を使った8Kへのアップコンだ。これは超解像技術によるブローアップエフェクトで、ディテールを保ちながら画像を大きくすることができる。6Kから8Kの場合、8Kの解像度が7680×4320なので、横方向に合わせると丁度125%の拡大だ。

この拡大が意外にキレイ!もちろん拡大によるノイズの発生があるため、After EffectsのプラグインであるNeat Videoでデノイズを行ったり、多少のアンシャープマスクの調整は必要なものの、ネイティブ8Kと謳ってもいいほど、DRAGONの素材は美しく生まれ変わる。8Kという規格であっても何ら問題はなく、いつも通りのフローで制作を進められ、Adobeツールがもたらす効率的なワークフローの素晴らしさをつくづく実感した。

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/06/DG_vol26_08.jpg 8KへのアップスケールはAfter Effectsで。解像感を保ちつつブローアップを試みることができる
※画像をクリックすると拡大します

YouTubeのアップロードはQuickTimeのProResで行った。After EffectsからコンポジションをそのままProRes HQを使って8K/29.97pで書き出した。そのファイルサイズ2分で45GB!恐ろしいのは、そんなサイズであっても通常通りYouTubeへアップロードできてしまうということだ。

クラウドエンコーディングのプロセスも含めて約半日かかったが、見事にYouTube上で8Kのコンテンツとして認識させることができた。実際に8K解像度を選んで再生しても…私の環境ではカクカクしてコマ落ち、音飛びがおきていたものの(4Kでは普通に再生されました)YouTubeの見据える近未来への取り組みにただただ脱帽である。

4K DCPの制作も一貫してAdobeで

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/06/DG_vol26_09.jpg 4K制作で行った作業はAdobe Creative Cloudで行った
※画像をクリックすると拡大します

そしてもう一つの案件はDCPだ。DCPとはデジタルシネマパッケージの略で、いわゆる映画館で上映するための納品形態である。フレームレートも色空間も全く異なるシネマの上映は、テレビのフォーマットとは異なるもので、現在のデジタル上映においては大手のシネコンも含めてJPEG2000の連番であるDCPの規格に準じている。今回は日本のトップバレエダンサーである熊川哲也さんが芸術監督を務める「海賊」という舞台を映画館で4K上映することになったのだ。そこでオープニングの制作に携わる傍ら、DCPの制作も行うこととなった。

XAVCとスマートレンダリング

DG_vol26_10 撮影はPMW-F55を使ってXAVCイントラの4K/60p。編集はPremiere Proだ

もともとプロデューサーのこだわりもあって4K上映を目指して制作が行われたが、4K放送とのサイマルも視野に入れていたため、実際の渋谷・オーチャードホールでの舞台の撮影は4K/60pが選択された。カメラはSONYのPMW-F55で、コーデックはXAVCイントラである。そのため編集は全てPremiere Proを使った超効率的なネイティブ編集を採用し本編集が行われた。

完パケの尺は約110分。最終的にPremiere ProのXAVCスマートレンダリングを使って本編の書き出したため、完パケは同様に4K/60pのXAVCとして書き出された。4K/60pであっても、何と実時間程度でレンダリングしてしまうスマートレンダリングのすごさに驚きつつ、納品まで4日しかないスケジュールの中、このワークフローでなければ事故が起きていたかもしれないと感じている。

サラウンドへの変換はNuendoを使用

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/06/DG_vol26_11.jpg WavesのUM226での様子。2chのステレオサウンドを5.1chに効果的に変換する
※画像をクリックすると拡大します

そして4K/60pの素材を使ってDCPにする作業を行った。まずは2chステレオの音声を5.1chに擬似変換する作業だ。これにはSteinbergのNuendoで行い、NuendoのプラグインであるWAVEのUM226を使って5.1に分解した。この作業に関しては私の兄であり、弊社の社長である江夏正晃氏に感謝したいと思う。日ごろからハイレゾ&サラウンドを研究している兄は、この5.1chへの分解を一気にやってくれた。

もちろんダビングステージにおける作業ではなく弊社スタジオのサラウンド環境での制作であったため、少々「守り」の編集であったと本人も言っていたが、劇場で聞く限り2chステレオとは別格であり、サラウンドの効果が非常に大きかったことを記しておきたい。

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/06/DG_vol26_12.jpg 5.1chにしてPremiere Proへ。擬似サラウンドでもかなりの迫力が増す
※画像をクリックすると拡大します

Wraptor 3.0を使って一気にオーサリング

ds2015_18_20
Wraptorのサイト。30日レンタルという方法で導入することも可能。魔法のDCPツールだ

そしてDCPへのパッケージングである。正直ここが一番模索した。709からP3への色変換もさることながら、60pから24pへのダウンコン、更にはJPEG2000の連番書き出しとDCPオーサリングという作業は少々頭の痛いところである。

ところがこの作業を一気に行える魔法のようなツールがあった。それがQuVISから発売になっているDCPへのエンコードプラグインである「Wraptor 3.0」だ。このWraptor 3.0はなんとAdobe Media Encoder CCのプラグインで、Premiere Proのタイムラインから一気にDCPの完パケを作ってしまうという夢のようなツールだ。実際に行った作業はとてもシンプルで、Premiere ProでDCI4K/24pのタイムラインを作成し、そこにXAVCの4K/60pを流し込み、5.1のオーディオを配置。あとはプラグインを使って書きだすだけである。但し約110分に及ぶ本編のレンダリングには、40時間という時間がかかり、その部分に関しては非常に痺れる思いを強いられてしまった。


http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/06/DG_vol26_14.jpg Adobe Media Encoderの様子。書き出しの設定は非常にシンプルでわかりやすい
※画像をクリックすると拡大します

本当にこれで大丈夫なのか??!!と心配もあったが、今回は豊洲のららぽーと内にあるユナイテッド・シネマ豊洲で何度もデータの視聴確認を行いながらの作業であったため、そのあたりはしっかりと検証を行った。相応の色編集を施したり、音の調整をする必要があったものの、見事にPremiere ProのタイムラインからDCPの完パケを書き出すことができたのだ。舞台挨拶が行われるスクリーンは日本でも最大級の大きさであるため、サラウンドで納品することや4Kという解像度にはこだわりが強く、DCPによる納品は非常に意味のあるものになったと実感している。同作品は6月27日より全国10か所の劇場で公開されるので、是非とも足を運んでいただきたい。

メジャーアップデートAdobe Creative Cloud 2015の衝撃

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/06/DG_vol26_15.jpg Premiere Pro CC 2015で追加されたLumetriカラーパネル。おそらく使い始めたら、絶対にやめられないツールになるだろう
※画像をクリックすると拡大します

先日6月17日にAdobe Creative Cloudのメジャーアップデート、CC 2015が発表され、数多くの機能が追加・更新された。Premiere Proも昔では考えられないような進化を遂げている。特に色編集の環境は驚くほど向上した。新しく追加されたカラーワークスペースを使えば誰でも「自分が頭に描く色表現」を行えるようになっている。色温度や、プリセットのルック、HUEやRGBの調整にとどまらず、必要不可欠なパラメータが一気に編集できる仕様だ。

またインタビューのジャンプカットをモーフィングでつなぐモーフカットや、Audition CCへのダイナミックリンクなど一度使ったらやめられないような数々の新機能が搭載されている。After Effectsでは顔のトラッキングをより精密に行えるフェイストラッカーなどが追加されただけでなく、アプリのアーキテクチャー自体が刷新され、より快適で効率的な環境を実現した。ここでは全てをおさらいすることができないが、Photoshop CCもIllustrator CCもとにかく次世代のワークフローを見据えたアップデートが行われた。特にスマートフォンアプリとの連携や、クラウドを使った、従来の編集ワークフローの枠を超えた新しい手法は、クリエイティビティ―を大きく加速するものになるに違いない。

DG_vol26_16 After Effectsと一緒にインストールされるCharacter Animatorも注目を集める DG_vol26_17 新機能の詳細を是非こちらで見て頂きたい。
http://www.adobe.com/jp/creativecloud.html

最後に

もちろん編集ツールは何でもいい。しかしAdobeのアプリが可能にしてくれる数々の機能は、4Kであり8Kであり、DCPであり、あらゆる次世代のフォーマットを見据えていると思う。個人的に従来の作業とは違う新しい制作をする中で、Adobeが描く縦横無尽につながる様々なワークフローの線は、今までにみたことないような新しい世界へとつながっていると感じている。クリエーターにとって大切なのは、とにかく作り続けることである。完パケと呼ばれるものをいかに「自分流」に出しつづけるか、これからも挑戦していきたいと思う。頑張ります。


WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


[ Writer : 江夏由洋 ]
[ DATE : 2015-06-23 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[DigitalGang!]Shoot.32 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 後編

txt:江夏由洋 構成:編集部 FUJINON MKシリーズが捉える新しい時代 撮影風景。カメラマン2名、アシスタント2名の撮影チーム。スモールユニットが組めるのもMK... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.31 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 前編

txt:江夏由洋 構成:編集部 デジタルシネマワークフローの時代が変わる デジタルシネマの新しい形―MKレンズシリーズ。18-55mmと50-135mmの2本で全域... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.30 新時代のフォーマットX-OCNに思う。AXS-R7/X-OCNが捉える美しい世界

txt:江夏由洋 構成:編集部 新しく発売された4KレコーダーAXS-R7とX-OCN PMW-F55のレコーダーとして新しく発売されたAXS-R7。RAWのみなら... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.29 DJI Osmo+Zenmuse X5R〜DJIが切り開く世界を探る

txt:江夏由洋 構成:編集部 昨年10月、DJIは同社の空撮用ジンバルカメラZenmuse Xシリーズをハンドヘルドでオペレーション可能にする「Osmo」をリリースした。ミ... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.28 EOS C300 Mark II〜4Kフォーカス機能の新たな時代へ〜

txt:江夏由洋 構成:編集部 4Kの最大の課題―フォーカス 4K撮影をする際にカメラマンにとって一番問題になるのは、フォーカスだ。特に4Kの撮影となればその解像度... 続きを読む

WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DigitalGang!]Shoot.27 Adobeが描く無限の未来