PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DigitalGang!]Shoot.28 EOS C300 Mark II〜4Kフォーカス機能の新たな時代へ〜

News

[DigitalGang!]Shoot.28 EOS C300 Mark II〜4Kフォーカス機能の新たな時代へ〜

2015-08-25 掲載

txt:江夏由洋 構成:編集部

4Kの最大の課題―フォーカス

DG_vol28_02_1

4K撮影をする際にカメラマンにとって一番問題になるのは、フォーカスだ。特に4Kの撮影となればその解像度が増すため、より繊細なフォーカスワークを求められる。更に大判センサーになればなるほど被写界深度が浅くなるため、フォーカシングはシビアになり、且つ、マニュアルフォーカスのしづらいスチルレンズを使用するならばその厳しさは増すといっていいだろう。実際に撮影現場で常に4Kのモニターを接続することも現実的ではなく、多くのカメラマンが4K撮影におけるフォーカス問題を抱えているのではないだろうか。

DG_vol28_02_2 待望のCINEMA EOS SYSTEMの最新カメラ「EOS C300 Mark II」

そんな中、今注目を集めているのが、満を持して登場したCINEMA EOS SYSTEM「EOS C300 Mark II」(以下:C300 Mark II)である。今回はテスト撮影も兼ねて、じっくりと実機に触れてみた。まずは作品となったYouTubeの映像をご覧頂きたい。

C300 Mark IIで撮影した映像をご覧ください。4KにてUPしております DG_vol28_03_1 撮影の様子 DG_vol28_03_2 筐体が小さいので、ワンマンオペレーションもHDと同様に行える

満を持して登場。4K Ready C300 Mark II

C300 Mark IIのオートフォーカスやフォーカスアシストはこれからの4K撮影における常識を覆すことになるかもしれない

キヤノンがNAB2015で発表した新たなCINEMA EOS SYSTEMシリーズC300 Mark IIは、今後の4K撮影の有り方を根本から変えるような機能を搭載している。待望の4K内部収録(30pまで)をイントラフレームの自社ビデオフォーマットであるXF-AVCで可能にし、15ストップのダイナミックレンジを持つ新しいLogガンマ「Canon Log 2」を見事に実現した。

そして何と言っても素晴らしいのが4K撮影におけるフォーカスワークの問題を解決する、高精度なオートフォーカスと多彩なフォーカスアシスト機能の数々である。EFレンズとの組み合わせを十二分に発揮させたオートフォーカスは、今までのフォーカシングの常識を覆すほどの技術であると感じている。キヤノンが取り組んできた「位相差」によるフォーカシングの技術が形になったカメラで、従来のような被写体までの距離との関係に全く依存しないオートフォーカスの手法は、物理的にも完璧なピントを実現するものとなった。CINEMA EOSシリーズの最新ラインナップとして登場したわけだが、これまでのC500の4K撮影機能、そしてC100 Mark IIのAF機能など、CINEMA EOSの正常進化したカメラこそがC300 Mark IIなのである。

オートフォーカスの常識を変えた一台

DG_vol28_05 デュアルピクセルによるオートフォーカスは、従来のフォーカシングとは全く異なる発想の機構だ。4Kの撮影手法を根底から覆すことになるかもしれない

C300 Mark IIでは1画素を2つのフォトダイオードで構成させ、その差異によりフォーカスを合わせる「デュアルピクセル CMOS AF」を採用している。デュアルピクセルCMOS AFの適用範囲である、フレーム内の約80%エリアでオートフォーカスのエリアを十字キーで任意に動かしたり、顔認識を使って自動で動かしたりが可能で、これにより様々なシーンで正確なフォーカシングが行えるようになった。ちなみに十字キーでの移動が大変な場合は、ボディ左面のダイヤルで「左上・右上・右下・左下」とフレームの中でエリアを切り替えが出来るので、素早いフォーカスエリアの切り替えが可能だ。

顔検出AFで理想のオートフォーカスを実現

DG_vol28_06 顔認識とデュアルピクセルの組み合わせは、今までに見たことのないようなフォーカスワークを実現してくれる

C300 Mark IIでは、Dual Pixel CMOS AFに対応したEFレンズであれば、顔検出機能を使用することができる。この顔検出機能は驚くほど「便利」で、人物の微妙な前後による揺れ・移動にもきちんと合焦し続けてくれる。その精度はなかなかのもので、今回の撮影においても、モデルの両目と口が見えていればほぼ間違いなく顔認識が外れることはなかった。

もちろん、目に髪がかかったり、後ろに振り返れば顔認識機能は外れてしまうものの、測距エリアとして頭のフォーカスを保っているため急激なフォーカスの変動(ハンチング)はない。更にフォーカスの動き自体もスムーズで、フォーカシングの際に「カッカッカッ」とフォーカスリングが引っかかるようなこともなく、被写体の微妙な前後の揺れを実に違和感なく追いかけてくれた。モニタリングを常にしていても気が付かないような細かな動きまでもC300 Mark IIは検知するため、その実用性の高さに期待が高まるばかりだ。

デュアルピクセルフォーカスガイドで快適なフォーカスワークを

そして、マニュアルフォーカス時のフォーカスアシスト機能も素晴らしい。被写体の動きや演出によってはフォーカスをマニュアルで行わなければいけない場面も多々ある。従来のカメラであれば、フォーカスピーキングやハイコントラスト表示、あるいは拡大表示といったフォーカスアシスト機能を使って、必死でフォーカスを合わせていた。ところが今回C300 Mark IIに搭載された、通称「Dual Pixel Focus Guide(以下:DPFG)」と称されるアシスト機能は、それこそ「目からウロコ」と言っていいだろう。

DG_vol28_07 DPFGはマニュアルフォーカスの操作を飛躍的に「確実」で「簡単」なものにしてくれる

DPFGはフォーカスエリアの合焦点に対して、フォーカスの位置がどこにあるかを瞬時に見分けることのできる表示機能だ。ピントが合っていれば表示はグリーンになり、ピントが被写体の前(前ピン)の場合は下方向2つのに矢印が表示され、後ろ(後ピン)の場合は上方向に2つの矢印が表示される。またピントのずれ幅も2つの矢印の距離によって視覚的に記されるため「あとどれくらいでフォーカスが合焦するか」というのがすぐに分かる。逆に言えば、「どれくらいフォーカスがズレているか」というのも感覚的に捉えることが可能だ。

DG_vol28_08_1

前ピン・後ピンの情報もすぐに分かるため、レンズをどちらの方向に回せばいいかというのも簡単に把握できる。しかもピーキングや拡大フォーカスなど使わずに通常のモニタリング画面上に表示される機能なため、フレーミングの邪魔になることもない。合焦させたいエリアは十字キーで任意で画面内を移動できるので、被写体がフレーム内を移動しても問題はなく、さらにこのUIは顔認識とも連動するため、顔を検出しつつフォーカスをチェックすることが可能だ。

DG_vol28_08_2 矢印が上に出れば後ろに、下に出れば前にピントが来ていることに。緑色になれば合焦だ

また、OSDとして外部モニターにも出力ができるため、複数人で合焦を確認できる点も大きな魅力かもしれない。ただし、人物の顔に常にマーカーが登場してしまうため、露出チェックなどで顔に注視したいときなど、この表示が煩わしくなってしまうこともあった。そんな時はこのDPFGをアサインボタンに登録し、ボタン一つで表示/非表示へと切り替えることも可能である。この画期的で革新的なフォーカスアシストのUIの登場により、レンズやフォローフォーカスへのマーキングなどの手間もなくなり、ワンマンオペレーションなどの際、確実で安心のフォーカスワークが行えるようになった。

C300 Mark IIは4Kという規格で圧倒的な正確性を誇る「AF機能」と視認性・操作性抜群の「フォーカスアシスト機能」を、爆発的な人気を誇るEFレンズで実現したと言いていいだろう。

XF-AVCという4K収録―ポストでも安心のフォーマット

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/08/DG_vol28_09.jpg 4Kの描写力は、当然ながら素晴らしい。ディテールの表現は予想以上だ
※画像をクリックすると拡大します

C300 Mark IIでは4KのビデオフォーマットにXF-AVCを採用した。DCI 4Kまで対応するXF-AVCは10bit 4:2:2のイントラフレーム方式で、4K30pのビットレートがおおよそ400Mbpsある。残念ながらC300 Mark IIは4K60pには対応しておらず、少々残念に感じるところもあるものの、その描写力といい、適度な圧縮といい、大変バランスのとれた4Kイメージを捉えることができる。林の中で撮影したシーンでは、木々の葉が細かく出るシーンがあり、細部までしっかりと葉の一枚一枚が表現され、4Kならではの情報量をきちんと表現していた。さらに偽色も見られず、葉や木のエッジもはっきりと表現されていたのもいい印象である。

Canon Log 2という進化

またCanon Log 2の画もグレーディングの幅が非常に広い。スキントーンの様子は驚くほど美しく、キヤノンの画質へのこだわりがうかがえる。今回はISO800をベース感度とし、最大15ストップのダイナミックレンジを実現しているため、ハイライトからシャドウまでを広く収録できる。さらに10bitのビット深度を持つため、ポスプロでの調整範囲もC300と比較しても圧倒的に広くなり、さらにカラーグレーディングの幅が広くなった。

DG_vol28_11 撮影ではLUTを充てた映像をHDで出力し、モニターで確認を行った

C300 Mark IIは4Kの出力を持たないのだが、HDのダウンコン出力にLUTをかけて行うことができる。今回の撮影では、ATOMOSのSHOGUNを使用して、HDMI出力にカメラ内の709LUTを充てて撮影を行った。カメラ本体のLCDモニターではCanon Log 2でWFMを見て撮影し、SHOGUNでLUTを充てたイメージを確認。直射日光の差す現場であったものの、人物の肌のハイライト・白いドレスのハイライト、そして木のシャドウまで、クリップすることなくしっかりとレンジ内に収まった。むしろシャドウ側にもまだまだ余裕はあり、15ストップという広さを実感できた。

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/08/DG_vol28_10_1.jpg Canon Log 2でのグレーディングの比較。色の再現が驚くほど美しい
※画像をクリックすると拡大します
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/08/DG_vol28_10_2.jpg ※画像をクリックすると拡大します http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/08/DG_vol28_10_3.jpg ※画像をクリックすると拡大します

ポストはAdobeでネイティブ完結。HDと変わらぬワークフロー

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/08/DG_vol28_12.jpg After Effectsでの編集の様子。カラーグレーディングも含め、全てネイティブ・非破壊のフローだ。超効率的な4K編集で、ポストも完璧だ
※画像をクリックすると拡大します

XF-AVCの編集は、先日メジャーアップデートされたAdobe Creative Cloudの2015バージョンを使った。2015バージョンではXF-AVCがネイティブ対応となっており、非常にサクサクと編集を行うことができる。Adobe Premiere Pro CCで編集を行い、色編集などのコンポジットをAdobe After Effects CCで編集を行った。中間コーデックのいらないネイティブ編集ができるため、インジェストして即作業を行うことができる。編集マシンはHPのZ620を使用したのだが、DCI 4Kの30pをフル解像度であってもリアルタイムで再生できた。4Kの編集もいよいよネクストレベルに達したという感覚である。

このあたりは他のNLEでも編集はもちろん可能かもしれないが、やはりAdobeの使用感は抜群で、それは4Kの新しいコーデックであろうとも従来のワークフローを崩すことなく進められるというのが本当に素晴らしい点だ。

筐体のデザインはほぼ踏襲。細かいアップデートが嬉しい

画質やAFなど大きく進化したC300 Mark IIだが、外観に大きな変化は少ない。一見、C300かと思ってしまうほどそっくりだ。逆に言えば、それほどまでにC300のボディが高い評価を受けていたことがわかる。革新的だった回転型ハンドグリップはそのままに、左サイドに集約されているアサインボタンは位置などもそのまま継承されている。

変更点をあげると、トップハンドルがネジによる取り外しが可能になり、トップハンドルを外して撮影が簡単にできる。MoVIなどの3軸ジンバルに搭載する際には便利な設計かもしれない。ボディ全体は一回り大きくなり、C300の1430gから1880gと450gほど総重量は上がった。確かに、持ってみると若干の「重さ」は感じるかもしれない。今回SHOGUNを載せて撮影を行ったのだが、それなりの腕への負担があったと言える。インターフェイスの変化は、メディアスロットだ。収録メディアにはC300 Mark IIのメディアにCFast 2.0を新たに採用。DCI 4K30pでの撮影の場合、128GBのCFastだと約40分の撮影を行える。決して安価とは言えないメディアではあるが、枚数をそろえておくのもいいだろう。

DG_vol28_13 CFastメディアを採用したC300 Mark II。今後の汎用性の向上に期待したい

またHDの記録は、RGB 4:4:4 12bitという、驚きのスペックを誇る。ビットレートは200Mbps以上あり、大変高画質な映像を記録可能だ。実はこの高画質なHD記録に魅力を感じる人も多いかもしれない。またLCDモニターへのビデオとオーディオケーブルのケーブルは独立型となるため、ケーブルのワイヤリングも自由度が増し、断線時などの場合も復旧が非常に簡単だ。また、ボディ左面のアサインボタンにバックライト機能が付き、新たに用意されたバックライトボタンをONにすることで、ボタンの番号が点灯する。夜間のロケなど、こういった機能が重宝されることは多々あるだろう。細かい進化も含めて「Mark II」の名に恥じないカメラが誕生した。

DG_vol28_14_1 DG_vol28_14_2 C300ユーザーには変更の要望が多かったモニターと音声のケーブルの独立化。バックライトがついたボタン類など、細かい仕様変更が行われれている

総括

C300 Mark IIというカメラは非常に割り切った設計になっていると感じた。例えば4K60pが撮影できないことや、4Kの外部出力がない点など、少々不満を感じる人もいるかもしれない。しかし逆を考えれば、「確実なフォーカス」や、ハイダイナミックレンジの画質を内部収録でしっかりと収めることが可能なのであれば、あえて過剰なスペックを求める必要もない現場もあるはずだ。このカメラが「本当に必要なスペック」に極めてこだわっていることに、撮影をしながら気づかされた。

他の機材との組み合わせを期待するのではなく、しっかりと一台のカメラで撮影を行える「内部完結型」の4Kカメラといえるのではないだろうか。いよいよ今秋に登場する新しいCINEMA EOS SYSTEM。新たな4Kのページに頼もしい一台が加わることになるだろう。


WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


[ Writer : 江夏由洋 ]
[ DATE : 2015-08-25 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

関連のコラム一覧

[DigitalGang!]Shoot.32 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 後編

txt:江夏由洋 構成:編集部 FUJINON MKシリーズが捉える新しい時代 撮影風景。カメラマン2名、アシスタント2名の撮影チーム。スモールユニットが組めるのもMK... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.31 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 前編

txt:江夏由洋 構成:編集部 デジタルシネマワークフローの時代が変わる デジタルシネマの新しい形―MKレンズシリーズ。18-55mmと50-135mmの2本で全域... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.30 新時代のフォーマットX-OCNに思う。AXS-R7/X-OCNが捉える美しい世界

txt:江夏由洋 構成:編集部 新しく発売された4KレコーダーAXS-R7とX-OCN PMW-F55のレコーダーとして新しく発売されたAXS-R7。RAWのみなら... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.29 DJI Osmo+Zenmuse X5R〜DJIが切り開く世界を探る

txt:江夏由洋 構成:編集部 昨年10月、DJIは同社の空撮用ジンバルカメラZenmuse Xシリーズをハンドヘルドでオペレーション可能にする「Osmo」をリリースした。ミ... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.27 Adobeが描く無限の未来

txt:江夏由洋 構成:編集部 メジャーアップデートを果たしたAdobe Creative Cloud 先日六本木のEXシアターで行われたAdobe CC 2015... 続きを読む

WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。2017年よりアドビ公認エバンジェリスト「Adobe Community Evangelist」に認定。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DigitalGang!]Shoot.28 EOS C300 Mark II〜4Kフォーカス機能の新たな時代へ〜