PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [Point of View]Vol.72 Netflixサービスイン直前グレッグ・ピーターズ社長インタビュー

News

[Point of View]Vol.72 Netflixサービスイン直前グレッグ・ピーターズ社長インタビュー

2015-08-28 掲載

txt:太田禎一 構成:編集部

いよいよ来週9月2日にサービスを開始するNetflix。世界50ヵ国以上で6,500万人を超える会員を抱える月額定額制インターネット映像配信サービスがやってくる。サービスインを目前にNetflix周辺が盛り上がりを見せている。ソフトバンクでの決済や先日芥川賞を受賞したお笑い芸人又吉直樹の「火花」を映像化しNetflixにて独占配信など、日本でのオリジナル配信番組も続々と発表されている。PRONEWSでは、日本でのサービスの展開をどう考えるか?再度直前にNetflix日本法人代表のグレッグ・ピーターズ氏に話を伺った。

――なぜこのタイミングで日本市場に参入を決めたのですか?

ピーターズ氏:アジアにおいて日本から参入を始めるのは、そのマーケットの大きさと、ブロードバンド環境やペイメント技術など、インフラが整備されていることが大きな理由ですが、もうひとつ重要なのは、日本のユーザーが素晴らしいコンテンツを愛していると感じたからです。

加えて、素晴らしいストーリーを生み出す日本のクリエイターと一緒に仕事ができることに魅力を感じました。日本発のストーリーの多くがまだ映像というかたちになっていなかったり、海外のユーザーに届けられていない現状があります。

――たしかに日本ではブロードバンド環境がいきわたっていますが、こと動画の視聴となるとそもそもTVのインターネット接続率が低かったり、類似の動画配信サービスが必ずしも成功していないという事実があります。なんらかの戦略が必要だと思うのですが?

ピーターズ氏:日本でTVのインターネット接続率が低いのは承知していますが、その理由は今まで繋げたいと思わせるようなサービスがなかったからだと考えています。これまでに参入した地域でも当初は10%~15%といった低い接続率でしたが、Netflixの認知が高まるにつれて接続率も上がっていったんです。

我々も、日本でサービスを開始する時点でいきなり何百万台ものTVがインターネットに繋がるとは考えていません。認知をあげていく努力が必要です。ただ自信を持っていえるのは、ユーザーがその準備ができたとき、Netflixは最高の体験をお届けできるだろうということです。

――現在Netflixに注目しているのは主に意識の高いアーリーアダプター層ですが、ビジネスのボリュームを考えるとレイトマジョリティー層への訴求も必要になってくると思われます。例えば視聴データの活用などユーザー拡大のためになにか具体的な施策を考えていますか?
POV72_001

ピーターズ氏:ご指摘のように、すでにインターネットに接続されたスマートテレビをお持ちだったり、SVODサービスを認知しているようなアーリーアダプターからNetflixの普及は始まっていくと思います。そういった方々がNetflixが提供する良い視聴体験について友人、家族、同僚などに口コミで伝えていただき、認知が広がることを期待しています。よい口コミを得るには視聴体験のクオリティに投資していくことがなにより重要です。

そして幅広いユーザーにリーチするためにはコンテンツの幅も可能な限り広げていかなければなりません。マジョリティー層のユーザーに喜んでもらうために追加するコンテンツは、初期のアーリーアダプター層が好むタイプのものとは異なっているかもしれませんね。

視聴データの活かし方については仮説-実行-評価-修正のサイクルを徹底的に反復するアプローチをとります。成功のための方程式があるわけではなく、勘や推測に頼る部分が多いのです。そして実行したらひたすら修正、そして修正。我々はデータは持っていますが、データ自体がどこに向かうべきかを指し示してくれるわけではないんです。

若きクリエイターのための登竜門となりうるのか?

――コンテンツを制作するクリエイターのなかでも、まだ無名な学生をはじめとする若い人たちを手助けすることもNetflixとして重要な取り組みなのではないかと思いますが?
POV72_003

ピーターズ氏:我々がフォーカスすべき役割は、グローバルな配信プラットフォームを整備してクリエイターのためのエコシステム全体を創ることだと考えています。若いクリエイターが活躍する場や認知を高めていく仕組みはすでにYouTubeなどの動画プラットフォームで整備されていますからね。キャリアのステージによって活躍するプラットフォームを使い分けるという意味ではNetflixはクリエイターのキャリアが成熟したあとに関わるプラットフォームだといえるのかもしれません。

もちろん無名でも若くても才能があるクリエイターとなら一緒に仕事をしたいです。クエンティン・タランティーノ氏がレンタルビデオ店のバイトから映画監督になったようにね(笑)。実際に、ずっとYouTubeを使って映像を発表していたクリエイターが、いまNetflixのために制作をしているというケースもあるんですよ。

――たしかにマンガなど日本発の魅力的なストーリーが多く存在するのはわかりますが、こと映像化となると米国と比べると見劣りしてしまいます。実際それほど多くの優れた才能が国内に存在するとは思えませんが?

ピーターズ氏:私はそういったアイデアやストーリーが存在すること自体がすごいのだと思っています。独特な世界観を深遠なかたちで提示するクリエイターたちがいるのです。一方で映像アーティストの育成は必要だと思いますが、それには時間もかかるでしょう。私は全世界のクリエイターが得意なものを持ち寄って繋がること、そのプロセスを効率化するところにもNetflixが貢献できると考えています。そこに大きな可能性があると信じています。理想論に聞こえるかもしれませんが、やはり理想は持つべきですよ(笑)。

――これまでの日本の有料TV放送のキラーコンテンツはスポーツと音楽でした。Netflixがそれらの分野を手がけることはあるのでしょうか?

ピーターズ氏:我々のビジネスモデルは既存の有料TV放送とは異なるためやらないでしょう。ですが、音楽であれば、音楽「関連」のコンテンツは提供していますよ。ニナ・シモーン「What Happened, Miss Simone?」や、キース・リチャーズ「Under the Influence(9月世界公開)」のNetflixオリジナル製作のドキュメンタリーなどですね。絶対にスポーツと音楽をやらないかと聞かれると、ビジネスに絶対はないのでそこまで言い切りはしません(笑)。

――NetflixはTVの大画面での視聴に注力しているようですが、いまや若い人たちはTVの前には座らず、スマホの小さな画面で動画を見て満足しているようです。そういった若い世代への対応は考えていますか?

ピーターズ氏:大画面に限らずさまざまなかたちでNetflixのコンテンツを楽しんでいただきたいと思っています。私の世代ではスマホはキツいから、ビール片手に大画面で映画を楽しみたいと思う人が多いかもしれません。

一方で外出先の空き時間に10分間だけドラマを観たいという人もいるでしょう。家にいても家族と一緒ではなく、お気に入りの映画をタブレットで独り占めしたいときもあるでしょう。世代論というより、コンテンツの楽しまれかた自体が変化してきているのだと思います。大事なのはユーザーに選択肢を提供することなんです。


txt:太田禎一 構成:編集部

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2015-08-28 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Point of View]Vol.77 アドビのプリンシパルカラーサイエンティスト、ラース・ボルグ氏にHDRの今後の動向を聞く

アドビのプリンシパルカラーサイエンティストのラース・ボルグ氏 色のエキスパートボルグ氏にHDRを訊く 2017年6月1日~2日に東京・千代田の秋葉原UDXで行われたAf... 続きを読む

[Point of View]Vol.76 すべてAdobe Premiere Proで制作した映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど」トークセッション開催

アドビは5月15日、東京都港区のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場でAdobe Premiere Proによって全編編集された「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」(... 続きを読む

[Point of View]Vol.75 移動式プロジェクションシステムでミュージックビデオ撮影

txt:奥本 宏幸 構成:編集部 難易度高めのリクエストに応えるために! 花粉症の歌を作ったので、女の子主演でマスクにプロジェクションマッピングをするミュージックビ... 続きを読む

[Point of View]Vol.74 今が買い!2017年コンパクトスイッチャー対決

txt:小寺信良 構成:編集部 今あるコンパクトビデオスイッチャー総比べ 去る2017年3月13日、プロ用ツールの販売でお馴染みPROGEAR半蔵門にて、「コンパクトビ... 続きを読む

[Point of View]Vol.73 タケナカが創り出す月光に漂う海の世界〜新江ノ島水族館「ナイトワンダーアクアリウム2016~月光に漂う水族館~」

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 えのすい×タケナカが表現する“相模湾”とは? 相模湾ゾーン/岩礁水槽「魚たちとの夢がはじまる」 7月16日か... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [Point of View]Vol.72 Netflixサービスイン直前グレッグ・ピーターズ社長インタビュー