<?php wp_head(); ?>

PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 安藤幸央 > [SIGGRAPH ASIA 2015] 神戸で開催されたSIGGRAPH ASIA 2015を振り返る

News

[SIGGRAPH ASIA 2015] 神戸で開催されたSIGGRAPH ASIA 2015を振り返る

2015-11-13 掲載

神戸国際展示場レジストレーション会場
txt:安藤幸央 構成:編集部

第8回目となるSIGGRAPHのアジア版、神戸で開催

SIGGRAPHは世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会である。そのSIGGRAPHのアジア版、第8回目となる「SIGGRAPH ASIA 2015」が、2015年11月2日から11月5日の4日間、神戸で開催された。

SIGGRAPH ASIAが日本で開催されるのは2009年に横浜で開催されて以来。今回の神戸開催では、横浜開催時よりも多い、世界49ヶ国から約7,000人の参加者があった。日本各地からの参加者はもとより、中国、韓国、台湾、マレーシア、シンガポールなど、アジア各国からの参加者も多く、大変な盛り上がりであった。海外からの参加者はKOBE Beaf(神戸ビーフ)で神戸のことを知っていた人も居たようだ。

SIGGRAPH ASIAは米国で開催される本家SIGGRAPHと比べて規模は半分ほどであるが、ディズニー&ピクサーなど、第一線で活躍するアーティスト、世界で活躍する研究者らの数多くの発表が充実しており、同じ時間帯のセッションのどれに参加するのか悩むほどであった。

今年のテーマは“[RE]volutionary”「革命的な」というもので、“[RE]”が強調されていることからも、過去に研究されていたことや、過去のノウハウを再度見直して、新しいものを作ろうという、昨今のVR(バーチャルリアリティ)ブームの再来を喚起させるものとなっている。

コンピュータアニメーションフェスティバル

Computer Animation Festival予告編

世界各国からのCG作品を集めたCAF(コンピュータアニメーションフェスティバル)では、映画の特殊効果映像や、ヨーロッパやアジアからの新しい短編作品を観ることができる。今年は特にアート系専門学校からの学生作品の投稿が多かったとのこと。


■Best in Show(最優秀賞)

タイトル:Chase Me
制作:Gilles-Alexandre Deschaud[フランス]

メイキング

この作品は、絵コンテから3DCGデータとアニメーションを作成し、そこから約2,500体のキャラクターを1コマ1コマ3Dプリンターで出力したものを使ったストップモーションアニメーション。一般的に入手できる家庭用の3Dプリンタを用い、背景や風景もほとんどが3Dプリンターで作られている。3Dプリントアウトには10ヶ月間、約6,000時間、プリンターが動きっぱなしだったとのこと。総制作期間は約2年という、驚くべき手間のかかった作品だ。


■Best Student Project(学生奨励賞)

タイトル:Natural Attraction
制作:Marc Zimmermann(監督)Pablo Almeida(プロデュース)[ドイツ]

siggraph-asia-2015_natural-attraction-post

この作品は、ドイツの映画学校Filmakademie校出身の監督本人の卒業作品として作られたもの。自然の魅力や美しさ、厳しさを描いた作品だ。デジタル技術で、感情を視覚化し、表現することに注力した作品。


■Jury Award(審査員特別賞)

タイトル:Afternoon class
制作:Seoro Oh’s[韓国]

学校の午後、眠い時間の様子をコミカルに描いた作品。ものすごい眠い時の幻覚のようなものを、的確にCG映像で表現したもの。これを見ると、学生時代の眠かった授業を思い出すかもしれない。


■Rhizomatiks によるプレショー
siggraph-asia-2015_elevenplay プレショーの様子(株式会社ライゾマティクス真鍋大度氏のInstagramより)

初日のシアター上映の前に、株式会社ライゾマティクスの真鍋大度氏らによる、プレショーが開催された。プレショーの舞台には24台のLEDライトを搭載し、コンピュータ制御されたドローン(複数のプロペラを持ったラジコンヘリ)と、ドローンの位置を検知するための多数の光学式モーションキャプチャ機器が配置されていた。内容は、三名のダンサー(elevenplay所属)と、24台のドローンが輝きながら連携した動きとダンスを繰り広げるというもので、そのシステムの複雑さを分かる観客でもあったため、会場のため息を誘っていた。以前から、ドローンとダンサーの組み合わせで数々の演出(振付、演出はMIKIKO氏)がなされてきていたが、24台のドローンが連携したものは、今回が初お披露目だったとのこと。

siggraph-asia-2015_vicon 開始前、ステージにドローンが待機しているところと、キャプチャ用のVICON T160

論文発表

今年のSIGGRAPH ASIA 2015の論文プレビュービデオ

SIGGRAPHの主軸は、論文発表であり、コンピュータグラフィックス関連はもとより、動画処理や画像処理、3Dプリンタ関連などの研究は数多く発表される。それらの研究開発内容は、数年のうちに製品に組み込まれたり、ツールとしてリリースされることが期待される。


■Real-time Expression Transfer for Facial Reenactment

リアルタイムの顔の表情の差し替えが行える技術。元素材として、実写の顔映像が必要であるが、まったく表情を変えない、素材となる人の顔映像が、もう一人の表情豊かな変化が自然な表情で刺し変わるのに驚く。注意深く見れば、若干の不自然さを見つけられるかもしれないが、説明を受けなければ実写映像としか思わない自然さを持った、顔差し替えの技術だ。


■Fast computation of seamless video loops

自然なループビデオを作成する技術。例えば滝の映像など、ループしやすい動画映像でも単純に数秒ループさせるだけではすぐ不自然さに気づき、映像がループしていることに気付いてしまう。本研究は、適度にランダムな要素を混ぜ合わせつつ、まるで長時間撮影し続けたような動画映像をループ生成することのできる技術。同様の技術は従来も研究されてきたが、違和感の無さが大幅に改良されている。背景や風景の動画素材活用として期待される技術だ。


■Video Diff
siggraph-asia-2015_videodiff

コンピューターのコマンドで、ファイルとファイルの違いを見つけるためのdiffというコマンドがあり、本研究はある動画映像と、ある動画映像の微小な差異を見つける動画版のdiffツール。例えば、ゴルフのショットで飛距離がのびた動きの動画と、飛距離が伸びなかった時の動きの動画をタイミングをあわせて見比べ、どこの動きが違ったのかを確認することができる。他にもバスケットのショットで失敗したものと、うまくいったものを比較したり、スポーツ分野や、映像監視の分野で様々な応用が広がる研究だ。


High-Quality Hair Modeling from A Single Portrait Photo
siggraph-asia-2015_relief-teaser

1枚の写真から、髪の毛の3Dモデルを作成する技術。ウェーブのかかった複雑な髪の毛からもレリーフのような3Dデータを作ることができる。


■Legolization: Optimizing LEGO Designs

どんな画像も、LEGOブロックで表現できるようにする技術。ある素材を元に構造や強度なども考えた上で、LEGOブロックで構築できるよう部品を選択する。従来はプロのLEGOビルダーしか作れなかったような複雑で大きなものも作れるよう指南してくれる。現在は、ある特定の個体だけであるが、この技術を活用してストップモーションアニメーションの制作なども期待される。


■An Interactive Tool for Designing Quadrotor Camera Shots

数枚の網羅性のある写真画像から、ドローンで撮影したようなフライスルー動画映像を作ることができる技術。ドローンで撮影済みの素材から、視点位置を変えて再編集するようなことにも使える技術。


■Real-Time Pixel Luminance Optimization for Dynamic Multi-Projection Mapping

石膏像のような素材へ、複数のプロジェクタで輝きや反射の質感も含めて投影するプロジェクションマッピング手法。元は石膏像なのに、金属質感など、CGっぽい表現が可能。単に映像を投影するだけでなく、白飛びしたような輝きの成分も考慮しているところが特徴だ。


Visual Transcripts: Lecture Notes from Blackboard-Style Lecture Videos
siggraph-asia-2015_trans

動画映像に向いた読み易い、新しいタイプの字幕の提案。数学の教材を黒板に書いているような、時間軸のある内容を字幕化するのに最適な方法だ。

8Kディスプレイ展示

siggraph-asia-2015_PB045741 siggraph-asia-2015_PB045749 siggraph-asia-2015_PB045760

その他、NHK技研とシャープの協同開発の、HDR(ハイダイナミックレンジ)対応の85型8K液晶ディスプレイが、セッション会場内でお披露目された。「北斎ジャポニズムの世界観」という8K撮影された実写映像と、Unityを活用したリアルタイム表示のデモであった。デモの開発は東京電気大学高橋研究室作成、コンピューターはELSA Japan提供とのこと。

映像体験の没入感も驚異的なものであったが、8K液晶の各ピクセルが見えないほど小さいため、何か映像を見ているというよりも高精細なポスターを見ているような感覚になり、映像表現やデジタルアートの表現も新たな領域に進化したと思わせるものであった。CG制作系、映像制作系の人達にとっては4Kでも苦労しているのに、8Kなんてとんでもない!と言われているそうだが、単に解像度が増えたことだけではなく、新たな表現、新たなビジネスチャンスがあると考えて欲しいそうだ。

実際、ハイビジョンテレビであれば理想的な映像画面と視聴者の距離は画面の高さの3倍と言われているが、8Kディプレイの場合、画面の高さの0.75倍ほどの近距離でも視聴体験が損なわれない。かなり近い距離で動画像を見ることができ、立体視ではないのに、圧倒的な没入感が感じられるのだ。

総括

今回もまた、コンピューターグラフィックスの応用分野が広がってきたことと、VRの技術やコンテンツ、パノラマ映像の機材やコンテンツがこれから伸びていく気配が感じられたSIGGRAPH ASIA 2015であった。来年夏のSIGGRAPH 2016は米国アナハイム、SIGGRAPH ASIA 2016はマカオで開催される予定だ。


WRITER PROFILE

安藤幸央 無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。


[ Writer : 安藤幸央 ]
[ DATE : 2015-11-13 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Report Now!]NHK 第48回番組技術展〜現場の創意工夫からみえたこれからの放送とは

txt:稲田出 構成:編集部 放送現場のアイデアから生まれる技術を紹介 2月11~13日の3日間、東京・渋谷のNHK放送センター正面玄関ロビーにおいて全国各地の... 続きを読む

[Report Now!]ローランド新製品内覧会2018。新製品「XS-42H」「VP-42H」などを展示

注目の新製品「XS-42H」「VP-42H」を初お披露目! 10月3日、東京・秋葉原のローランド東京オフィスにおいて「ローランド新製品内覧会2018」が開催された。今回は社内... 続きを読む

[Report NOW!]「そうかえん」スカパー8Kライブパブリックビューイング実験をスカパーが行う理由

txt・構成:編集部 富士総合火力演習「そうかえん」で行われたスカパー!の試みとは? 陸上自衛隊が毎年8月に行う、富士総合火力演習「そうかえん」。戦車等が実弾射撃すると... 続きを読む

[Report NOW!]進化する8K。テニス全仏オープンでフランステレビジョンが行った「テクノロジーデモ」とは

txt・構成:編集部 全仏オープンでの8K制作 8Kデモの様子 テニス4大大会の一つである、全仏オープンが5月21日から6月10日まで開催された。国内注目の大... 続きを読む

[VidCon2018]Vol.02 VidCon耳寄り情報~Project Rushだけじゃない!更なるPremiere Proの展開に期待!

txt:小林譲 構成:編集部 前回のVidConレポートにてAdobeの“Project Rush”などの話題を取り上げたが、AdobeはこのコンベンションにてPre... 続きを読む

WRITER PROFILE

安藤幸央 無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 安藤幸央 > [SIGGRAPH ASIA 2015] 神戸で開催されたSIGGRAPH ASIA 2015を振り返る