PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 石川幸宏 > [ゴルディアスの結び目-Gordian Knot-]Vol.21 公開出来ない映像がもつ深い意味とは…~震災後の弱者の未来に光を当てるドキュメンタリー映像~

News

[ゴルディアスの結び目-Gordian Knot-]Vol.21 公開出来ない映像がもつ深い意味とは…~震災後の弱者の未来に光を当てるドキュメンタリー映像~

2015-12-29 掲載

txt:石川幸宏 構成:編集部

そして今年も暮れていく2015

4K、8K、HDR、IPといった先端映像技術に終始しながら、今年もInterBEEが終わって1ヶ月が過ぎようとしている。個人的な感想としては、ハイエンドとローエンド、もしくは知ってる人と知らない人、必要のある人とない人など、様々なレベルでの必要技術の細分化が進行していて、各製品の市場も今まで以上に細くなりつつあること。そして高解像度化への技術進展に対して、その投資に本当に意味があるのか?高解像度=高画質なの?利益は確実に産めるのか?といった、疑心暗鬼もしくは暗中模索のなかの懐疑的な念が随所に感じられたことだろう。とはいえ、この業界は技術革新あっての業界である。これまでもそうだったように立ち止まることはないだろうし、誰かが足りない何かを補完/補正しながら、さらに進んでいくのだ。

そんな年間最大行事とも言える嵐が過ぎ去った静寂の中で、ふと考えてみたことがある。先端テクノロジーが支えている映像は、本来どういうものであるべきか?本当にその技術は撮るべき残すべき映像のために活かされているのか?もちろん何を撮るにせよ良い映像であることには意味はあるのだが、昨今はあまりに最新技術ありきの映像ばかりに気を取られているように思えてならない(自身の職業柄もあるが…)。

伝える手段としての映像は、我々の生活にとっていまや大きな意味と価値を持った。しかし、テレビにも思想統制的な報道規制とも思われる圧力がかかったり、IP化が進んだとしてもネットですら表現が制限されるような時代である。本来の映像が持つ『伝える力』は、現在の日本で本当に機能しているのだろうか?12月18日(金)18:30、多くの映画ファンが「スター・ウォーズ」の最新作の封切りに向かって行くのを横目に、同じタイミングで全く異なる志向の映画上映会に参加した。実はこちらのほうが強い“フォース”を感じたからなのだが!(笑)。冗談はさておき、そこで目にしたのは、上記の懸念を払いのけてくれる真の映像力だった。

震災当時、そしていまを伝える被災地の映像

その上映会とは、東日本大震災後の東北の子供たちの記録を追った3本のドキュメンタリー短編映画のチャリティー上映会だった。上映の目的は、福島県いわき市にある児童福祉施設「いわき育英舎」の子供たちにクリスマスプレゼントを贈る寄付を募りたいという主旨である。

GK_21_01 12月18日に行われたチャリティー上映会には、狭い会場に満員の30名近い来場者が訪れた

この日、上映された映画は震災後に撮られた3本の短編ドキュメンタリー作品だ。1本目の「今、つたえたいこと」(2011年 25分 制作:きっと わらえる 2021製作委員会)は、震災の数ヶ月後に東北各地の被災地に住む小中学生の子供たち自身によるビデオメッセージで監督・撮影で制作された作品。2011年の東京国際映画祭で特別上映された作品でもある。子供たちの、多くのボランティアや復興支援への感謝の気持ちが生の声として収められたものだ。

GK_21_05 株式会社いまココの代表取締役 井手広法氏の郷里である佐賀県の伊万里市で映像制作ワークショップを行った時に、「今、つたえたいこと」を見せた時の感想を、小学生たちに伝えてもらった時のドキュメント。福島と同じく彼女の住んでいるところからほんの30kmのところに玄海原子力発電所があり、同じような恐怖を感じていると話す

2本目の「ぼくらのゆめ」(2012年 19分)も、同年代の子供たち自身の手による作品。震災後、福島と同等の被害を受けながらあまり注目されなかった茨城県北茨城市の子供たちからのメッセージとして、一年後も震災復興に日々を追われる中で感じているこれからの自分の夢と、自分たちの町をどう復興させたいか、そして10年後の自分の姿の想像と未来の自分たちへのメッセージを、子供たち自ら素直に語ったドキュメンタリー作品である。

GK_21_02 宮城県気仙沼の小学校5年生たち。2012年当時の気仙沼は、まだ海岸沿いの地域がヘドロによりむせ返るほどの臭気に満ちており、マスクなしに撮影を行うことは困難だった。そんな中を毎日通学し、被災した自分たちの街を自分たちの手で復興したい!と願う子供たちが大勢いたという

3本目の「おいでよ!東京」(2013年 21分)は、2012年から毎年開催されている児童養護施設の子供たちを支援するための、あるプログラム/イベントの一日を綴ったもの。東京・豊洲にあるキッザニア東京に子供たちを招待し、初めての新幹線に乗って東京にやってきて、様々な仕事体験とお台場の広場でのびのびと走り回ってもらおう、という311の大震災をきっかけに設立された、東北の児童養護施設への支援を行っているNPO団体「BLUE FOR TOHOKU」が企画するイベントを記録したものだ。

GK_21_06 「おいでよ、東京」2013年開催時の東京・豊洲での集合写真。施設の子供達は、別れる時間が迫ってくるにつれ、それまで仲のよかった大人たちに対して一様によそよそしくなっていく。最初その理由は分からなかったそうだが、子供達と深く接していくうちに別れる辛さを自身の体験から解っているので、それを出来るだけ味あわないように段々距離を取る。自己防衛本能ともいえる態度を、子供達は誰に教わることもなく、ほとんどの子たちが同じ反応をするという。そんな中での記念撮影だった GK_21_07 BLUE FOR TOHOKUは、東日本大震災をきっかけに発足した、震災遺児を含む児童養護施設への支援を行うNPO法人。被災地以外の町で暮らす人々が食事や買い物をすることで自動的に被災地支援が行えるような経済システムを構築したいとの思いで立ち上がった有志で結成された

一般公開が出来ない現実

この作品を制作・監修し、上映会を企画したのは、株式会社いまココの代表取締役 井手広法氏だ。井手氏といえば、映像業界で知っている方も多いと思うが、いまから13年前、Panasonic AG-DVX100が発表された2003年当時に、インディペンデント映像分野の推進を促すデジタル映像工房として設立された“Studio DU”の代表でもあり、それ以後のデジタルビデオでのインディペンデント映像制作を長期にわたって広く推進・発展させる一翼を担ってきた方でもある。

その井手氏があの311の大震災を機に、被災地の子供にフォーカスした映像作品を撮り続けている。その理由は何だったのか?

井手氏:まず「怒り」と「贖罪」という2つの大きな理由がありました。311の一週間後、まずは自分がやれることは無いか?ということでボランティアとして現地に入ったのですが、あのような緊急時にも関わらずの現地の行政の杓子定規な対応や、もしもの時のために作られた巨大な給水タンクがいざというときに単なる邪魔になって、目の前でそれを穴をあけてキレイな水を流さざるを得ないといった、自分ではどうにも出来ない「怒り」があらゆるところでありました。

「贖罪」の念は、自分の目の前にいる子供たちを助けることが出来なかったこと、線量の多い地域で通学する女学生に、申し訳なさそうに大量のレインコートが欲しいと言わせてしまうことなど、自分たち大人がしてきたこと、これって一体何なんだ…と思いました。現地での様々な「自分はなんてことをしてしまったのか?」という体験がありました。そのうちに自分の中で何か出来ないかという中で、自分が「映像」という武器を持っていたことに気づいたのです。

GK_21_03 井手氏が最も思い出に残る写真で、この企画を立ち上げてワークショップが出来る学校を探し回り、やっと決まった岩手県久慈市にある小学校での最初のワークショップの一コマ

各作品の中では子供が主役であり、撮影・監督も井手氏ほかスタッフの指導のもと、子供たち自らが行っている。

井手氏:「今、つたえたいこと」では、子供たち自身の言葉の中で「ありがとう」という言葉が多く出てきます。震災で全てを失った中で、今まで親や社会に与えられていたことに改めて気づき、震災直後の食糧や物資がない中で、全国や世界の各地からの支援やボランティアに対して心からの感謝の気持ちとして、自然に出てきた言葉として「ありがとう」が出てきました。この映像を撮るとき、出来るだけ何かの演出は加えず、まずは彼らの声に耳を傾けようという姿勢でつくられたものです。

「おいでよ、東京」は、日常の生活が施設と学校の往復しかなかった子供たちにとって、新幹線に乗って東京にきて、キッザニア東京で色々な職業体験をし、豊洲の海辺の広場で思いっきり遊ぶ子供たちの一日の姿を綴ったもの。この撮影・編集等はプロが行ったものだが、映像の中に出てくるテロップは、撮影時の音声からテキストを書きおこさなければならない。

井手氏:この作品のテロップおこしの作業を養護施設の一人の女の子に行ってもらい、その費用を制作費からギャランティとして支払いました。自分のやったことがお金になるということも理解して欲しかったし、そういうクリエイティブな仕事も世の中にはあるんだ、ということを知って欲しかった。

このイベントの目的は一般的な仕事体験もあるのだが、実は児童養護施設にいる子供たちは18歳になると施設を出なければならず、施設を卒業後7割以上は、経済的弱者という立場からブルーカラーの職業へとその行き場が限られてしまうという。

井手氏:子供たちはその親たちから人格やその存在を否定され、徹底的に傷ついている子供達が多くいます。そのせいか基本的に人生に対してネガティブな感情を持っている子供が多く「どうせ自分は…」と何事に対しても前向きに考え、行動することが難しいのです。高校を出ても、その先の自分の人生の設計図を描くことができません。

結果、国から保障される18歳までという期限を過ぎ、施設から否が応でも独り立ちを強要された彼らの行く先は、男子はとりあえずブルーカラーの仕事、女子は事務員、もしくは旅館の仲居さんや、ウェイトレスなどで、本人たちが希望する「先生」や「デザイナー」になりたいという念願の就労先は見つからない場合が多いのです。田舎に住んでいる若者の憧れである「東京に行って、一人暮らしをしたい」というのは夢のまた夢なのであり、そのわずかな夢の可能性も持たせられぬまま、挙げ句の果てに中には、清掃業とは名ばかりの福島原発の除染処理作業現場へと送られてしまうケースもあるのです。

そうした事態は今後ゼッタイに避けたいと井手氏は強い口調で語る。

GK_21_04 「ビデオはおろか写真すらとったことがない子たちに、一からビデオカメラの使い方を教え、一緒に被災した場所に行って撮ったことは忘れられません」と語る、井手広法氏

これらの作品は、ドキュメンタリー映画のコンテストがあれば、間違い無く感銘し、何かしら受賞するであろう映像作品である。本当はここにリンクを貼って、PRONEWSの多くの読者にも見て頂きたいし、静止画でもその映像を少しでも紹介したいところだが、残念ながら「おいでよ、東京」については、一般に公開することはできない。この上映会のようなクローズドな環境以外で見ることは出来ないのである。

それはなぜか?それはそこに映っている子供たちが、その存在を公開されてしまうことで、心ない親たちの「商材」、もしくは新たな「犠牲」となってしまうからだ。震災孤児/児童養護施設と聞くと、我々は地震や津波で肉親を失った子供たちが多くいると想像しがちだが、実はその子供たちの多くが育児放棄や虐待、もしくは子供を使った強制不当労働などで虐げられてきた子供が多いのである。心ない大人たちから切り離され、犠牲となって心傷ついてやってきた子供たち。

もちろん震災が理由で家庭生活が立ち行かなくなり、そうしたケースに至った場合も多いのかもしれない。このような事情の家庭は震災後に増えており、虐待や育児放棄も増えていると聞く。しかし残念ながら今の日本の法律では、親子の縁というのは完全に切り離すことができない。こうした映像が公開されてしまうと、それを見たことで子供を商材として強請(ゆす)ってきたり、子供を取り返しに来たりする。最終的にその犠牲になるのはやはり最弱者である子供たちなのだ。

また良縁の養子縁組などがない限り、なかなか大学進学までは難しいのが現状の養護施設の子供たちをもっと不幸にしているのは、「施設の子供だから」という表に出てこない隠れた差別も多くある。メディアなどではほぼ流れてこない表に出ない事実が、この映像の裏には隠されている。

まだ長期の闘いとなる復興と映像コンテンツ

今回の上映会が支援した児童養護施設「いわき育英舎」。福島第一原発から30.5kmのところにあるこの施設にはさらに特別な事情がある。ギリギリ30km圏内ではないということで、避難勧告こそ出ていないが、と同時に原発事故の保障にまつわる様々な支援金や見舞金も巡ってこない。かといってたった500mで放射線量が急激に減るわけでもなく、施設では実際に高い線量が確認されている。

さらに施設の建物は地震の被害で大きく損傷して住むことも難しいが、この5年間建て替えることも出来なかったという。この年末にようやく新しい施設が出来上がるようだが、施設の修繕費用は国が保障するが、その間、近場の廃業となった旅館に身を寄せている費用は施設側が持たなければならず、その費用も大きな負担だ。こうした社会的弱者の憂き目の、その真っただ中で懸命に生きている子供たちのためになにか出来ないか?ということで企画された上映会なのである。

GK_21_08 上映会当日は、心とカラダに優しい手料理を囲んで懇親会も行われた

今後もこうした上映会を通じて支援活動を行って行きたいと井手氏は語る。

井手氏:ここにきて、過去の作品を再度上映することに何の意味があるのか?と、批判される事を考えながら来場者のみなさんの意見を伺ったのですが、一様に「あの時の感覚を忘れてはいけない」とのご評価を頂きました。まさに自分もそのように考え、あえて最初の作品を選びました。いい作品かどうかはわかりませんが、ここに記録されている子供達の言葉は本物です。

筆者自身、311の震災当時に考えたのは復興するまでに長い闘いになるな、ということだった。震災当日は10年、いや20年と思ったが、原発事故が起きてからは30年、いや50年以上は覚悟して復興を支えて行くべきだと思った。難しいのはその復興作業が、とてもデリケートな作業と強靭な精神力を伴うということ。最初に意気込んでボランティアに参加された方も、長期の復興作業から無力感が積み重なり精神的に追い込まれ、実際に自ら命を絶つ方も多発していると聞く。井手氏も実際にそのような経験を持ったという。車には支援物資を満載しているにも関わらず、積み重なった精神的な重圧からくる精神と肉体の疲労でどうにも身体が動かなくなったそうだ。

今の震災復興への、国の情勢はどうだろうか?いまや震災のことは忘れ去られようとしている風潮があちらこちらに見受けられるのではないか?まだ何も終わってもいないし始まってもいないのに、である。

こうした埋もれそうな震災後の隠された現状を、その空気感としてそのまま残し、伝えて行けるメディアは「映像」だけである。1~2年のはずだった仮設住宅の暮らしは5年経った今でも続いている。仏壇の鐘も近隣を気遣って鳴らすことが出来ないような住宅状況など、状況はさらに悪化している。いま被災地ではようやく様々なネガティブ・フィードバックが始まっている。

今だからこそ、そういう現状を「映像」こそが、様々な形にして伝えていかねばならない時期がきているのではないか?4K、8K、HDRも大いに結構なのだが、伝えて広めること、その結果、何かを少しでも変える方向へその技術を向けることも、これからのこの国の映像進展として、大切な方向性なのではないだろうか?と強く思う。

復興にはこれからも多くの人が関わるべきで、実際に現地ボランティアなどに参加していない私自身も、やがて自分の出番が来る(=自分が出来ることが見えてくる時期がやってくる)と考えている。映像ができること、撮るべきものはまだまだ沢山あるはず!そんなことが頭の中で駆け巡っている、2015年の年の瀬である。


WRITER PROFILE

石川幸宏 映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。


[ Writer : 石川幸宏 ]
[ DATE : 2015-12-29 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[ゴルディアスの結び目-Gordian Knot-]Vol.23 シネマカメラ設計開発の未来を育む、ソニー社内の撮影現場体験セミナー

All images courtesy of 2016 Seki Kazuyatxt:石川幸宏 構成:編集部 スペックだけでは推し量れない機材とその使い方 高解像度化、大判... 続きを読む

[ゴルディアスの結び目-Gordian Knot-]Vol.22 一般にも拡大する4K映像と高解像度視聴への進展〜CP+特別編

txt:石川幸宏 構成:編集部 多様化しながら進化している4Kに注目 CP+2016会場では多くの映像・動画関係の新機材、ソリューションの展示も行われていたが、今年大き... 続きを読む

[ゴルディアスの結び目-Gordian Knot-]Vol.20 シネマカメラの展望〜EOS C300 Mark II デモ映像「letters」撮影の現場から〜

txt:石川幸宏 構成:編集部 写真:© 2015 e-Motion Photographers 3年半の時を経て"EOS C300 Mark II"いよいよ登場 ... 続きを読む

[ゴルディアスの結び目-Gordian Knot-]Vol.19 ソニー業務用4KマスターモニターにHDR機能が搭載

「価値ある真の高画質とは何か?」の解答がここにある?!次に目指すべき高画質映像の幕開け そもそも高画質とは何なのか?4K、8Kといった解像度が上がれば、それが高画質なのだろう... 続きを読む

[ゴルディアスの結び目-Gordian Knot-]Vol.18 生まれ変わったPHL(パナソニック ハリウッド研究所)にみる、パナソニックの新シネマ戦略

米カリフォルニア州ハリウッドから、ハリウッド・フリーウェイ(101号線)を5kmほど北上したユニバーサル・スタジオのすぐ近くに、パナソニックの映像研究機関の米国拠点である、Pana... 続きを読む

WRITER PROFILE

石川幸宏 映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 石川幸宏 > [ゴルディアスの結び目-Gordian Knot-]Vol.21 公開出来ない映像がもつ深い意味とは…~震災後の弱者の未来に光を当てるドキュメンタリー映像~