PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.65 「並ぶ事に意味がある」スター・ウォーズ公開2週間前から並んだ人々

News

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.65 「並ぶ事に意味がある」スター・ウォーズ公開2週間前から並んだ人々

2016-01-05 掲載

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を上映する、ハリウッドのTCLチャイニーズ・シアター
取材/文:鍋 潤太郎

はじめに

米国時間12月18日、全米で「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(以降、スター・ウォーズ)が公開された。この「スター・ウォーズ」は、全米公開最初の週末3日間(12月18日~12月20日)で$247.9million(日本円にしておよそ300億円相当)を売り上げ、「公開最初の週末売り上げ歴代第1位」の記録を更新した。また、世界同時公開によるワールドワイドな売り上げは$524.9million(635億円相当)に達した。

世界同時公開という事もあり、この映画を既にご覧になられた読者の方が大多数なのではないだろうか。

…さて、今回のコラムは不思議な事に、「スター・ウォーズ」の作品そのものに関した内容ではない。この映画の為に、わざわざ公開の2週間も前から映画館の前に列を作って並んだ戦士達の、愛と勇気とロマン、そして伝統を守り抜いた姿を追ったドキュメンタリーである。

遠い昔、はるか彼方で

遠い昔、はるか彼方のアメリカ地方。ロサンゼルスはハリウッドにある映画館チャイニーズ・シアターを始めとする全米の映画館で、1977年5月、「スター・ウォーズ」が公開された。この映画は大ヒットし、続編である「帝国の逆襲」が1980年に封切られた。この際、チャイニーズ・シアターの前には、公開前から寝袋を持って泊まり込みで並ぶ人々(以降、戦士達)が登場した。それ以来、シリーズが公開される際には、熱狂的なファン達が泊まり込んでキャンプをしながら列を作って公開日を待つという、歴史的な伝統が生まれた。

実は、筆者は「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」が1999年に公開された際、公開の2ケ月も前からチャイニーズ・シアターの前に並び始めた戦士達を取材した事がある(笑)。当時、チャイニーズ・シアターの前には仮設テントの「基地」が作られ、その横にあった公衆電話には、世界中から激励の電話が掛かって来た。そして、電話が掛かってきた国に赤いピンを立てた世界地図が「基地」に張り出される等、それはそれは盛り上がったものである。

そして、時は流れた。時代は2015年となり、インターネットは高速化され、映画館のオンライン・サービスも充実。人類は何時でも何処でも映画のチケットをスマホから予約でき、座席も自分で好みの位置を指定出来るようになった。そう。もはや列を作ってまで、わざわざ映画館の前で公開の何日も前から並ぶ必要が無くなってしまったのである。

しかし、過去30年余り続く歴史的な伝統に基き、過去のシリーズ公開時には必ず行列を作って並んで来た戦士達が、忍び寄るハイ・テクノロジーの波に屈するはずはなかった。彼らは、この伝統を継承すべく、今回はチャリティー募金活動と組み合わせる事で、みんなで必要もないのに敢えてわざわざ泊まり込んでキャンプしながら公開を待つという儀式(?)を、果敢にも実施。彼らは皆、「これは運命だ」とつぶやきながら、その歴史的な伝統を守り抜いたのであった。

公開の12日前から。「並ぶ事に意味がある」「これは運命だ」

NABA_vol65_4783 お話を伺った、デュアン・ディアス氏

今回、筆者が現地に取材に行ったのは12月6日(日)。まず最初に取材に応じてくれたのは、主催者の1人、デュアン・ディアス氏。ディアス氏によれば、この“列”は、筆者が取材した前日である12月5日(土)正午から正式にスタート。この日から12日間、12月17日(木)夜7時にチャイニーズ・シアターで開催されるプレミアに向けて、みんなで交代で並ぶのだという。この日は30人程が常駐し、折り畳み椅子や寝袋などを持参して並んでいた。お話を伺った後、ディアス氏から、主催者代表のスティーブ・ズリック氏をご紹介頂いた。

NABA_vol65_4791 主催者代表のスティーブ・ズリック氏。「公開まで11日」のパネルの前で

ズリック氏:今回の列は登録制で、既に400人余りの方々が登録されています。このイベントは、難病の子供達を支援するチャリティー募金、スターライト「GIVE actually」キャンペーンと組み合わせる形で、3万ドルを目標に募金を集める予定です。我々はプレミア当日のチケットを、劇場の約3/4席分確保しています。募金に協力して、12月5日から公開までの間に通算24時間以上一緒に並んだ人は、このチケットを購入する権利を獲得し、プレミア試写に入場する事が出来ます。

また、今回の「行列」には、史上初めて、TCLチャイニーズ・シアターの劇場側が全面協力してくれています。我々に敷地の一部を公式に提供し、映画スター達の手形で有名なスペースの一番奥に、我々の為の場所を確保してくれました。プレミア当日は、会場の設営や主要キャストが来場する関係で私達は歩道に移動しなければなりませんが、それまではここを「基地」として列を作り、プレミアを待つ事になるのです。

NABA_vol65_4780 チャリティー募金、スターライト「GIVE actually」キャンペーン。1月以降も、日本からでも募金出来るので、みなさんも是非!

Facebook上にもコミュニティを作り、ここで参加や情報交換を行っているのだそう。

こうしてズリック氏にお話を伺っていると、主催者の1人が声を掛けてきた。「君、15年前にも取材に来てなかった?覚えているよ。あの時は、どうもありがとう」。なんと、「エピソード1」の行列を取材した時にお話を伺った事のある、エリック・ムリロ氏であった。スゲ~な、これ。なんと、15年ぶりの思わぬ再会であった。

NABA_vol65_4776 TCLチャイニーズ・シアターの敷地内に陣取って並ぶ人々。右端で携帯電話を手にしているのがエリック・ムリロ氏 NABA_vol65_4795 今回の列をオーガナイズする主催者達は、スタッフ・カードを下げている。これはエリック・ムリロ氏のカード NABA_vol65_4777 主催者達のTシャツ。「We’re Home」は、今作のハン・ソロのセリフから。列を作って並んだ期間[12/05-12/17]もバッチリ記載されている。「我々に加わるのだ。それが、お前の運命だ。」と、ダース・ベイダーの名セリフになぞらえたコピーも見える。なかなか心意気のあるデザインである

ゆかりのある人物も、列に

主催者代表のスティーブ・ズリック氏からご紹介頂いた人物の中で、筆者が個人的に印象に残ったのは、ビル氏だろう。ビル氏は、なんと、1977年の「スター・ウォーズ」の公開当時、最初の上映の1時間半前に、現像されたばかりのホヤホヤの70mmプリントをチャイニーズ・シアターに運んだ人物だという。「いや、私はあまり表に出たくないので」というご意向で、フルネームを頂く事と、お写真を撮影させて頂く事は叶わなかったが、ビルという名前は載せてOKというお許しを頂いたので、この場でご紹介させて頂こう。

ビル氏:3ピースに分割され、6チャンネルの磁気音声トラックがついた、大きくて重たい70mmフィルムを、両手に下げて苦労して運んだのを昨日のように覚えています。そのプリントは、まだカラー・コレクションもされていない状態で、本当に「今現像が終わったばかり」の状態だったのです。

と嬉しそうにビル氏。そういうスタッフさん達のご苦労もあって、今のスター・ウォーズ人気に繋がっているのだな~、と肌で感じた瞬間であった。

いよいよプレミア前夜

12月16日、プレミアの前夜、筆者は再びチャイニーズ・シアターの前を訪れてみた。時間は夜9時を回っていた。今年のロサンゼルスの冬は、例年よりも寒い。この夜の気温は15℃位であった。チャイニーズ・シアター付近はプレミアの設営準備で付近の入場が制限されており、彼らは隣接するマダム・タッソー・ハリウッドの横に移動、防寒着や寝袋を用意して、陣取っていた。

NABA_vol65_4817 プレミア前夜。チャイニーズ・シアター周辺はプレミア設営の関係でアクセスが出来ない為、この夜だけマダム・タッソー・ハリウッド横に移動し、陣取る人々 NABA_vol65_4815 「ボクも並んでいるんだよ♪」小さいジェダイも頑張ってます(^o^)

プレミア当日

さて。いよいよ12月17日(木)がやってきた。プレミア当日である。

NABA_vol65_LiningUp_for_StarWars_1 いよいよ待ちに待ったプレミア。上映開始直前の模様(主催者提供)
Photo courtesy : LiningUp for Star Wars Hollywood @ Facebook

やっぱりと言うか、当然と言うか、コスプレをした参加者も多く、この日のチャイニーズ・シアター周辺は「スター・ウォーズ」一色で埋まっていた。また、主催者の発表によれば、今回オーストラリアから来て、この列に12日間並んだカップルが、プレミア当日にチャイニーズ・シアターの前で結婚式を挙げた。2人はR2D2のエスコートにより登場、ダース・ベイダーとチューバッカの立ち合いの下、夢の結婚式を挙げた。どうか、お幸せに♪

更に、IMAXシアターでお馴染みIMAXコーポレーションはこの日、このチャリティー募金のスターライトに対して$5000.00(約60万円相当)を寄付。チャリティーに貢献した。かくして、歴史と伝統を守り抜いた数百人の戦士達は、無事にプレミアを迎えたのであった。めでたし、めでたし。

NABA_vol65_LiningUp_for_StarWars_2 ライトセーバーをかざし、記念撮影(主催者提供)
Photo courtesy : LiningUp for Star Wars Hollywood @ Facebook

公開最初の週末ハリウッド大通りで珍事が

さて。プレミアの翌18日(金)より、とうとう全米公開が始まったが、チャイニーズ・シアターが鎮座しているハリウッド大通り(Hollywood Blvd)の公開最初の週末の様子をご紹介しておこう。

チャイニーズ・シアターでは「スター・ウォーズ」が上映されているが、その道路を挟んだ反対側には、ディズニー直営の映画館「エル・キャピタン・シアター」がある。ここは、ディズニー作品を専門に上映する映画館である。

ご存知のように、2012年10月にルーカス・フィルムはディズニー傘下に入り、今回の「スター・ウォーズ」はシリーズ史上、初めてディズニーが配給を行った作品である。その結果、ハリウッド大通りでは、道路の両側、チャイニーズ・シアターとエル・キャピタン・シアターで、全く同じ作品が同時に上映されているという、ハリウッドの映画史上でも、極めて珍しい事態が起こっていた。

果たして、チャイニーズ・シアターで観るのか?それともエル・キャピタン・シアターで鑑賞すべきか?この2つのシアターは、それぞれに甲乙つけ難いセールス・ポイントがあり、どちらで観るのも魅力的である。

■エル・キャピタン・シアター

ディズニー直営の映画館で、ディズニー作品だけを上映する劇場である。ここでは、ドルビー・アトモス・サウンドとドルビー・ビジョン・レーザー・プロジェクションによる臨場感溢れる上映システムが楽しめる。スクリーンはやや小さいが、上映前にはパイプ・オルガンの生演奏、レーザー・ショウなど、ディズニーならではの楽しい演出が盛りだくさんで、特にお子様連れの方にはおススメ。また、上映されている映画のロゴが入った特製バケツに入ったポップコーンも人気で、このバケツはお土産としても重宝する。

NABA_vol65_4825 「スター・ウォーズ」を上映する、ディズニー直営映画館「エル・キャピタン・シアター」 NABA_vol65_4847 エルキャピタン・シアターで、入場を待つ観客の列。公開最初の週末である12月20日(日)撮影
■TCLチャイニーズ・シアター

観光名所という事もあり、ここで実際に映画が観れるという事を知らない観光客は意外と多い。ここは、観客数1,152席を誇る、ロサンゼルスでも最大級の映画館なのである。IMAXレーザー3Dプロジェクションによる、迫力ある大画面のIMAXシアターで鑑賞出来るのが嬉しい。ここでは、歴代のスター・ウォーズ作品(例外として「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」のみ、シネラマ・ドームで上映された)が上映された、歴史的な映画館でもあるのだ。

NABA_vol65_4851 スターの手形でも有名な、TCLチャイニーズ・シアター外観 NABA_vol65_7223 チャイニーズ・シアターの前で「スター・ウォーズ」の入場を待つ、一般観客の列。公開最初の週末である12月20日(日)撮影 NABA_vol65_7225 昨今のテロに対する厳戒態勢が敷かれ、チャイニーズ・シアターに入る前に、観客は全員、空港同様に金属探知機のセキュリティ・システムを通らなければならない。入場に多少時間が掛かるが、その分、安心して鑑賞出来るというものだろう

もし、1月にロサンゼルスを訪問されるご予定の方は、是非この2つの映画館で「スター・ウォーズ」を鑑賞してみては如何だろうか。どうせ道路を挟んだ両側にあるのだから、2館をハシゴしてみるのも、面白いだろう。

ちなみにエル・キャピタン・シアターでは「スター・ウォーズ」を2月7日まで上映予定だそう。TCLチャイニーズ・シアターについては、公式サイトにてご確認あれ。

次回の「列」は2017年

さて。このコラムを読んで、「次回は自分も、ハリウッドで必要もないのに敢えてわざわざ泊まり込んでキャンプしながら、公開を待ってみたい」と考えた、そこのアナタ。2017年に公開される「エピソード8」の公開時には、是非ともこの列に参加されてみては如何だろうか?きっと、夢が広がるはずである。May the Force be with you…

NABA_vol65_4802 チャイニーズ・シアターの正面には大きなビルボードがそびえていた

WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


[ Writer : 鍋潤太郎 ]
[ DATE : 2016-01-05 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.84 SIGGRAPH2017 エレクトロニック・シアターレポート

夏と言えばSIGGRAPH。背後には映画「This Is It」(2009)でもお馴染みステープルス・センターが見える 取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに 我々VF... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.83 全米ボックスオフィスに見る、この夏のVFX&長編アニメーション動向

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」を上映するセンチュリーシティのAMCシアター 取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに アメリカ地方も夏休みに突入し、映画館では話... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.82 SIGGRAPH 2017の見どころ

取材&写真:鍋 潤太郎 もうすぐSIGGRAPH 2017(写真は昨年のアナハイムでのSIGGRAPH 2016) はじめに ♪も~いくつ寝ると~SIGGRAPH~♪... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.81 LA SIGGRAPH月例会「フォトグラメトリーとは」

取材&文:鍋 潤太郎 協力:Leonard Daly / LA Siggraph はじめに さて、今月もLA SIGGRAPH月例会の話題をお届けしよう。LA SIG... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.80 LA SIGGRAPH月例会「キャリア・セミナー」レポート

取材&写真:鍋 潤太郎 取材協力:Leonard Daly/LA Siggraph はじめに ロサンゼルスには、ACM SIGGRAPHの地方分科会である「LA SI... 続きを読む

WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.65 「並ぶ事に意味がある」スター・ウォーズ公開2週間前から並んだ人々