PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 石川幸宏 > [Canon UPs!]Vol.02 EOS C300 Mark II:Canon Log 3を検証する

News

[Canon UPs!]Vol.02 EOS C300 Mark II:Canon Log 3を検証する

2016-06-30 掲載

txt:石川幸宏 構成:編集部

使いやすさを継承しつつDレンジを拡げた、Canon Log 3

canon_eos_c300_mark2_02_06_C300m2FU_BTS EFシネマレンズのプライムレンズ(単焦点)シリーズにも、今回のファームアップでデュアルピクセルフォーカスガイド(前ピン/合焦/後ピン)が対応した

今回の最新機能ファームアップでは様々な改善と進化が行われている。とりわけC300 Mark IIでは、これまでのCanon Log、Canon Log 2に加えて、Canon Log 3が搭載されたことは、従来のEOS C300からのユーザーにとっては最も気になるところだろう。ここでは最新ファームウェア機で、Canon Log 3の検証のためのテスト撮影を試みたので、その結果からCanon Log 3のポテンシャルを分析してみたい。

そもそもCanon Logは、LogではあるもののフィルムからのLogとは多少異なり、色調整幅は限られるが、誰にでも使いこなせるユニークなLogとして普及してきた。中にはカラーコレクションをほとんど行わず、Canon Logのままの画風を好むクリエイターも多く、デジタルネガティブ時代の新たなLogカーブとしての使われ方で普及してきたことも事実だ。

今回のCanon Log 3の印象は、そのCanon Logをハイライト側に2ストップ延長した感じが特徴だ。

ダイナミックレンジ比較

下記3枚の画像は、同じアングルでLog、Log 2、Log 3のダイナミックレンジを比べたもの。ちなみにこのサンプル画像は、本来の画の差が分かりやすいように、すべてカラーコレクションせずLog画像のまま掲載している。

各画像を比較すると、1番目のCanon Logに比べて2番目のLog 2は全体的に眠い画だが、黒の部分の階調もよく現れていてダイナミックレンジが広いことがわかる。Log 3は、従来のCanon Log風な調子のまま、Logよりも明らかにハイライト部分が飛ばずに残っていることで、その分のダイナミックレンジが確保されていることがわかる。

■Canon Log
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2016/06/canon_07_DRange_CL1.jpg ※画像をクリックすると拡大します
■Canon Log 2
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2016/06/canon_08_DRange_CL2.jpg ※画像をクリックすると拡大します
■Canon Log 3
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2016/06/canon_09_DRange_CL3.jpg ※画像をクリックすると拡大します

Log撮影が向いている条件とは、晴天時に自然の背景をバックにした人物撮影などで、ダイナミックレンジが必要とされるような場合が多い。特に屋外ロケ撮影の際に、毎回理想的な環境で撮影ができる訳ではないし、特にドキュメンタリーなどの、撮影現場自体が忙しくモニタリング環境が整っていない場合や光の環境が変化しやすい現場では特にLog撮影が有効だ。

波形モニター上でハイライトが飛んでいない、黒が潰れない状態の、ほぼ適正露出での撮影条件で撮影したものが下記の3枚。

■Canon Log
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2016/06/canon_10_Studio_1stop_CL1.jpg ※画像をクリックすると拡大します
■Canon Log 2
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2016/06/canon_11_Studio_1stop_CL2.jpg ※画像をクリックすると拡大します
■Canon Log 3
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2016/06/canon_12_Studio_1stop_CL3.jpg ※画像をクリックすると拡大します

この3枚を見ると、Logで再現できる12ストップのダイナミックレンジに収まっている時は、LogとLog 3の絵に大きな差は生まれないが、ここからさらに2ストップオーバーで撮影してみたのが下の3枚だ。

■Canon Log 2ストップオーバー
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2016/06/canon_13_Studio_3stop_CL1.jpg ※画像をクリックすると拡大します
■Canon Log 2 2ストップオーバー
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2016/06/canon_14_Studio_3stop_CL2.jpg ※画像をクリックすると拡大します
■Canon Log 3 2ストップオーバー
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2016/06/canon_15_Studio_3stop_CL3.jpg ※画像をクリックすると拡大します

そうするとその差が如実に現れてくる。Canon Logでは空のハイライトは飛んでしまっているが、Log 3では2ストップオーバーにしても、確実に色が残っているのが一目瞭然だ。

このようにCanon Log 3では、従来のCanon Logよりも2ストップ分ハイライト側に余裕があることは、すなわちその2ストップ分を“補正”に使えるということになる。要は同じ露出で撮っても従来のCanon Logでは戻せなかった部分でも、Canon Log 3ではちゃんと色が戻ってくるというわけだ。これまでのCanon Logと同じような使い方で、2ストップ分稼ぐ事の出来る使い勝手の良いLogカーブになっている。

一方のCanon Log 2はLog 3と同様にダイナミックレンジは1600%で色の調整幅が広いのが特徴。ただしLog、Log 3とは違って眠い調子の、いわゆるフィルムのCineon Logを意識した“Logっぽい”カーブ特性を持っており、その分きちんとしたポストプロダクション処理が必要で、細かいカラーグレーディング処理が必要になる。

さらに、ありがちな撮影シチュエーションとして、人物の表情を際立たせるため、傘で直射光を切って、適正露出を人物のスキントーンに合わせた場合。

■Canon Log
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2016/06/canon_16_Studio_CL1_f2.jpg ※画像をクリックすると拡大します
■Canon Log 2
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2016/06/canon_17_Studio_CL2_f2.jpg ※画像をクリックすると拡大します
■Canon Log 3
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2016/06/canon_18_Studio_CL3_f2.jpg ※画像をクリックすると拡大します

明らかにCanon Logでは飛んでしまっているハイライト部分が、Canon Log 2、Log 3では残っていて、さらにLog 3は黒の階調も残しつつ豊かな諧調と表現域の幅、そしてLogのままでの視認性の良さ(見やすさ)がわかる。

canon_eos_c300_mark2_02_19_C300m2FU_BTS

色域とLogカーブの関係

今回のサンプル映像はBT.709で撮影されており、すべて色域を統一して撮影している。EOS C300のCanon Logでは、色域選択はBT.709のみだったが、EOS C300 Mark IIからはキヤノン独自のCinema Gamut、劇場用映画向けのDCI-P3、4K放送標準のITU-R BT.2020など、広い色域を選択出来る。ただ、いま制作される映像のほとんどの視聴環境はHDでBT.709であるので、カメラ側の色域もBT.709の選択であれば特段問題はないだろう。

色域を広く撮影することによって、グレーディングの幅は広がるが撮影からグレーディングまで一環したモニタリングを含めたワークフローの構築が必要となる。Canon Log 2やLog 3でBT.709以外の広い色域を使用する際には、最終的にどういう状態でどんな上映環境で仕上げるのか?最終仕上げのフォーマットは何にするのか?を考慮して、カメラ側の色域も選択することが必要だ。

canon_eos_c300_mark2_02_20_C300m2FU_BTS キヤノンの4Kディスプレイ「DP-V2410」で、Canon Log 3の特性を確認

感度とLogのバランス

下記の2枚は、ほぼ陽が落ちた時間帯に、人物へのライト1灯のみで感度ISO3200で撮影したもの。上がCanon Logで下がCanon Log 3だ。ここで見えてきたのが人物の表情の豊かさと、バックの光芒のクリア感だ。後ろのネオンと人物のコントラスト比が大きくなってくると、Logの映像では光芒の中が白く飛んでしまっているが、Log 3では人物の表情も際立っていて、ネオンの光芒がくっきりと映っており、色が残っている。ここも2ストップ分のハイライト部分のダイナミックレンジに余裕があることで生まれる結果だろう。

Log 2、Log 3では、1600%までダイナミックレンジを伸ばしているため、ノイズがその分増える傾向にはある。それでもLog 3は明らかにLog 2よりノイズは少なく、感度ISO3200くらいまでは不純なノイズは見受けられなかった。また2つの画像の違いでも多少分かるが、Log 3で収録した際には今回のファームアップでの色再現性の向上なども随所に見られ、数値やデータには表されていない画質向上という部分も確認できた。

■Canon Log ISO3200
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2016/06/canon_21_Night_CL1_ISO3200_f1.jpg ※画像をクリックすると拡大します
■Canon Log 3 ISO3200
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2016/06/canon_22_Night_CL3_ISO3200_f1.jpg ※画像をクリックすると拡大します canon_eos_c300_mark2_02_23_C300m2FU_BTS05 ※モデル:小宮一葉
技術監修:松永勉、撮影:松崎ヒロ

以上のようにCanon Log 3は、従来のCanon Logと同様の使い方で、カンタンな色調整だけでもハイライト部分が従来より残せるところが大きい。さらに今回の撮影では、画質や色の再現性の向上も確認できた。また今回のファームアップ機能で、これまで対応していなかったEFシネマレンズの単焦点レンズシリーズ(プライムレンズシリーズ)にも、前ピン/合焦/後ピンのメーターが表示出来るデュアルピクセルフォーカスガイドが対応し、大きなモニターを現場で設置できない今回のような屋外の4K撮影やラン&ガン撮影等にも非常に便利になった。

EOS C300 Mark IIは、従来のEOS C300ユーザーからすると、かなり機能が増強されており、さらにCanon Log 2などの搭載でハイエンド向きになった印象もあったが、今回の機能拡張ファームウェアでそのイメージを大きく覆し生まれ変わった感じだ。まさに文字通り、EOS C300の正統な後継機として、ミドルレンジからハイエンドまで誰にでも使いやすい、という定番シネマカメラの良さを取り戻した。

協力:キヤノン株式会社/キヤノンマーケティングジャパン株式会社
Vol.01 [Canon UPs!]
※2016年7月15日(金) 東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門セミナールームにて「EOS C300 Mark IIテクニカル座談会~オートフォーカスとCanon Log 3を中心に~」が開催される。同座談会ではデュアルピクセルオートフォーカスをはじめとする様々なフォーカス機能や、撮影現場での効果的な活用法の紹介、7月公開予定の新ファームウェアのレビューを初公開する。セミナーの詳細・参加申し込みはこちらより。

WRITER PROFILE

石川幸宏 映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。


[ Writer : 石川幸宏 ]
[ DATE : 2016-06-30 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Back UP↑]Vol.03 ポータブルストレージが支える4Kワークフロー

txt:江夏由洋 構成:編集部 4Kのワークフローを支えるのは「ストレージ」 4Kや8Kの撮影はデータサイズとの闘いといっていい。一日の撮影量が1TBを超えることは... 続きを読む

[ATOMOS Review]Vol.05 進化するSHOGUN INFERNO~ファームアップ後、GH5とのコラボレーションに大活躍~

txt:猿田守一 構成:編集部 ファーム(AtomOS 8.31)アップで広がる新しい機能とは? ATOMOSのSHOGUN INFERNOであるが、今回最新フ... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.32 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 後編

txt:江夏由洋 構成:編集部 FUJINON MKシリーズが捉える新しい時代 撮影風景。カメラマン2名、アシスタント2名の撮影チーム。スモールユニットが組めるのもMK... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.31 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 前編

txt:江夏由洋 構成:編集部 デジタルシネマワークフローの時代が変わる デジタルシネマの新しい形―MKレンズシリーズ。18-55mmと50-135mmの2本で全域... 続きを読む

[ATOMOS Review]Vol.04 全部入り!SHOGUN INFERNO~著しい進化を遂げるレコーディングモニター~

txt:マリモレコーズ 江夏由洋 構成:編集部 現場の声を詰め込んだSHOGUN INFERNO 12G-SDIに対応したSHOGUN INFERNO。機能満載で登場し... 続きを読む

WRITER PROFILE

石川幸宏 映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 石川幸宏 > [Canon UPs!]Vol.02 EOS C300 Mark II:Canon Log 3を検証する