PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.80 LA SIGGRAPH月例会「キャリア・セミナー」レポート

News

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.80 LA SIGGRAPH月例会「キャリア・セミナー」レポート

2017-05-02 掲載

取材&写真:鍋 潤太郎
取材協力:Leonard Daly/LA Siggraph

はじめに

ロサンゼルスには、ACM SIGGRAPHの地方分科会である「LA SIGGRAPH」というものが存在する。日本にもお馴染み「シーグラフ東京」があるが、そのLA版と言えばご理解頂けるだろう。

LA SIGGRAPHでは毎月テーマを設定し、月例会を開催している。この月例会には誰でも参加でき、会員になって年会費$40.00を納めれば、毎月の月例会の参加費は無料となる。会員でなくても、会場入り口で参加費$20を支払えば入場可能だ。

4月の月例会は、ロサンゼルス国際空港から程近い場所にある美大Otis College of Art and Designを会場に、将来デジタル・メディアの業界を目指す学生およびLA SIGGRAPHの会員を対象とした、キャリア・セミナーが開催された。ちなみにこの大学は、LA SIGGRAPH月例会の会場としてよく使用される場所の1つである。

会場はこちら!

この日のパネラーは在LAの著名スタジオや、映像関連企業のリクルーター達で「ポジションを獲得するには、どのようにすべきか」について熱のこもったパネル・ディスカッションが展開された。今回は、その模様をご紹介しよう。

Careers in Digital Media April 11 at Otis sponsored by LA SIGGRAPH

パネラーの顔ぶれ (写真右から)
司会&進行:キャスリーン・ミルネス(Kathleen Milnes)
Assistant Chair,Digital Media,The Otis College of Art and Design
ウェミ・オパクニル(Wemi Opakunle)
Sr.Recruiter at Trailer Park+Deep Focus
カミール・エデン(Camille Eden)
Manager,Recruitment/Outreach-Feature Animation at The Walt Disney Company
Walt Disney Animation Studios
スタン・シズマンスキー(Stan Szymanski)
President&Founder of StanleyVision
StanleyVision
フィオナ・シャバク(Fiona Cherbak)
Lead Recruiter,Worldwide Studios at Sony Interactive Entertainment
Sony Interactive Entertainment
サミ・ラムリー(Sami Ramly)
VR Product&Program Lead at Wevr
6:30~7:30PMピザと飲み物で親睦会
7:30~9:30PMパネル
LA SIGGRAPH公式サイト

OTISのキャスリーン・ミルネス女史が司会&進行役を務め、パネラーに質問を投げかけて答えてもらうかたちでパネルディスカッションが行われた。以下は、その要約と抜粋である。

パネル・セッションの模様
――みなさんは、どのようにして人材を発掘されていますか?

カミール:LAのバーバンクにあるWalt Disney Animation Studiosでは、現在900人余りのクルーが働いています。私達は世界中からタレント(=才能ある人材)を採用しています。それぞれの専門分野でタレント・プールを開拓していますので、そのリストに含まれる膨大な数のタレントと密に連絡を取り合いながら、プロダクションのニーズに沿ってポジションを埋めていきます。求めているタレントは、例えばVFXの分野で5年以上の経験を持つアーティストやテクニカルの人などです。

ウェミ:Trailer Parkは、ハリウッドに本社を構えるマーティング・エージェンシーです。NY、ロンドン、サンフランシスコなどを含め600人程のクルーが働いています。人材のリサーチには様々な方法がありますが、おなじみLinkedinは機能性に大変優れたサイトですので、よく活用しています。

もしみなさんが、自分が求めるポジションを獲得したいと思ったら、リクルーターに対して「いかに、自分をうまく売り込むか」「どのようにスキルをプレゼンテーションするか」が大切だと思います。

フィオナ:Sony Interactive Entertainment(SIE)はゲームやインタラクティブ分野の人材を求めています。その関係で、アニメーションやVFXとはジャンルが異なりますが、リクルーティングの面では共通点も多いと思います。SIEでは学校が春休み、夏休み、冬休みの期間にあわせた年3回のインターン制度を実施しており、ここで優れた人材を獲得することもあります。

セミ:WevrはVRのプロダクトを制作しています。大変小規模で、クルーも20人くらいしかいません(笑)人材発掘にはソーシャルメディアを活用する場合もありますが、我々のような小規模のスタジオの場合、知り合いの紹介などのコネクションで人材を見つけてくることも少なくありません。

スタン:私は北米各地にあるVFXクライアントのために、必要な人材確保を請け負う会社を経営しています。モントリオール、トロント、バンクーバーなどにクライアントを持つ関係から、他のパネラーの皆さんとは少々事情が異なります。ポジションの種類も、アーティストを中心に、UnityやVRの開発者、プロデューサー、コーディネーター、マネージャーなど、多岐に渡ります。

――適材を見つけるのが難しいポジションは?

カミール:比較的難しいのは、テクニカルなポジションかもしれません。ディズニーって意外とハイテク企業なんですよ。シュミレーションや社内ツールの開発、パイプラインなど、多くのテクニカルなポジションが存在しますが、適材を見つけることは、時としてアーティストを集めるより難しいことがあります。

また、映画の要となるストーリー・デベロップ、ストーリー・ボードのポジションも、適材を見つけることは難しいです。アニメーターのポジションでは、キャラクターのアクティングやパフォーマンスの表現に長けている人を探していますが、こちらも適材を探すのは大変です。

フィオナ:ご存知のように、コンソール・ゲームの世界は独特です。開発環境が自社開発やオリジナルという場合もありますし、C++のプログラマーなど、さまざまな開発言語のプログラマーを採用しています。将来、ゲーム開発の仕事に興味がある学生さんは、どのゲームが、どのような開発環境でデベロップされているかなどを、学生のうちにリサーチしておくと、就活の際に役立つかもしれません。

ウェミ:プロジェクト毎のニーズにうまくマッチしたアート・ディレクターを見つけることは、なかなか難しいです。経験や専門分野によって、バックグランドも考慮しつつ、適材を探します。

人材発掘という部分では、若手で優秀なジュニア・タレントを見つけて、そこから育てていくこともあります。全体的には、常に「良いストーリー・テラー」を探しています。

また映像編集を行うエディターも、適材を確保するのが難しい場合があります。特にコメディ番組はそうです。LAではドラマを編集するのに長けたエディターは多いですが、コメディの編集で良いセンスを発揮する人を見つけるのは結構難しい。ひとくちに映像をカットするエディターと言っても、専門分野や得意不得意がありますから。

スタン:北米の各都市&地域ごとのニーズに応えるのが課題ですが、これがなかなか難しいです。その意味では、モントリオールでのスタッフィングは、時としてタフさが要求されます。特にシニア・クラスのマネージメントの人材確保などはね。

優秀なマネージメント職の方は、もうどこかの会社に所属していますし、家を持っていたり子供がいたりで、リロケーションを敬遠するケースも少なくありません。

――応募の際に大切なことは?

カミール:大切なことは”Be Kind”だと思っています。この仕事は人と人の繋がりで、スタジオ内ではチームと共同で作業ができなければなりません。

どんなに優れた才能や高いスキルを持ち合わせていても、チームの一員として仕事ができて、スーパーバイザーからのノートやコメントを素直に受け入れられる柔軟な姿勢がないと、プロダクション・ワークは成立しません。これは、学生さんに限らず、プロの皆さんにも言えることなのです。

セミ:確かに。特にうちのような規模が小さな会社では、チームワークは大変重要だと思いますね。

フィオナ:ある程度の経験を積んでスキルを持っている場合、リクルーターに「スキルのディテール」を上手くアピールできないと、それがうまく活かされません。自分に何ができて、問題が生じた際に自分はどのように問題を解決に導いたか、作業にどれ位の時間を掛けたのかなど、そういうディテールをきちんとプレゼンテーションができるのは大切なことなのです。

ウェミ:ポートフォリオを見せる時にも同じことが言えると思います。もし自分の作品に自信があるのなら、制作プロセスや問題解決した部分、何を見せたいか、などをうまくプレゼンテーションできると効果的です。

――膨大な応募が来ると思いますが、うまくリクルーターの目に留まる、秘訣は?

カミール:応募する会社によってカルチャーは異なります。それも考慮した上で、自分の専門分野のスキルをうまく示せることが重要です。例えば、ただ単に「私はジェネラリストです」と言うより、「何ができるか」「何が得意か」を明確に説明できた方が良いでしょう。

フィオナ:私のところには、1日100通のメールが来ます。そして1日50通の応募が届きます。すでにおわかりだと思いますが、この全てに目を通すことは事実上不可能です。そんな中、メールのヘッドラインに、2~3行にまとめた、目に留まり易いアピールを入れると、効果的と言えます。例えば「人気ゲームタイトル○○○を担当しました」「○○スタジオで働いていました」などです。

ウェミ:私は、レゾメは3秒で目を通します。それ以上の時間を割く余裕はありません。その3秒間の間に目に留まるように、そして分かり易く、読み易く工夫してください。リクルーターによって意見は異なると思いますが、私の場合、カバーレターには目を通しません。単純に時間がありません。

スタン:私の場合、様々なオンライン・サイトに求人情報をポストしています。私の投稿を常に注意してチェックするようにしてください。メールを頂く際は、ほかのパネラーの方が述べられたように、メールのヘッドラインに3行で印象に残るアピールを入れてください。

――応募してくる学生に求めるものは?

スタン:私がクライアントから抱えている求人案件の90%は、アーティストのポジションとテクニカルなポジションです。これぞと思ったら、ぜひ応募してください。

セミ:私達が手掛けているVRのプロジェクトは、分野としては新しいジャンルですが、現場で求められているのは、即戦力に成りうる人材です。学生の間にできること、それは自分の中で長期的な目標を設定してそれに向って努力したり、新しいテクノロジーに対して興味を持つことが大切だと思います。

ウェミ:自分の専門分野以外に関わる機会に遭遇した時、それに挑戦してみると、意外にもそこから可能性や新しい道が拓けることもあります。

フィオナ:日々の積み重ねですから、切磋琢磨することが大切です。

カミール:インターンシップやボランティアは自分のスキルを試す大変良い機会ですので、機会があれば積極的に参加すると良いでしょう。

――この業界は日進月歩です。今度、どんな仕事がなくなり、どんな仕事が生まれるでしょう。

スタン:VFXの世界は、同じことの繰り返しではなく、VR&ARなど、新しいことを積極的に学んでいく姿勢も大切です。What’s New? What’s Next?来週には、ここLAでVRLAというコンベンションが開催されますが、コンベンションセンターのウエスト・ホールを1つ埋める位の規模に成長しつつあります。こういうコンベンションを視察してみるのも、良いリサーチになるでしょう。新しいことへのチャレンジという部分では、例えばあなたがレンダーマンのシェーダー開発をしているとしたら、Unityの勉強を始めてみるとか、そういう姿勢が仕事の幅を広げていくことにつながります。

カミール:「2Dのアニメは衰退した」という声も聞かれますが、私個人はそうは思っていません。例えば、ディズニーには強力な2Dアニメーションのチームが健在しています。3Dのアニメーターたちは、2Dのアニメーターから演出を受けたり、動きを学んだりしているのです。また、LAには多くの2Dアニメーション・スタジオが頑張っていますし、その意味ではトラディッショナルなスキルと、テクニカル・サイドのスキルを両方勉強しておくと良いと思います。

セミ:今から5~10年後、テクノロジーはどんどん変わるでしょうし、その意味では未来は誰にもわかりません。今、目の前にある、自分に出来ることを一生懸命こなし、新しいテクノロジーを学びつつ、リスクを恐れずチャレンジしていく姿勢が大切だと思います。

――それでは、お時間ですので、さようなら!

このように、大変興味深い内容のLA SIGGRAPH月例会であった。今回は美大OTISが会場ということもあり、多くの学生が参加していたが、特にこれから就活を控えた学生達は熱心にメモを取っていた。

……そうそう。「キャリア・セミナー」で思い出した。偶然ではあるが、筆者は5月に日本へ行き、5月12日(金)に都内で「ハリウッドVFX業界就職セミナー」を開催予定である。将来、海外への就職を意識されておられる方は要チェック!

鍋潤太郎&溝口稔和ハリウッドVFX業界就職セミナー

日時
2017年5月12日(金)
19:00~21:00(18:30より受付け開始)

会場
デジタルハリウッド大学駿河台キャンパス3階E17教室(お茶の水)


WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


[ Writer : 鍋潤太郎 ]
[ DATE : 2017-05-02 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.84 SIGGRAPH2017 エレクトロニック・シアターレポート

夏と言えばSIGGRAPH。背後には映画「This Is It」(2009)でもお馴染みステープルス・センターが見える 取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに 我々VF... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.83 全米ボックスオフィスに見る、この夏のVFX&長編アニメーション動向

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」を上映するセンチュリーシティのAMCシアター 取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに アメリカ地方も夏休みに突入し、映画館では話... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.82 SIGGRAPH 2017の見どころ

取材&写真:鍋 潤太郎 もうすぐSIGGRAPH 2017(写真は昨年のアナハイムでのSIGGRAPH 2016) はじめに ♪も~いくつ寝ると~SIGGRAPH~♪... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.81 LA SIGGRAPH月例会「フォトグラメトリーとは」

取材&文:鍋 潤太郎 協力:Leonard Daly / LA Siggraph はじめに さて、今月もLA SIGGRAPH月例会の話題をお届けしよう。LA SIG... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.79 ハリウッドのVFX現場で生まれたプラグイン「skin work」発案者、山際一吉氏に聞く

取材&写真:鍋 潤太郎 画像:ハリウッドのチャイニーズ・シアター。「ハリウッド」を象徴する歴史的映画館である はじめに Adobe After Effectsのプラグ... 続きを読む

WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.80 LA SIGGRAPH月例会「キャリア・セミナー」レポート