PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 奥本宏幸 > [Point of View]Vol.75 移動式プロジェクションシステムでミュージックビデオ撮影

News

[Point of View]Vol.75 移動式プロジェクションシステムでミュージックビデオ撮影

2017-05-09 掲載

txt:奥本 宏幸 構成:編集部

難易度高めのリクエストに応えるために!

花粉症の歌を作ったので、女の子主演でマスクにプロジェクションマッピングをするミュージックビデオを作って欲しい。

2017年2月中旬に、ラッパー・マチーデフ氏(ラッパーとして活動しながらCM・テレビ番組のラップ監修・指導や専門学校でのラップ講師、役者など幅広く活躍中)からMVの制作依頼を受けた。おもしろそうですね、やりましょう。と、二つ返事したものの、顔にプロジェクションマッピングしているプロジェクトは山ほどあるのを見ている。もう一工夫ないかなと考えとっさに答えたのが「歩いている女の子のマスクに映してみる」というアイデアだった。インディーズ・自主制作なので予算は少ない。様々制限ある中でプロジェクトが始まった。

■春のやまい/マチーデフ

リグの制作

まず考えたのは、プロジェクターをどう移動させるかだ。思いついたのは、バラエティ番組などで使われているヘルメットにアームとカメラをつけている自撮りシステムだ。顔にプロジェクターを固定すれば、マスクから投影画面が外れることはない。しかしヘルメットをかぶっている女の子が画面にずっと出ているのは、とてもマニアックなMVすぎる。

何かいいものはないかとリサーチしていると、某おもしろグッズショップでバックパックに自撮りアームが付いている「手ぶらで自撮りバックパック」というおもしろアイテムを見つけた。今回の企画にぴったりの商品だ。しかし残念ながら販売が終了していた。

そこで、そのアイテムを真似て自作することに。住んでいる大阪から撮影場所である東京へ持ち運びすることを考え、簡単に組み立てられるプラスチック皮膜鉄パイプとジョイントでリグを制作した。パイプは一本300円程度、ジョイントは1個100円程度とリーズナブル。全部合わせても4,000円程度で収まった。プロジェクターの取り付けはマジックアームを使用。

プロジェクター選び

リグの先についているのがSmart Beam Laser。とても小さい

撮影は一回限りなので、プロジェクターはレンタルすることにした。選考基準は「内蔵バッテリー付き・明るさ・解像度の高さ・筐体の小ささ」。屋外で歩くため内蔵バッテリーは必須。明るさ・解像度は高い方がカメラで再撮した時に鮮明に写る。最も重要なのが筐体の小ささだ。アームで固定するので重いと歩行時の揺れが増幅してしまう。

レンタル可能なプロジェクターの中から選んだのは、韓国メーカーSKテレコムが販売している「Smart Beam Laser」。55mmの立方体の小さな筐体でありながら明るさ100ルーメン、解像度1280×720。そしてなんとピント調整が不要なレーザー光源なのである(IEC規格によるレーザークラス分類は「クラス1」だが念のため目に入らないように注意をして運用した)。

プロジェクションする映像

事前に撮影したマチーデフ氏の実写と、Adobe After Effectsで制作したモーショングラフィックで構成。マスクの形に合わせて立体的に見えるようなギミック映像を作ってみた。しかし、テストをやってみたところ歩行の振動や首の微妙な動きでどうしても投影位置がずれてしまう。最先端技術を使えばリアルタイムトラッキングなどができるだろうが、残念ながらそんな技術は持ち合わせていなかった。

そこでマスクにきっちり合わせる「マッピング」は諦め、投影する映像のエッジをぼかし投影した。そうすることで、位置ズレの基準が曖昧になるのでズレが気にならなくなる。「プロジェクション」で効果的な映像を作ることにした。

MadMapperの操作画面リアルタイムに映像を変形・移動することができる

映像再生には、プロジェクションマッピングのソフトウェアMadMapperを使用。直感的に映像のマスキング・マッピングが可能で人気のソフトウェアだ。今回役に立ったのは、リアルタイムに写す場所を移動させられること。歩いているとどうしても首の位置は動いてしまう。なので微調整をMadMapperで再生しながらドラッグして位置を合わせた。歩きながらMacBook Proを持って、目視で微調整したアシスタントくんのナイスプレイを褒めたい。

撮影

夜景の方が明るいのでオートフォーカスでピントが合ってしまった

3月中旬、東京の某河川敷で撮影を行った。機材はSony α6500と手持ちジンバルのPILOTFLY H2。4Kで収録し、編集時にリサイズやズームワークをつける。夕暮れ時になってプロジェクションシーンの撮影開始。事前に実験はしていたものの、投影位置がズレたり、カメラワークがうまくいかなかったりと、なかなかOKテイクがでない。辺りはだんだん暗くなっていく。女の子の顔に露出を合わせる。そうすると投影画面が白飛びしてしまう。MadMapperで投影映像の明るさを落とす。

そんな一進一退をしていると、気がつけばあたりは真っ暗。ISOも4000近くまで上げていた。街灯の明るさでギリギリ顔が分かる程度。10テイクぐらい撮影してなんとかOKなテイクが出た。100%OKテイクではないが、まだ寒い気候の中これ以上薄着で歩かせるのは忍びないと思い、撮影は終了した。

しかし、スタジオに戻り大きな画面で撮影素材を確認したところ、残念な結果を目の当たりにした。OKと思っていたテイクの半分以上が、ものすごくフォーカスが甘いのだ。手持ちジンバルを使用していたのでオートフォーカスにしていた。私のカメラ設定の甘さもあったのだが、背景の夜景にフォーカスが合ってしまっていたのだ。さらにノイズが多く、ズームした時には解像感が皆無といっていいほど荒れていた。自分のツメの甘さに嫌気がさした。

再撮影

左:ノーマル、右:S-Log3

忙しい出演者・メイクさんに無理を言って、プロジェクションシーンだけ撮り直すことにした。前回の失敗をもとに様々な改善案を用意。まずカメラは暗さにも耐えられるようにSony α7S IIに変更。ISO4000近くまで上げてもノイズが少ない。そしてプロジェクション映像の白飛びを防ぐために、S-Log3で収録することにした。後処理でカラーグレーディングが必要だが、収録時のダイナミックレンジが広がり白飛びにしづらくなった。

ASUS S1ネジ穴があるので固定しやすい

プロジェクション映像は、レーザープロジェクターに加えASUSのモバイルプロジェクターS1を導入。実はレーザープロジェクターは、スクリーンに近づけすぎると映像のディテールが失われるのだ。よく考えてみればプロジェクターの本質は大きな画面で見ることなので、小さく映すには不向きなはずである。その点ASUS S1は明るさ・解像度は少し劣るが、近距離投影してもフォーカスがしっかり合い解像感が保たれていたのだ。

撮影では、夕暮れシーンでは明るさが必要なのでレーザープロジェクターを使い、暗くなってきたところでASUS S1という使い分けをした。紆余曲折あったが、無事に納得のいくものが撮れて、編集をし、納品することができた。協力いただいた方々には本当に感謝している。

ティッシュにプロジェクションの撮影現場。杉の花粉はコンスターチを使用

最新インタラクティブな技術でつくられる映像が溢れる中、自分がやっていることがアナログすぎて泣きそうになることもあった。再撮影で大赤字になってしまった。でも、恥を恐れず行動したことで、今まで見たことがないおもしろいものが作れてよかったと思っている。また「アホやな」と言われる映像を作りたい。


WRITER PROFILE

奥本宏幸 大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。


[ Writer : 奥本宏幸 ]
[ DATE : 2017-05-09 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Point of View]Vol.77 アドビのプリンシパルカラーサイエンティスト、ラース・ボルグ氏にHDRの今後の動向を聞く

アドビのプリンシパルカラーサイエンティストのラース・ボルグ氏 色のエキスパートボルグ氏にHDRを訊く 2017年6月1日~2日に東京・千代田の秋葉原UDXで行われたAf... 続きを読む

[Point of View]Vol.76 すべてAdobe Premiere Proで制作した映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど」トークセッション開催

アドビは5月15日、東京都港区のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場でAdobe Premiere Proによって全編編集された「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」(... 続きを読む

[Point of View]Vol.74 今が買い!2017年コンパクトスイッチャー対決

txt:小寺信良 構成:編集部 今あるコンパクトビデオスイッチャー総比べ 去る2017年3月13日、プロ用ツールの販売でお馴染みPROGEAR半蔵門にて、「コンパクトビ... 続きを読む

[Point of View]Vol.73 タケナカが創り出す月光に漂う海の世界〜新江ノ島水族館「ナイトワンダーアクアリウム2016~月光に漂う水族館~」

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 えのすい×タケナカが表現する“相模湾”とは? 相模湾ゾーン/岩礁水槽「魚たちとの夢がはじまる」 7月16日か... 続きを読む

[Point of View]Vol.72 Netflixサービスイン直前グレッグ・ピーターズ社長インタビュー

txt:太田禎一 構成:編集部 いよいよ来週9月2日にサービスを開始するNetflix。世界50ヵ国以上で6,500万人を超える会員を抱える月額定額制インターネット映像配信サ... 続きを読む

WRITER PROFILE

奥本宏幸 大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 奥本宏幸 > [Point of View]Vol.75 移動式プロジェクションシステムでミュージックビデオ撮影