PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 鈴木佑介 > [鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]Vol.01 FUIJNONMKレンズ〜手持ちでシネレンズを使う時代がやってきた

News

[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]Vol.01 FUIJNONMKレンズ〜手持ちでシネレンズを使う時代がやってきた

2017-05-19 掲載

txt:鈴木佑介 構成:編集部

手持ちでシネレンズを使う時代が来た

富士フイルムから、Eマウントで軽量なシネズームレンズが出ると聞いて、まず思いついたことがこれだ。一眼動画やシネマカメラを主軸とする動画軸における、近年のソニーの攻勢は皆さんご存知の通りだと思うが、その中でも、α7S IIやα6500などの一眼カメラに搭載された5軸手ブレ補正と超解像ズームが革新的な機能で、手ブレ補正がないレンズでも、ボディ側で手ブレを抑制してくれる上、全画像超解像ズームはデジタルズームだが解像度が落ちない。

この2つの機能が気に入り、筆者は2015年にカメラ、レンズの撮影機材を全てソニーに、つまりEマウントに入れ替えた。現在EマウントのAPS-C機のフラッグシップモデルである、α6500との組み合わせであれば「手持ち」で使える18-110(約29-175mm)F2.8のシネマレンズになるのだ!

FS7やFS5などのスーパー35mmセンサーの高価なシネマカメラでがっちり構えてシネレンズが使えるのは当たり前だが、一眼で気軽にシネレンズを使えるのであれば是非使ってみたい!と思い、この最強かつ変態とも思える組み合わせで、現場に導入して検証した。

スチルレンズと何が違う?

シネレンズ、と聞いて何を思い浮かべるだろう?筆者は、シネレンズは触ったことがある程度で使用したことはなく、映画やCMで使うもの、描写が綺麗、かっこいい、などポジティブなことから、高級、大きい、重い、サポートロッドやフォローフォーカスが必要、ワンオペじゃ無理、でもいつか使ってみたい、という「憧れ」の存在だった。

ご存知の方もいると思うが、シネレンズはその名の通り、動画(映画)用に設計されている。一部フルフレーム用やマイクロフォーサーズ用もあるが、スーパー35mmセンサー用のものがほとんどだ。大きな特長として、フォーカスはマニュアルとなっており、レンズの筐体にはフォーカスやズームリングにギアが付いていて、スチル用レンズに比べ、フォーカスリングの回転角が広く、フォーカス合わせやフォーカス送りがしやすい。

ズームリングも滑らかで、一般的なビデオカメラのようなクイックズームは難しいが、演出において、じわっとしたズーミングができる。また、フォーカス送りの際にブリージング(ピント調節時の画角変動)が起きず、置きピンができる(被写体に対して望遠でフォーカスを合わせておいて、ズームで画角を変えてもフォーカスがズレない)。絞り(アイリス)の調整も筐体側で調整する。クリックがないので意図的に撮影中に絞りを変える時にもスムーズに変えられる。そのほかに、絞りの表記ががF値(理論上の数値)でなく、T値(実絞り)なことであろう。

MKレンズの特長

今年はシネレンズ(を個人が所有する)元年と言えるほど各メーカーから様々なシネレンズが発売されている。このFUIJNON MKレンズの特長は何だろう?

1:長いけど軽い

長さは約21cm。重量は980gと軽い。一般的な一眼レフの70-200mmあたりのレンズと同等のサイズ感だが、MKレンズの方が軽い。実際持ってみると思いの外バランスがよく、サポートロッドなしでも、マウント部の負担は少ない気がする。小型なので、スチルレンズと一緒に普通のカメラバッグに入る。


2:使いやすい焦点距離

スーパー35mmセンサー用の18-55mm(35mm換算で約29-82mmあたり)T2.9(F値でいうと約F2.8)通しのズームレンズだ。若干広角側が足りない場面もあるが、使い勝手の良い焦点距離だと思う。


3:フォーカスリング類の回転角と重さがちょうどいい

ギアが付いているものの、ほかのシネレンズに比べてズームやフォーカスの回転角と重さ(粘り)がちょうどよく、フォローフォーカスの類を使わずとも手で操作が可能だ。脱着可能なズームリングのレバーが大変使いやすい。


4:マクロ機構

MKレンズにはマクロ機能が付いている。操作が少し特殊でレンズの根元の「MACRO」スイッチを押しながら回すとマクロモードになり、フォーカスを合わせる。

広角で前玉から63cmあたりが最至近撮影距離なのが、このマクロ機構を使うことでおよそ12cmあたりまで寄ることができる。

※テレ端(55mm)側でマクロ機構を使うと前玉面から約48cmが最至近距離
5:ボディ内手ブレ補正は設定が必要

MKレンズは、Eマウントでも電子接点がないため、ボディ内手ブレ補正をきちんと使うにはボディ側で手ブレ補正を効かせる焦点距離を、マニュアルで設定しないといけないことだ。ただ、1mm単位で設定するのはどう考えても面倒だし、撮影中にやっている時間はない。試した結果、この18-55mmを使う時は25mmあたりに設定しておくと、良い感じに手ブレ補正を効かせてくれる。

※90mmなど、望遠側に設定すると、最広角側でもグラグラと揺れてしまうので注意が必要だ。素直に一脚などを使った方が間違いないかもしれないが、同じようにαで手持ちで使おうと思った方は覚えておいて欲しい
6:α7S IIでも使用可能

前述だが、フルサイズセンサーのα7SIIでも使用できるHD撮影時はそのまま(設定によってはメニューからスーパー35mmモードを選択)4K撮影時は四隅がケラれてしまうが超解像ズームで1.4倍~1.5倍くらいにする事で使用できるボディ内手ブレ補正は同じく、マニュアルでの焦点距離の設定が必要になる。


7:レンズ右側には数値が記載されていない

多くのシネレンズはフォーカスマン用に右側にもフォーカスのmやft表記があるが、MKレンズは左側にしか表記がない。ワンマンオペ前提なのだろう。


8:82mmのフィルター径

MKレンズは82mmのフィルターが装着可能だ。内蔵NDを搭載していない一眼で使う場合、可変NDフィルターが使用できるのは嬉しい(安価なNDフィルターは著しく画質劣化を招く可能性があるので注意)。

※角形の専用フードが付いているが、フィルター着用のため不使用
9:やわらかい描写と適応できる撮影環境

MKレンズのテストには、流れを止めずに撮る「テイク」の要素と、こちらでイメージを創って撮る「メイク」の要素を兼ね備えているWeddingでの一眼ダイジェスト動画撮影の現場を選んだ。3組の新郎新婦に協力してもらい、曇天の屋外、スタジオ内、明るい室内など、いろいろな環境下で撮影をしてみた。全体的な印象として、その場の雰囲気をきちんと収めてくれるレンズだと感じた。見た感じのまま、素敵に映し出してくれる。

描写は解放側(T2.9~T4あたり)だと、総じて「ふんわりと柔らかな描写をしてくれる」印象だ。解放で草木などを撮ると、幻想的な感じに描いてくれる解放よりも、F4あたりが丁度よい解像感。T5.6あたりからくっきりとした印象になるが、それでも柔らかさを感じる。敢えてアウトフォーカスさせても雰囲気がよく、逆光表現も悪くなかった。MACRO機構も、小物のアップや指輪のアップなどを撮影する際に便利だった。今回、全ての現場で色温度を5000Kに設定して撮影した。色の方向性としては少し緑に転がるのは、フジの特長だろうか。

前述通り、マニュアルながら、フォーカスもズームも手持ちで使いやすく、解放気味で使えばシネマティックに、絞り気味で使えばビデオライクにもできるのでイメージを創る「メイク」、ドキュメンタリーのように撮る「テイク」の両側面で使えるレンズだと感じた。贅沢を言えば、広角側がもう少し欲しいところ。望遠側は超解ズームがあるのでさほど問題はなかったが、今夏に発売される50-135mmが揃ってこそ、MKレンズの真の実力が発揮される気がする。

※写真は4k動画(PP6)からの切り出し(コントラストと彩度の調整くらいで、色味はいじっていない)

総括

正直言って、シネレンズに「便利さ」はない。自分が行いたい「表現」に必要と感じるのであれば手に入れるべきだと思う。なぜなら、シネレンズは沢山の映画制作の歴史を経て作られ、進化してきた動画撮影用のレンズなのだから。映像制作人口の増加もあって、より刺激的に、本質的に、ただ綺麗に写した映像では通用せず撮る(創る)映像ではないと、いよいよ通用しなくなってきた。

その証拠に最近では自主映画のコンペや、アワードが増えている。機材が出揃った今、Back to Basics(原点回帰)がどんどん進んでいる。原点、その多くは映画だと思う。よく聞く「映画的表現」「シネマティック」のような言葉たちから気づくのは、僕たちのほとんどが自主映画コンプレックスだということ。好きな映画を撮りたくて、自主映画を撮ってみたけど、出来ないことばかりだった昔。2017年の現在、空撮、移動撮影などが気軽にでき、編集やグレーディングが自宅で作業でき、且つシネレンズでさえ気軽に使えるようになってきた。やりたいことが全て叶う時代になったのだ。

そんな風潮の映像制作の世界において、ほとんどの人が同じ機材を使える時代、どこで違いを出すか?作家性なのか、アイデアなのか、描写なのか。仕事とは別に誰もが、自分の表現とは何なのか、遅かれ早かれ向き合わなければいけなくなる。そんなとき我々の「表現」の手助けをしてくれるのが、シネレンズなのだと思う。

レンズ1本が40万円というのは決して安くない買い物だと思うが、フォーカスブリージングもなく、柔らかくも、しっかりと描写してくれるこのMKレンズが15万円のボディでも気軽に使えるという事実に感動を覚えずにはいられない。例えば、動画撮影機材を購入するのに100万円の予算があった場合、70万円のボディと30万円でスチルレンズを数本購入するより15万のボディと40万円のシネズームレンズを2本購入してしまった方がレンズのことであれこれ悩まず、まっすぐに「表現」に打ち込める気がする。

前述だが、今夏にはもう一本のMKレンズ50-135mm(35mm換算で約75mm-203mm)が登場する。この2本があれば大抵の欲しい焦点距離がカバーできる。そしてEマウントなら、α6500、α7S IIやR II、FS5からFS7まで自分のレベルに合わせて様々なボディで使用できるのだ。もちろんセンサーサイズや映像エンジンの差はあるにせよ、正直言ってカメラの描写は「レンズ次第」だと思っている。

ボディが映像を電気信号に変換して記録する機械で、数年ごとに買い換える消耗品だという割り切りで考えると、資産となるのはレンズだと改めて思う。筆者自身もこれからのことを考え、自分の表現を追求すると共にどのシネレンズを導入するのがいいのか、今も頭がいっぱいだ。


WRITER PROFILE

鈴木佑介 日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。


[ Writer : 鈴木佑介 ]
[ DATE : 2017-05-19 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]Vol.04 MAどうする?どうしている?~「おまかせMA」という選択

txt:鈴木佑介 構成:編集部 「Back to Basics」 本コラムでも触れているが、一眼動画によってもたらされた映像制作者人口の増加と機材の進化と共に、求められ... 続きを読む

[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]Vol.03 「メイク」する映像の必修科目~DaVinci Resolve 14とMicro&Mini Panel~

txt:鈴木佑介 構成:編集部 これからの潮流になるであろうDaVinci Resolveと直感的な操作ができるMicro Panel/Mini Panel ここ最近の... 続きを読む

[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]Vol.02 Sony α9で実現する「古き良き”新しい”映像表現」

txt:鈴木佑介 構成:編集部 α9を動画軸で読み解く パっと見、α7シリーズと変わらない大きさ ソニーからα9が登場し、約1ヶ月が過ぎた。ハイエンドのフルサ... 続きを読む

[岡英史のNewFinder]Vol.67 FUJINON MK18-55mm T2.9セカンドインプレッション~NAB取材編

txt:岡英史 構成:編集部 NAB前に手元に来たシネマレンズ FUJINON MKシリーズ すでにファーストインプレッションでその感触を書いたが、その時のセッティ... 続きを読む

[栁下隆之の一眼流映像制作のススメ]Vol.02 MKレンズの実力を試す〜FUJIFILM MK18-55mm T2.9 後編

txt:栁下隆之 構成:編集部 FUJINON MKレンズの強み さて、既にFUJINON MKレンズを購入して運用中という方も多い筈だと思いますが、このレンズ... 続きを読む

WRITER PROFILE

鈴木佑介 日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 鈴木佑介 > [鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]Vol.01 FUIJNONMKレンズ〜手持ちでシネレンズを使う時代がやってきた