PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 猿田守一 > [ATOMOS Review]Vol.05 進化するSHOGUN INFERNO~ファームアップ後、GH5とのコラボレーションに大活躍~

News

[ATOMOS Review]Vol.05 進化するSHOGUN INFERNO~ファームアップ後、GH5とのコラボレーションに大活躍~

2017-06-28 掲載

txt:猿田守一 構成:編集部

ファーム(AtomOS 8.31)アップで広がる新しい機能とは?

ATOMOSのSHOGUN INFERNOであるが、今回最新ファーム(AtomOS 8.31)が搭載された事により3G-SDI×4のクワッドリンクSDIが使用出来るようになった。またCINEMA DNG RAW記録にも対応している。

SHOGUN INFERNOは4Kレコーダーとしてだけではなく、Log収録現場での映像管理、また1500nitの高輝度パネルによるHDRモニタリングや最新のPQガンマへの対応で収録時における作品イメージを確認する事ができ、展示会などでのHDRモニターへの動画再生機などとしての活用も期待できる。

主な仕様

  • 消費電力:10~27W
  • スクリーンサイズ:7.1インチ
  • 解像度:1920×1200
  • 輝度:1500nit
  • 3D LUTサポート、アナモフィック、デスクイーズ表示対応
  • Atom HDR、PQ/HLG入出力
  • 各社Log対応、各社Gamut対応 記録bit深度:10bit
  • 記録コーデック:
    ProRes HQ、4:2:2、LT Avid DNxHR、HQX、HQ、SQ、LB、Cinema DNG RAW
  • 記録解像度/フレームレート:
    4K DCI/UHD:24/25/30/50/60p
    2K/HD:24/25/30/50/60/100/120/200/240p
    *入力方法や記録モードにより収録可能なモードに違いがある

仕様の詳細はこちら

この度ATOMOSさんより最新ファームが搭載されたSHOGUN INFERNOをお借りする事ができたので、筆者所有のPanasonic GH5と組み合わせた使用感などをレポートしていきたいと思う。今回のGH5の起用についてだが、4月に発表されたGH5の最新のファームからHDMI(Ver2.0)より60P 4:2:2 10bitの信号を出力できるようになった。この10bit記録の時は内部SDカード記録が出来ないため、今回お借りしたSHOGUN INFERNOの様な録画機でないとその恩恵にあずかれない。

10bitのおさらい

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2017/06/ATOMOSReview_05_Still07.jpg 4K60P 4:2:2 8bit
※画像をクリックすると拡大します
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2017/06/ATOMOSReview_05_Still08.jpg 4K60P 4:2:2 10bit
※画像をクリックすると拡大します

SHOGUN INFERNOで収録した映像(ProRes HQ収録)をEDIUSにてV-LogのLUTを適用し、分かりやすいように彩度を上げてみた(分かりやすい部分をPhotoshopで切り取っている)。Bokeh(ボケは日本発らしい)ている部分はグラデーションになるので8bitと10bitの差が出やすい部分だ。8bitでは唇や頬の部分にバンディングが出ていることがよくわかる。

2017年6月現在においてHDMI2.0を搭載し60P 4:2:2 10bit出力に対応しているカメラというのはGH5以外ないというのが現状だそうだ。Sony F55やFS7、Panasonic DVX200などもHDMIから60P 4K出力できるのだが、HDMI出力は4:2:0 8bitという事になっている。実際の撮影現場での4:2:2 10bit映像のモニタリングを行おうとするとカメラの出力がそれに対応していないとリアルタイムでの確認は難しい。

今回お借りしたSHOGUN INFERNOはHPRC社製ケース付きのタイプである。ケース内には写真の通り、本体、バッテリー×2、オーディオ変換ケーブル、iLinkケーブル、SSD/HDD用キャディー、キャディー用USB3.0リーダー、ACアダプター×2(本体用/充電用)、バッテリーチャージャー、フード、DC-D-Tapケーブル等が付属する。内容からするとかなりお得なセットとなっている。

GH5とSHOGUN INFERNOを接続しているHDMI2.0ケーブルは別売

本体には2つのバッテリーを付ける事ができる。形状はSony NP-F970Lシリーズとの互換形状になっているのだが、SHOGUN INFERNOの4K収録時の消費電力が大きいためSony純正のNP-Fシリーズではバッテリー保護回路が働いてしまい電力の供給が止まってしまうので使用できない。同梱されているバッテリーならば問題なく動作する。

バッテリーバンク2つとDC入力表示

本体に接続された2つのバッテリーは順次給電していくので、一つ目が無くなった場合は次のバッテリーに自動で乗り換えてくれる。その間に空になったバッテリーを交換すればノンストップで長時間収録する事ができる。また、本機はD-Tap端子からも給電可能。この時モニター右上部に外部電源からの給電表示がされる(ACアダプター運用でも同じように表示)。長時間のロケであれば是非使っていただきたい機能でもある。

入出力系

本機は1.5/3/6/12Gの入力や、Sony F55やCanon C700などの3G SDI 4本接続のクワッドリンクに対応している。C700のCFastカードには、4:2:2 ProRes記録は4K30pまでなので、本機を使う事により4K60P ProRes収録を行う事が出来る。またHDMIはVer.2.0に対応しており、4K60P HDR信号をそのまま出力可能。ダウンコンバート機能を持っているので4K収録時でもHDMI/SDI出力からHD信号を出すこともできる。またモニターモード/カスタムLOOKモード時に3D LUTが適用された信号をビデオ出力する事が可能。他のレコーダーでLUTが当たった状態の映像を記録する事ができる。

Sony F55とSHOGUN INFERNOの組み合わせでは2SI/SDともに自動認識して4K DCI 60pの入力が可能 Canon C700ではQuadLinkはSD出力のみとなるが、SHOGUN INFERNOで4K DCI 60pまで接続できる

加えて、ビデオ信号入力時のスルー出力は常時SDI/HDMI相互でコンバート出力する仕様になっており、HDMI 2.0 4K60p入力を12G SDI+HDMI2.0で同時出力したり、3G QuadLink 4K60p入力を12G SDI+HDMI2.0に同時出力が可能。後述するHDR出力機能や3D LUT適用出力機能を使うことで、撮影時のイメージを他のモニターでも共有できるので、活用範囲はかなり広い。

アナログオーディオ入力にも対応しており側面のコネクターから付属のXLRケーブルを繋ぐことで外部からのオーディオ信号を入力することができる(オプションのXLR入出力ケーブルで、XLR出力にも対応)。

HDRモニタリング機能

外光の強い屋外でも1500nitの輝度の液晶と付属のフードでかなり視認性が高いことがわかる

SHOGUN INFERNOでは1500nitの輝度での表示を実現している。通常のSDRモニターの輝度は100nit(BT.709)までといわれているので、本機の1500nitという輝度は外ロケ時のモニタリングなどで威力を発揮する。ちなみにnitという単位はカンデラ(cd/m2)と同じである。

SHOGUN INFERNOには、Rec.709/AtomHDR/Log to Video/Custom Lookの4つのモードがある。Rec.709は標準的なHD収録での輝度と色域の範囲で表示を行うモードとなる。Atom HDRはLogガンマ収録時のHDR映像としてのモニタリングを行うモードである。カメラメーカーとLog、Gamutを選択する事でポストプロダクション段階でのLog映像の見え方をつかむことができる。

Rec.709 V-Log

撮影時高輝度の被写体を撮影する場合など、どの部分をどこまで飛ばしてもよいのか、あるいは抑えるべきか悩む部分である。

Atom HDRモードではモニタリング時にどの程度高輝度部分が飛んでいるのかを確認できる。Scene Brightness Rangeの下にあるスライダーバーを左右に動かすことでRec.709 100%域からHDR 1490%までのダイナミックレンジを設定できる。ダイナミックレンジを広くする=暗く映るのでカメラからの入力画像の高輝度部分の飛び具合を容易に観察することができる。例えば青空に浮かぶ雲など、カメラモニターだけではどの部分でクリップしているのか判断しにくいのだが、本機でのモニタリングではこのスライダーバーを動かすことで飛び具合を詳細に観察できる。Log収録時における適正露出を見極めるのには有効だと感じた。

Log to VideoモードはLogガンマの映像を3D LUTを用いてRec.709の映像としてモニタリングできる。設定方法はAtom HDRと同様にカメラベンダー(Camera)、Gamma、Gamutをセットする。

Custom LookモードはカメラメーカーやDaVinci Resolveなどで生成された3D LUTファイル(.cube)を読み込むことで、収録時のモニタリングやProRes/DNxファイルにLUTを適用した状態での記録ができるようになる。

これからのHDR収録で一般的になるであろうPQ(ST2084)、HLG(BT2100)のガンマへ対応しており、これらの信号を扱えるグレーディング機器からの出力をモニタリングできる。また、HDR出力機能をONにするとカメラからのLogガンマ映像をリアルタイムでPQやHLGガンマに変換しHDMIや12G SDIから出力することが可能となっている。

Cinema DNGへの対応

今回のファームアップによりCinema DNGへ対応できるようになった。Sony FS RAW (FS700/FS5/FS7+XCDA-FS7)、Canon RAW(C300 Mark II/C500)、Panasonic VARICAM LT RAWに対応している。RAW記録は4K30pまでではあるが、それでもビットレートは3.2Gbps(400MB/s)に達する事もあり、収録メディアも相当高速書き込みができるタイプのSSDでなければ動作しない。今回、動作検証が取れているSonyのProffesional SSD「SV-GS96」をお借りした。

このSSDの書き込み速度は500MB/s(メーカー発表値)とSSDの中でもかなりの高速なメディアだ。動画収録に特化した、安定した記録と寿命を兼ね備えたSSDである。Cinrma DNGによるRAW記録ではProRes記録よりも解像度感が上がるという話も聞く。今回は残念ながらCinemaDNGでの検証には至らなかったが、機会があれば検証してみたい。

使い心地の良さを実感

今回実際にSHOGUN INFERNOを使用してみて思ったことはメニュー構成など画面から直接アクセスでき直感的に操作できる点は今まで通り使い心地がいい。以前SHOGUNでのセット品に同梱されていたACアダプターは形状が同じでバッテリー充電用と本体用と分かれていたため、間違えて充電用の容量の小さいタイプのACアダプターを本体に使用してしまい録画途中で落ちてしまうというアクシデントに見舞われた経験が恥ずかしながらある。今回のセットでは2個とも高容量型のACアダプターとなっており、間違いが起こらないようになっている。

しかし、残念な点が一つ。今回のセットに含まれているフードを物凄く気に入っていたのだが、フードのベース部分(2つのピースから構成されている)の張り合わせが両面テープのため、直射日光下では熱のため剥がれてしまうというアクシデントに見舞われた。この部分は是非ミシン縫いか超音波溶着などしてもらいたいと思う。それ以外はフェースパネルなどは磁石でフード本体に張り付く仕組みになっていたり、画面操作がしやすいように底面にはゴム製のスリットが設けられており、そこから手を入れてパネルにアクセスするなど結構凝った造りになっている。ベルクロなどは使っていない。

今年4月に訪れたNABでは放送向けの2K/4K/HDRであるBT.2100の展示が意外と目についた。この事は映画の世界だけではなく家庭用のテレビに向けたハイダイナミックレンジの扉を開く新たなうねりが起こりつつあるように感じる。Log収録を行われている方はすでに多くいらっしゃると思うが、実際にHDRモニターで確認されている方はまだまだごく一部ではないかと思う。3種類の収録フォーマットに対応した収録機&HDRモニターなので、それぞれの撮影現場で大いに活躍ができる1台ではないかと思う。

機材協力:ソニービジネスソリューション株式会社

WRITER PROFILE

猿田守一 企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。


[ Writer : 猿田守一 ]
[ DATE : 2017-06-28 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

【生産完了】ATOMOS ATOMSHGIN1 4K対応SSD/HDDレコーダー SHOGUN INFERNO [SYSTEM5]
【生産完了】ATOMOS ATOMSHGIN1 4K対応SSD/HDDレコーダー SHOGUN INFERNO [SYSTEM5]
販売価格: ¥204,336(税込)
4K 60p収録、HDMI 2.0、12G-SDI出力に対応。クワッドリンクSDI入力時に常時HDMI、12G-SDIに変換出力するコンバーター機能も搭載したモニター一体型のレコーダーです。

関連のコラム一覧

[Back UP↑]Vol.03 ポータブルストレージが支える4Kワークフロー

txt:江夏由洋 構成:編集部 4Kのワークフローを支えるのは「ストレージ」 4Kや8Kの撮影はデータサイズとの闘いといっていい。一日の撮影量が1TBを超えることは... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.32 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 後編

txt:江夏由洋 構成:編集部 FUJINON MKシリーズが捉える新しい時代 撮影風景。カメラマン2名、アシスタント2名の撮影チーム。スモールユニットが組めるのもMK... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.31 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 前編

txt:江夏由洋 構成:編集部 デジタルシネマワークフローの時代が変わる デジタルシネマの新しい形―MKレンズシリーズ。18-55mmと50-135mmの2本で全域... 続きを読む

[ATOMOS Review]Vol.04 全部入り!SHOGUN INFERNO~著しい進化を遂げるレコーディングモニター~

txt:マリモレコーズ 江夏由洋 構成:編集部 現場の声を詰め込んだSHOGUN INFERNO 12G-SDIに対応したSHOGUN INFERNO。機能満載で登場し... 続きを読む

[On Avid]Vol.05 AdobeユーザーがAvid制作環境へアクセス可能な「MediaCentral | UX connector for Adobe Premiere Pro」

異なるソフト間での共有作業を行うために MediaCentral | UX connector for Adobe Premiere Proによるシステム ある程度... 続きを読む

WRITER PROFILE

猿田守一 企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 猿田守一 > [ATOMOS Review]Vol.05 進化するSHOGUN INFERNO~ファームアップ後、GH5とのコラボレーションに大活躍~