PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > ふるいちやすし > [東京Petit-Cine協会]Vol.85 劇場公開を実現させるために

News

[東京Petit-Cine協会]Vol.85 劇場公開を実現させるために

2017-07-25 掲載

txt:ふるいちやすし 構成:編集部

劇場で、いい音で見て欲しいという作り手の思い

前回お話ししたように、映画「千年の糸姫」の世界配信はすでに始まっていて、お陰さまでなかなか好評なようだ。この契約はワールドワイドで劇場、イベント、ホテルや航空機内、DVDを含む今後開発されるかもしれない道のメディアやネット配信、全てのメディアにおいて独占的に結ばれる。つまり日本国内の劇場公開や映画祭ですら彼らがやるというのだ。しかし前回お話ししたように、国内の劇場公開や配信に関してはすでに動き始めている。もしこの契約を結ぶのであれば、国内の動きを止めなければならない。

幸か不幸か、この動きに出資してくれた人も企業もこの時点では皆無で、私とプロデューサーが止めてしまえばそれで終わりだ。プロデューサーと相談した結果、どうなるか全く先の見えない日本の劇場公開よりも世界配信を優先させることで意見は一致したが、アメリカの小さな配給会社が日本でこのマイナーな映画の劇場公開をやり遂げるとは到底思えず、私はダメもとで日本での日本語版劇場公開とネット配信を独占契約から外してもらえるように交渉してみることにした。

もちろん最初の返事はNOだったが、すでに動き始めているということと、日本での劇場公開にはいろんなレギュレーションのための再編集(現在123分のものを100分以下に!)、フォーマット(DCP)変換、整音が必要で、もちろん広告宣伝も事前。いかに手間と経費がかかり、その割に収益が薄いものであるかを根気強く説明して、最後は半ば強引にそれを認めさせた。中でも難しかったのはネット配信で、こればかりは国内に限定するのは難しい。

そこで、字幕のない日本語版のみという範囲で実質ほぼ国内のみになるだろうというところに落ち着いた。このように経緯だけを書けば簡単だが、実際は大変難しい交渉だった。最後には「それほど利益のない劇場公開に、お前はなんでそんなにこだわるんだ?」と言われる始末。それは海外でも同じで、彼らは手間ばかりかかる劇場公開のことなどほとんど考えていないし、事実、真っ先にネット配信を始めてしまった。

一応、あらゆる国での吹き替え版を製作するためのME版(環境音やSEは活かし、セリフを抜いたもの)は要求されるまま提出はしたのだが、これも英語圏以外で権利ごと売れた場合にのみ使用するためのもので、彼ら自身が吹き替え版を作るというつもりは全くないようだ。よっぽどメジャーな作品でもない限り、今やこれが世界標準の考え方らしい。

事実、同時期に話を持ちかけてきた別のディストリビューターも「最初にAmazonで配信を開始して…」と同じことを言っていた。確かに今も映画館にお客さんが押し寄せている町もある。だが映画館すらない町の方が遥かに多く、それは後進国に限ったことではない。アメリカや中国のような大きな国では映画館のある町まで遠く、そういう国ではケーブルテレビテレビやインターネットサービスの方が一般的だ。少し事情は違うが、小さな町の小さな映画館の経営が立ち行かなくなって消えてゆく日本も似たようなものだ。

従来の、劇場公開→DVD→VOD→テレビという順番は過去のものになりつつある。売れない、借りてもらえないDVDなんかは消えてなくなる可能性もある。作り手としてはやはり暗い劇場で、いい音で見て欲しいというのが情というものだが、彼らはあくまで売り手なのだ。その考え方はもはや通用しないのかもしれない。あとはネットでの視聴環境をユーザーがスマホではなく、せめて大画面テレビにしてくれることを願うばかりだ。

それでも劇場で見てほしい理由

だが今回だけは劇場公開というわがままを通させてもらおうと思った。時代が変わりつつあるとことは百も承知だが、それでもまだ劇場で観たいというお客さんはいる。Amazonに書いて頂いたレビューからもそういう声は聞こえるし、作り手としては出演者も含めてお客様の生の反応を見られる大事な機会でもある。そこでそれを実現するためのクラウドファンディングも始めた。

これはPARCO(パルコ)が運営するクラウドファンディングで、リターン特典には台本やポスターはもちろん、劇中で使用した一点物の小道具や、私自ら案内するロケ地下仁田町のお祭り観覧ツアーなど様々なものを用意しているので、ぜひご協力頂きたいと思う。

確かに手間とお金がかかるイベントだ。皆さんによく言われるのは、劇場公開したら製作者は潤うのでは?ということなのだが、それはメジャー映画のお話。それもちゃんとヒットしなければ製作者まではお金が回らないというのが実情だ。少なくともインディペンデント、マイナー映画に関しては大きく考え方を変えなくてはいけない時期に来ているのだろう。

世界配信は嬉しい限りだが、やはり日本人として日本の皆さんに観てもらう方が難しいというのは残念で仕方ない。仮にこのままVODがメインになったとして、単純に考えても映画館では1,000~1,800円の視聴が何人で観ても200円ほど。一体何倍の視聴者が必要なのか分からない。

いろんな意味で経費は省略できるとしても、国内のマーケットだけを対象にしたモデルが成り立つのか?プラットホームはコンテンツとしていくらで買ってくれるのか?それはそもそもの製作費はどうあるべきなのかを考え直したり、長編作品というものの意味から考え直さなくてはならないかもしれない。不安は尽きない。

だが一つ前向きに受け取って欲しい。製作から映画祭への応募、賞の獲得、配給契約交渉、世界配信開始というここまでの流れは、もちろんたくさんの方の協力は戴いたが、手続きそのものは私個人で出来たし、特別なコネとかお金をを使ったわけでもない。つまり、誰でもできるということだ。特に地方都市からでもできるということを覚えておいてほしい。

私はたまたま東京に住んではいるが、いい作品さえ作れば、その先はどこに住んでいても変わりはない。そう考えるとやはり地方都市での映画製作には、少なくとも今までになかったチャンスが訪れている。大リーグの野茂選手を気取るつもりはないが、ここまではできるということは証明できた。さぁ、皆でその先へ行こうじゃないか!!


WRITER PROFILE

ふるいちやすし 自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。


[ Writer : ふるいちやすし ]
[ DATE : 2017-07-25 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[東京Petit-Cine協会]Vol.87 テレビにおける映像表現の拡がり

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 多彩になった映像のトーン 最近、テレビのドラマやCMが面白い。映像のトーンが実に多彩になってきたように思う。もちろん、大半は古典的... 続きを読む

[東京Petit-Cine協会]Vol.86 世界配信の成功が教えてくれた新しい道

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 映画配給会社を作ってはどうかと考えた幾つかのきっかけ 映画配給会社を作ってはどうかと考えている。おいおい、自分の映画一つもしっかり... 続きを読む

[東京Petit-Cine協会]Vol.84 「千年の糸姫(1000 Year Princess)」の世界配信へ

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 千年の糸姫、世界配信へ ついに、ついに始まった。映画「千年の糸姫(英題:1000 Year Princess)」(主演:二宮芽... 続きを読む

[東京Petit-Cine協会]Vol.83 進化する映像の世界で「高画質」を見極めるということ

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 沖縄国際映画祭に参加 昨年夏、アメリカ・ワイオミング州で撮影監督を務めたドキュメンタリー作品「TETON~山の声」(浜野安宏監督・... 続きを読む

[東京Petit-Cine協会]Vol.82 ロンドン・フィルムメーカー国際映画祭

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 いざ、ロンドンでの映画祭に臨む 前回のアジア国際映画祭に続いて、ロンドン・フィルムメーカー国際映画祭(Internatio... 続きを読む

WRITER PROFILE

ふるいちやすし 自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > ふるいちやすし > [東京Petit-Cine協会]Vol.85 劇場公開を実現させるために