PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [Report Now!]Roland/BOSS 2017秋 新製品発表会

News

[Report Now!]Roland/BOSS 2017秋 新製品発表会

2017-09-22 掲載

さる9月14日、東京都港区のベルサール御成門において「Roland/BOSS 2017秋 新製品発表会」が開催された。デジタルピアノやキーボード、シンセサイザー、電子ドラム、DJ機器、ギター関連製品などの新製品を多数展示するイベントで、毎年1月にアナハイムで開催されている「NAMM Show」 (the National Association of Music Merchants)や、7月にナッシュビルで開催されている姉妹イベント「Summer NAMM」で発表された製品だけでなく、今回初めて発表された製品も多数展示されていた。ちなみにNAMM Showは、演奏者やレコーディングエンジニア、楽器小売店、商社向けの展示会で、楽器業界のNABショー的なものだ。

ローランドは、リズムマシンやシンセサイザー、電子ピアノなどを創業当初から手掛けていることから業界でも定評があり、今回も往年の名器のサウンドを再現できる新製品を発表している。

■モノフォニックシンセサイザー「SH-01A」

アナログシンセ「SH-101」の音色や操作性を踏襲したリファインモデル。往年の名器「SH-101」をUSBやMIDIなどを装備して現代的に復活させた製品となっており、同社はこうした製品を「Roland Boutique」シリーズとしてすでに数機種発売している。写真のキーボードはオプションでカラーバリエーションはレッド、グレー、ブルーの3色がある。

■リニアシンセサイザー「D-05」

ローランド初のフルデジタルシンセサイザー「D-50」の音色を細部にいたる眼で忠実に現在に再現したモデル。USBオーディオやMIDIが搭載されており、PCから制御しながら曲作りを行えるなど実用性を備えている。「Roland Boutique」シリーズの1機種となっており、会場では49鍵のMIDIキーボード「A-49」との組み合わせでデモを行っていた。

■ベースシンセサイザー「TB-03」

伝説の「TB-303」のサウンドをACBテクノロジーで忠実に再現。アクセントやスライドなど特徴的なオリジナルの挙動を再現したシーケンサーで、TB-303と同じピッチ、タイム、ステップでの入力が可能。

カットオフ、レゾナンス、エンベロープ・モード、ディケイ、アクセントなどもTB-303と全く同じ操作を実現。また、4桁LEDディスプレー、オーバードライブやディレイなどのエフェクトのほか、MIDI端子、ファインテンポ・コントロール、パターンクリエイト機能などオリジナルにはなかった新機能も搭載している。

■リズムコンポーザー「TR-08」

30年ほど前に発売されたリズムマシン「TR-808」のデザインや音色を踏襲しており、操作系も当時のものとほぼ同じ構成となっている。サイズは「Roland Boutique」シリーズ共通のA4サイズのコンパクト化されている。

■リズムパートナー「DR-01S」

アコースティックギターなどを演奏する際に本格的で多彩なパーカッションのリズム伴奏を加えて、セッション感覚で演奏を楽しめる。シェーカー、タンバリン、マラカスやカホン、コンガ、ボンゴ、ドラムセットまで、アコースティック楽器と相性の良い18種類のパーカッション音色を搭載。

■電子ドラム「TD-1KPX2」

ツインペダルを使った迫力ある演奏にも対応した省スペースで本格的な演奏ができる電子ドラム。収納時も42×61×75cmほどのサイズとなり、昨年発売された「TD-1KPX-S」より更にコンパクトになっている。

■サンプリングパッド「SPD-SX Special Edition」

通常のドラムにはない音で自由自在に演奏することが可能。音色を保存する内部メモリーの容量が「SPD-SX」の4GBから16GBに容量アップ。最大約50時間(モノラル時)の録音が可能になったほか、音楽制作ソフト「Ableton Live Lite」のライセンスが付属する。

Ableton Live Liteを使ったオリジナルの音色作成やSPD-SX Special EditionをAbleton Live Liteの演奏用パッドとして使うなど、パソコンやソフトウェアと連携させた環境でスムーズに制作・演奏が行える。

■DJコントローラー「DJ-202」「DJ-505」

「DJ-505」はSerato DJ専用コントローラーで、TR-808、TR-909、TR-606、TR-707のサウンド&シーケンサーとの融合が特長。リミックスでだけではなく、TRサウンドとSerato DJサンプラーを組み合わせた自由なシーケンスをDJプレイに取り込むことやトラックメイクをすることも可能(写真右)。

「DJ-202」は、Serato社とのコラボレーションモデルで、Serato DJ Intro用の2チャンネル4デッキのDJコントローラー(写真左)。

■電子ギター「VG-Strandberg」

1980年台初頭に一世を風靡したRolandのギターシンセサイザー「GR-300」のサウンドを3種類搭載。Strandberg Boden J Standardをベースに「BOSS V-Guitar」テクノロジーによるギターモデリングやシンセサイザーサウンドなど20種類のサウンドで演奏することができる。

■ギターエフェクトペダル「JB-2」

コンパクトエフェクター40周年を機に米JHS Pedalsと共同開発したコラボレーションモデル。「BOSS BD-2 Blues Driver」と「JHS Pedals Angry Charlie」をベースにした2つの回路を搭載し、1つのペダルユニットに融合。2軸式のノブを3系統装備し、2つのサウンドのドライブ、トーン、レベルを個別に調整することができるほかモードセレクターで6種類のモード選択可能。

■デジタル管楽器「Aerophone AE-10G」

昨年発売した「Aerophone AE-10」に新たなカラーバリエーションとしてグラファイトブラックモデルが加わった。Aerophoneはサックスの音色はもちろん、管弦楽器から尺八や二胡などの民族楽器まで1台で50種類以上の音色を楽しめる。

■電子キーボード「VR-730」

ライブ演奏で必要なオルガン、ピアノ、シンセサイザーと専用のエフェクトを1台にまとめた電子キーボード。今回新たにオルガン演奏に最適な73鍵のウォーターフォール鍵盤を搭載。オルガン独特の高速トリルや激しいグリッサンドなどの奏法も思いのままに演奏することが可能。

また、鍵盤にはおもりを備えているので適度な手応えがあり、ロックのみならずジャズやバラードなど表現力を必要とするピアノ演奏にも最適。

■VR-09バージョンアップモデル「V-Combo VR-09-B」

ステージでの視認性や操作性がさらに向上した61鍵のVR-09のバージョンアップモデル。本体5.5kgと軽量設計でステージ、野外など場所を選ぶことなくご使用可能なほか、暗いステージでも視認性の高いパネルデザインに変更。

■キーボードシンセ「FA-07」

61鍵のシンセサイザー「FA-06」と88鍵のピアノ鍵盤を搭載した「FA-08」の2モデルのほかに、ライブ演奏派のキーボーディストからの要望に応えた76鍵仕様の「FA-07」がラインアップに加わった。FAシリーズは高品位な音源を搭載し、レコーディングシステムのほかサンプラーやエフェクトなどを搭載しており、本格的な音楽制作を1台で行なえるワークステーション型のシンセサイザーとなっている。

■電子ピアノ「HP-601」

エントリーモデルながら優れた演奏性と耐久性を両立した木と樹脂のハイブリッド鍵盤を採用し、繊細なタッチまで実現した家庭向け電子ピアノ。BluetoothオーディオとMIDIに対応している。

■デジタルピアノ「FPー60」

ライブやリビングルームなどさまざまな場面に対応したスリムデザインの電子ピアノ。グランドピアノの発音の仕組みを細部まで再現した最新音源と優れた弾き心地の鍵盤を搭載したモデル。

会場では1時間弱にわたり新製品の解説が行われたほか、いくつかの機種では演奏デモも行った。会場の周囲には今回発表された新製品のタッチアンドトライのコーナーが設けられており、製品個別の詳細な質問も受けられるようになっており、人垣ができるほど盛況だった。


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2017-09-22 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Report Now!]札幌で開催されたLOGIC JAM放送機材展

txt:岡英史 構成:編集部 IBC直後の放送機材展「LOGIC JAM」 InterBEEを残し、今年の国内放送機器展の最後となる、北海道・札幌で開催中のLO... 続きを読む

[イベント映像演出の世界]Vol.15 イベント/ステージに関わる業務をワン・ストップでサポート。強みを生かしたシステム作り~セカンドステージ株式会社

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 機材一式をオリジナルキットとして制作・運用 舞台音響会社としてスタートし、現在は照明、映像、ワイヤレスマネジメントなど... 続きを読む

[Report NOW!]アストロデザイン プライベートショー2017~4K/8K、HDRなどの先端技術に対応した各種測定器や映像機器を展示

txt:稲田出 構成:編集部 4K/8K、HDR対応の各種測定器や映像機器の展示、セミナーを開催 2017年7月13日と14日の2日間、東京・大田区南雪谷にあるアストロ... 続きを読む

[カンヌ・ライオンズ2017] 日本からの秀作も好評〜 後編

txt:河尻亨一(銀河ライター/東北芸術工科大学客員教授) 構成:編集部 引続きカンヌ受賞作を紹介! 前編に続いて、世界のクリエイティブ祭「カンヌ・ライオンズ2017」... 続きを読む

[カンヌ・ライオンズ2017] 人間味あふれるプロ・フィルムへの回帰?〜 前編

txt:河尻亨一(銀河ライター/東北芸術工科大学客員教授) 構成:編集部 世界の広告が一堂に介するカンヌ・ライオンズ2017 世界の広告キャンペーンの“てっぺん”を決め... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [Report Now!]Roland/BOSS 2017秋 新製品発表会