PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > ふるいちやすし > [東京Petit-Cine協会]Vol.87 テレビにおける映像表現の拡がり

News

[東京Petit-Cine協会]Vol.87 テレビにおける映像表現の拡がり

2017-09-29 掲載

txt:ふるいちやすし 構成:編集部

多彩になった映像のトーン

最近、テレビのドラマやCMが面白い。映像のトーンが実に多彩になってきたように思う。もちろん、大半は古典的とも言える隅から隅までライトの当たったド真ん中映像だが、時々、よくこんなのが通ったなぁと思える暗い映像や、カラーバランスを意図的に崩したり解像度を落としたりといった自由な表現のものが増えてきている。

「通った」というのにはわけがある。私が映像を始めた頃はなかなか通れない関所があったのだ。それがテレビ局への納品の前に立ちはだかるポスプロスタジオで、そこには大概怖そうな編集マンがいて、暗黙のレギュレーションみたいなものがあって(実際当時はプログレッシブ素材はダメと言い張る人もいた)、その人に「これ、大丈夫っすか?」とか、もっと露骨に「これじゃあ流せねえな」とか言われちゃったらアウト。

もちろん彼らがテレビのクオリティの番人であることは間違いないし、何よりもクレームが来ちゃったら大変だというテレビ局からすれば、彼らの目や耳は最後の砦といったところだろう。特に自主映画上がりでテレビの常識なんかこれっぽっちも知らない私が、意味もわからない波形を指差されてギロっと睨まれたらひとたまりもなかった。そんな恐怖を知っている私の感覚からすると、とても通りそうにない映像が電波に乗って流れちゃってるんだ。

これは正直、嬉しくて仕方ない事なんだが、一体何が変わったのだろうか?局が攻めているのか、視聴者の目が寛容になってクレームが減ったのか、ポスプロの怖いおじさんが定年退職したのか、はたまたクリエイターの押しが強くなったのか。多分その全てが少しずつ影響しているんだろう。事実、テレビの中の映像表現の幅は確実に拡がっている。

注目すべきは彩度の低いもの。その中にはLogで撮ったまんまを流してるんじゃ?と思ってしまうほど眠い色のものも見受けられる。カメラもテレビも「色鮮やか」を美徳として作られてるこの時代には明らかに逆行しているともとれるこの挑戦は、私個人としては大歓迎だ。事実、私も撮影の段階でまずカメラの彩度は落として撮る。

理由はデジタルっぽさの緩和と、長時間見続けてもらう映画で視聴者の感度を麻痺させたくないというものだが、10分に一度CMが入るようなドラマでそれをやるには勇気がいるはずだ。ドラマの間にどんなビビッドなCMが飛び込んでくるかわからないし、そこから戻った時の色の浅さには驚いてしまうだろうし、実際そういう経験もある。そのCMに至っては15秒で印象を焼き付けなくてはならないはずなのに、そこで彩度を落とすというのは、冒険以外の何物でもない。

そしてこの冒険には美術、照明、ヘアメイクの理解が不可欠なはずなんだが、いつの間にそういう環境が出来上がったのか不思議でならない。ひょっとすると、Log素材から色を必要なだけ出していくという作業の中から偶然生まれたものなのかもしれないなどと、意地悪な空想までしてしまう。

もしそうなら、現場のスタッフはLUTを当てた普通の色を見てるわけだし、大した意識改革も要らないだろう。現にこのような色の挑戦が始まった時期と、Log収録が流行りだした時期とが妙に重なる。言うまでもなく、Logというものはダイナミックレンジを稼ぐためのものだから、もし私の想像が正しければ、これはとんだ偶然の副産物だと言える。

撮影現場でカメラをコントロールすることによって画を作る

Logで撮ってポスプロでグレーティングが主流になっている現在、私はそれを撮影現場でカメラをコントロールすることによって画を作る。なぜならこれほどドラスティックに色調やコントラスト、シャープネスなどを作ることは単なるカラーエフェクトではなく、作品性に直接関わるトーンを作るということだからだ。その作品性が最も溢れ、演者やスタッフがそれを共有している撮影現場で、トーンだけは後でスタジオでやるからということにはしたくない。

もちろんそれをモニター設備が充分とは言えない現場でやるということは危険だ。だから何?安全性を重視していては大した作品にはならない。そこまで強い主張を持つ画作りには、好き嫌いもはっきり別れてしまうだろう。事実、現在世界配信が行われている私の映画「千年の糸姫」のレビューを見ても、美しい、素晴らしいというお褒めの言葉からチープな画像という酷評まで、様々だ。

私は決して怯まない。見る人全てが気に入るトーンを目指した瞬間、臆病になり、作家性は失われてゆく。まぁ、そんな冒険をテレビの仕事でもできるかというと、ちょっと考えてしまうが。だからこそ、最近のテレビで勇気のある画作りが行われてのには驚きと尊敬を隠せないのだ。

それとは別に、特にCMで目立つのがシネスコープなどのワイドスクリーンで仕上げられてるもの。これは正直言って意味が分からない。それは劇場専用のアスペクト比で、16:9の画面では上下に黒みが入るだけだ。ある種のファッション性なのかもしれないが、この黒みがどうにも鬱陶しい。ワイド感は横だけではなく縦にもあるはずなので、画面いっぱいに使う方が良いに決まっている。

いつでも劇場でかかることを意識する

私は映画であっても劇場でかかる可能性の低いもの、そうでなくても明らかにテレビやパソコンでの視聴が中心となるものは、必ず16:9で撮るようにしている。前回書いたように、近い将来、劇場がなくなることはなくても、劇場を意識しない映画の世界は必ず確立される。その時にワイドスクリーンがどういう意味を持つのか、冷静に考えた方がいい。

理由はどうあれ、映像表現の自由度が拡がったのは嬉しい。キャスティング頼みのドラマという意味では、演技のクオリティーや脚本のつまらないものが多いのは相変わらずだが、それは非常に残念なことにメジャー映画も似たようなものだ。本来、より自由度の高いはずの映画がテレビより先を行っていなくてはならないのだが、そういう印象がないのだ。

いくら予算があっても映画館への動員を考えると、どうしてもキャスティング頼みになり、現場にはいろんな意味で余裕がないのだろう。せめて映画館への動員を考えない自主映画では、テレビに負けない挑戦的な映像表現をしていかなければならないと思う。それができれば自主映画ならではの魅力もできるだろうし、それが存在意義にもなりうる。

自主映画の世界には怖いポスプロのおじさんは存在しないのだから、本来テレビよりも凄い表現が可能なはず。それを肝に銘じて作品を作り上げよう。脚本や芝居を練り上げよう。次々に現れる新しい機材や技術を、既存のルーティンに組み込むだけではなく、ルーティンや常識を変えてでも今できる精一杯の冒険を楽しもう。テレビに負けるな!


WRITER PROFILE

ふるいちやすし 自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。


[ Writer : ふるいちやすし ]
[ DATE : 2017-09-29 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[東京Petit-Cine協会]Vol.88 日本映画のレベルを底上げするために必要なこと

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 映画とは美術であり、文学であり、音楽である ああ、また残念な映画を観てしまった。それもそこそこちゃんとした映画館で。今日は批判... 続きを読む

[東京Petit-Cine協会]Vol.86 世界配信の成功が教えてくれた新しい道

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 映画配給会社を作ってはどうかと考えた幾つかのきっかけ 映画配給会社を作ってはどうかと考えている。おいおい、自分の映画一つもしっかり... 続きを読む

[東京Petit-Cine協会]Vol.85 劇場公開を実現させるために

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 劇場で、いい音で見て欲しいという作り手の思い 前回お話ししたように、映画「千年の糸姫」の世界配信はすでに始まっていて、お陰さまでな... 続きを読む

[東京Petit-Cine協会]Vol.84 「千年の糸姫(1000 Year Princess)」の世界配信へ

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 千年の糸姫、世界配信へ ついに、ついに始まった。映画「千年の糸姫(英題:1000 Year Princess)」(主演:二宮芽... 続きを読む

[東京Petit-Cine協会]Vol.83 進化する映像の世界で「高画質」を見極めるということ

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 沖縄国際映画祭に参加 昨年夏、アメリカ・ワイオミング州で撮影監督を務めたドキュメンタリー作品「TETON~山の声」(浜野安宏監督・... 続きを読む

WRITER PROFILE

ふるいちやすし 自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。2017年よりアドビ公認エバンジェリスト「Adobe Community Evangelist」に認定。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > ふるいちやすし > [東京Petit-Cine協会]Vol.87 テレビにおける映像表現の拡がり