PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [OnGoing Re:View]Vol.33 プロ向けのジンバルとして大きく生まれ変わった「DJI Ronin 2」

News

[OnGoing Re:View]Vol.33 プロ向けのジンバルとして大きく生まれ変わった「DJI Ronin 2」

2017-10-02 掲載

txt:吉田泰行(株式会社アルマダス) 構成:編集部

イントロダクション

DJIが初代のジンバルであるRoninを発表したのは2014年のこと。Roninはライバル機種に比べコストを大幅に下げつつも、ペイロードが本格的なシネマカメラを積める7.2kgもあり、拡張性の高さからインディーズ系からプロまで様々な撮影現場での導入が進んだ。

それから3年。DJIから最新ジンバルであるRonin 2が発表された。初代Roninに比べモーターパワーや操作性が大幅に改良されており、プロ向けのジンバルとして大きく生まれ変わった。まずはスペックなどから今までのDJIジンバルとの違いを見ていきたい。

ペイロード

Ronin 2が、今までのDJIジンバルと大きく異なる点としてペイロードが挙げられる。Ronin 2のペイロードは13.6kgと、Roninの2倍近くに達し、シネマズームなど本格的な撮影セットアップにも対応可能だ。

DJIジンバルのペイロード一覧
Ronin 7.2kg
Ronin-M 3.6kg
Ronin-MX 4.5kg
Ronin 2 13.6kg

モーターがRoninの8倍も強力になったため、運用の柔軟性も大幅に向上している。ジンバル運用の基本は、カメラのバランスを取ることから始まる。従来機種ではバランスをかなりシビアに取らないと振動が発生し、映像が歪むことがあったがRonin 2はモーターの力により押し切ることが可能だ。撮影現場では、レンズ交換やセットアップの変更ごとに時間をかけてバランスを取ることは難しい。そうした中で、パワフルなRonin 2は撮影準備にかかる時間を大幅に短縮できる。

カメラケージ

筆者がRonin 2で一番改良された点として、カメラケージを挙げたい。大型のカメラをRoninに載せる場合、サードパーティーのボルト留めの拡張アームを使う必要があった。これによりかなり大型のセットアップでも対応できるようになったが、拡張アームを装着する際に誤って配線を切ってしまったり、スタンドに拡張アームが当たりバランス調整にCスタンドが必要になったりと、取り回しが悪かった。

Roninは拡張アームを取り付けて大型のカメラの搭載が可能である。しかし取り付けには細心の注意が必要で、内部の配線を切ることもあった。また拡張アームを取り付けるとスタンドとジンバルが干渉する問題もあった

Ronin-MXも業務用カメラの搭載が可能だが、カメラケージがRonin-Mと同じ小型サイズのため最大ペイロードに達する前にバランスが取れなくなったり、業務用カメラがケージに入らないことが多々あった。また、業務用カメラ搭載の場合、カメラケージの奥行きが狭くカウンターバランスユニットを付ける必要があった。

Ronin-MXのカメラケージはRonin-Mと同一のサイズで、大型カメラの取り付けには非常に苦労する。軽量レンズ以外の取り付けは難しく、上記写真のようにカウンターウェイトを付けないとバランスを取ることができない

しかし、Ronin 2ではカメラケージがあらかじめ大型に作ってあるため、ほぼ全てのシネマカメラの搭載が可能である。特にケージの高さが拡張されているので、EOS C300 Mark IIなどビューファインダーが突き出しているようなカメラでも問題なく搭載が可能だ。アームも5cm拡張可能なため、従来のようなボルト留めの延長アームを取り付ける必要もなく、業務用カメラを使うプロにとっては非常に使い勝手が良いシステムだ。

拡張性の高さ

Ronin 2は、アームの各所に電源ポートやSDIポートが複数箇所埋め込まれており、撮影の利便性が非常に高くなっている。カメラのほかOdysseyやATOMOS SHOGUNなどのレコーダーも、D-Tapポートから給電が可能で非常に便利だ。

なおRonin 2の給電は、Inspire 2用のTB50バッテリー(出力97.5W)2本で行う。RISING SUN ROCK FESTIVALで行った検証でRED WEAPON 8Kを使って撮影を行ったが、REDとOdyssey7Q+、DJI Focusを給電しつつ2時間半ほど撮影が行えた。REDは燃費があまり良くなく、IDXのDUO-C190でも2時間弱しか撮影できないため、この検証結果には驚いた。なので、消費電力の少ないほかのシネマカメラではRonin 2を使いつつ、もっと長時間撮影ができるのではないかと感じた。

重量

Ronin 2は、プロ向けの機能を大幅に強化した代償として従来機種より重量が増えている。Roninの本体重量が4.2kgに対し、Ronin 2の撮影時の自重(本体+グリップ+バッテリー2本)は、約7.5kgで手持ちでの撮影はかなり厳しい。運用にあたっては耐荷重の大きなリグは必須である。一眼レフなどをメインカメラとしているコンパクトな撮影を行うユーザーには、サイズの点からあまり向いていないであろう。

ただしRonin 2は、大型の業務用カメラを使うプロを想定ユーザー層としている。これだけのペイロードを確保するにはモーターやシステムがどうしても大型にならざるを得ない。Ronin 2には高品質なカーボンをフレームとして採用しており、同種のシステムでは可能な限り軽量化はされている。リグを含めハイエンドな機材を運用しているユーザー層は問題なく運用できるのではないであろうか。

Ronin 2 in Action

今回作例として、中日本航空株式会社の協力を得てAS350ヘリコプターにRonin 2を搭載した。搭載カメラはRED WEAPON 8Kで、レンズはフルサイズに対応した数少ないシネズームであるZEISS 28-80mm CZ.2を使用した。

筆者が行う従来のヘリコプター空撮では、RoninやRonin-Mを使用していた。しかし、ヘリコプター飛行時の微振動を吸収しきれず、必ず編集でスタビライズ処理を行う必要があった。またモーター出力が不足しているため、ズームレンズを装着すると振動が発生する問題もあった。空撮ではワイドの撮影が基本であるものの、特定の被写体を撮りたい場合かなりの制限が生じていた。

今回重量の大きなZEISS 28-80mm CZ.2で空撮を行ったものの、全く問題なく運用が行え、特にRonin 2のカメラケージは上下でガッチリとカメラをロックするため微振動が大幅に軽減された。

ズームを行う際、ZEISS 28-80mm CZ.2では内部でレンズの重量バランスが変わってしまうが、Ronin 2のモーターパワーの力で押し切り大きな振動は発生しなかった。今回最大4K 80mm(35mm換算で204mm)のズーム撮影を行なったが顕著な振動は発生しなかった。

ヘリコプター空撮では、CineflexやShotoverなどの高性能なジンバルの方が、取り回しや運用の面ではベストなソリューションではある。しかしシステム単価が1億を超え、日本にはこれらのシステムを完備したヘリコプターはごく少数である。地方ロケの場合は東京から撮影現場までヘリコプターを輸送する費用がかかり、かなりのコストが発生してしまう。

■Nagoya City Aerials:Shot on Ronin 2&Zeiss 28-80mm CZ.2

一方Ronin 2を用いたヘリコプター空撮の場合、撮影できる角度に制限はあるものの、かなりの品質での撮影が可能だ。またチャーター費用も30分(AS350)で15~20万円程度と比較的安価なため、全国の空港に配備されているAS350を使えばコストを大幅に抑えた本格的なヘリコプター空撮が可能になる。今回はヘリコプター空撮という特殊な撮影に挑戦したが、Ronin 2のパワーの強さを大いに実感できた撮影であった。

まとめ

Ronin 2は今までのDJIジンバルとは一線を画したプロ向けのジンバルシステムである。ペイロードや取り回しが大幅に改善されており、大型のカメラでも問題なく運用可能だ。重量が重いなど課題はあるものの、シネマカメラを本格的に運用するハイエンドユーザーにとっては、あまり大きな問題にはならないであろう。リグを使った撮影からカーマウント、ヘリコプター空撮まで多種多様な現場で今後もRonin 2は活躍するのではないか。


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2017-10-02 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[OnGoing Re:View]Vol.32 バレットタイム機能を新搭載!次世代360°自撮りカメラInsta360 ONE

©日本テレビ txt:駿河由知 構成:編集部 協力:日本テレビ放送網株式会社、株式会社オールアバウトナビ、Facebook navi 4K・2400万画素の36... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.31 最大25枚のSDカードにリアルタイム収録が可能なBlackmagic Duplicator 4K

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 H.264&H.265エンコーディングをリアルタイムで実行するSDカード・デュプリケーターBlackmagic Duplic... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.30 プロ仕様設計のコンバーター-~Blackmagic Design Teranex AV

txt:稲田出 構成:編集部 Teranexシリーズの上位機種「Teranex AV」 Blackmagic Designは小型コンバーターを得意としたメーカー... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.29 一歩進んだGoPro映像制作を~GoPro Karma Grip

txt:松本敦 構成:編集部 GoPro Karma Gripの半年使用レビュー GoPro社から撮影時の手ブレを抑える純正ジンバル「Karma Grip」が発売してか... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.28 ATEM Television Studio Pro HD

txt:井上晃 構成:編集部 Blackmagic Design ATEMシリーズに一体型スイッチャーが登場 本年3月に簡易なコントロールパネルを備えてリニューアル... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [OnGoing Re:View]Vol.33 プロ向けのジンバルとして大きく生まれ変わった「DJI Ronin 2」