PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.86 VES主催VES Summit 2017が開催される

News

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.86 VES主催VES Summit 2017が開催される

2017-11-24 掲載

VES Summit 2017の会場となったビバリーヒルズのソフィテルロサンゼルスホテル
取材&写真:鍋 潤太郎

VES Summit 2017

2017年11月4日、VES(ビジュアル・エフェクツ・ソサエティ/米視覚効果協会)主催による「VES Summit 2017」というカンファレンスが、ビバリーヒルズにあるソフィテルロサンゼルスホテルにて開催された。

VESは、ハリウッドのVFX業界に従事するテレビ・映画・ゲームなどの映像系プロフェッショナルを対象とした協会で、ハリウッドの数ある映画ギルドの1つでもある。VESは会員を対象とした各種セミナーやカンファレンスを積極的に実施している。テーマは毎回異なり、最新作の試写会&スーパーバイザーによる質疑応答だったり、VFX現場寄りのメイキング・セミナーだったり、最新のテクノロジーを紹介したテクニカルな内容だったりと、ジャンルは幅広い。

VES Summitは2009年から毎年秋に開催されており、今年で9回目を迎える。元々はVEXスタジオのエグゼクティブ、プロデューサー、マネージャーなどを対象とした「先進VFXスタジオ首脳会議」のような位置づけで、プロダクション経営やマネージメントに携わる人々を対象としたカンファレンスだった。それゆえ、第1回開催当時の参加費は1人495ドル(VES会員は395ドル)と、かなり高額だった。

しかし、近年は現場のアーティストやエンジニアも参加しやすいように、1人299ドル(VES会員は199ドル)と、依然として安くはないものの(笑)、多少リーズナブルな値段に設定されている。テーマも初期のスタジオ運営に関するお題目から、最近では業界のトレンドやテクノロジーの最新動向をシェアする内容へと変革を遂げているようだ。

会場のソフィテルロサンゼルスホテルのボール・ルームはほぼ満席。各セクションでは活気に満ちたパネルディスカッションが繰り広げられた。この日のカンファレンスは以下のスケジュールで開催され、朝早くから夕方まで休憩を挟みながら行われた。

■スケジュール

8:30 レジストレーション、コーヒーと軽食で親睦タイム
9:30 ラウンドテーブル・ディスカッションその1
10:25 基調講演:エイヴァ・デュヴァーネイ氏
11:10 休憩
11:25 講演:イヴァン・アサートン氏(Autodesk)
11:50 講演:ダグラス・トランブル氏(VES)
12:15 昼食
13:45 講演:ジェイソン・ブレニック氏(IMAX)
14:10 講演:ゲビン・ミラー氏(Adobe)
14:30 講演:ヘマンシュ・ニーガム氏(SSP BLUE)
15:00 休憩
15:10 ラウンドテーブル・ディスカッションその2
16:05 講演:ノニー・デラ・ペーニャ氏(EMBLEMATIC GROUP)
16:30 特別講演:シド・ミード氏
17:30 VES特別賞&VES殿堂授賞式
18:30 親睦会

この模様を、要約してフォトレポートの形でお届けすることにしよう。

VES Summit 2017のスポンサー企業 冠スポーンサーはHoudiniでお馴染みのSideFX社。ハリウッドのエフェクト・アニメーション分野で広いシェアを持つ 協賛メディアの映像雑誌も、無料でお持ち帰りできる 冒頭で開会の挨拶を行う、VES代表のエリック・ロス氏

ラウンドテーブル・ディスカッション1&2

「ラウンドテーブル・ディスカッション」では、各テーブル毎に13種類の異なるテーマが設定されており、レジストレーションの際に興味のある分野を選択できる。ラウンドテーブル・ディスカッションは午前と午後の2度に分けて行われ、参加者は2つのテーマを選んで参加した。

各テーブルでは、テーマに沿って議論や情報交換などが行われる。ラウンドテーブル各テーブル毎の議題は以下の通り。

  • 韓国と中国におけるVFXプロデュース:そのプロセスとチャレンジとは
  • VFXスーパービジョンそのチャレンジと成功の鍵
  • 脚本が来た、さて次にどうすべきか
  • ゲームエンジン:リアルタイム・レンダリングの未来
  • バーチャル・プロダクションの未来
  • VR:さまざまなアプローチ事例
  • クラウド・ベース:レンダリングやワークフロー最新事情
  • 完成度の高い街並みの表現とは 映画・TV・ゲーム
  • デジタル・ヒューマンの表現について
  • AIがパイプラインに及ぼす影響は
  • 無限の可能性が広がる、テレビにおけるVFX表現
  • アニメーションにおけるハイエンドVFXとは
  • 撮影時に行うプラクティカルなエフェクトVS後処理で行うデジタルなエフェクト

基調講演:エイヴァ・デュヴァーネイ氏

アフリカ系アメリカ人の女性監督として近年注目を浴びているエイヴァ・デュヴァーネイ氏による基調講演。

デュヴァーネイ氏:フィルム・メイカーとして、VFXをストーリー・テリングの中で効果的に使用していくことは、大変エキサイティングで興味深いことです。最初は“デジタル・ダブル”という言葉すら知りませんでしたが、群衆シーンで初めてVFXを使用した時、その映像効果や可能性に開眼しました。現在制作中の映画「A Wrinkle in Time」(2018)でもVFXを駆使していますが、今日はこの会場の中にも、携わって下さっているVFXチームのみなさんの姿が見られ、大変嬉しいです。

講演1:イヴァン・アサートン氏/Autodesk

Autodesk社からイヴァン・アサートン氏が登壇し、以下のようにアピールした。

アサートン氏:テクノロジーの進歩で、手書きからコンピューターへとツールが移り変わり、クリエイティブの表現の幅は大きく広がりました。その中でAutodeskのプロダクトは、エンターテイメント、工業ロボット、VRなどのさまざまな幅広い分野で貢献しているのです。

※筆者は、前半は後方のテーブルに座っていたのだが、場内を後ろから見渡すと白髪やハゲ頭も目立ち、ハリウッドのVFX業界における層の厚さを「思わぬ形」で再認識させられた

講演2:ダグラス・トランブル氏/VES

「2001年宇宙の旅」(1968)、「ブレードランナー」(1982)などの視覚効果で知られる「特撮の神様」ダグラス・トランブル氏による講演。

トランブル氏:映画館という場所は、観客が特別な体験が出来る重要な場所です。ジェームズ・キャメロン監督ピーター・ジャクソン監督が秒48コマに着目したように、次はFPS(1秒あたりのコマ数)に議論の余地があります。私個人は、”解像度よりもFPSを上げた方が、映像のクオリティが高くなる”と考えています。今後、映画製作者+映画館+映写機器関連企業の3者と、積極的に議論を重ねていきたいと思います。この3者が同じ土俵で一緒に考える、ということがとても大切なのです。

ランチ休憩

ソフィテルロサンゼルスホテルのレストランとテラスで、バフェ形式ランチが無料提供された。参加者同士で談笑しながらのランチ。開催日はハロウィン直前という季節柄もあり、レストラン内にはハロウィンらしいデコレーションも。

講演3:ジェイソン・ブレニック氏/IMAX

ブレニック氏:VR分野では、ヘッドマウントディスプレイなどの様々なハードが開発されていますが、最近はVRCADEやVR Game Cafeのように、特定の場所へ行ってVRを体感できる「ロケーション・ベースド・VR」も増えてきています。最近、IMAXはVR分野にも力を入れ始めました。ロサンゼルスに今年オープンしたIMAX VRでは、映画館のように、時間ごとに複数のVRコンテンツが楽しめます。ぜひともご来場頂き、体感してください!

講演4:ゲビン・ミラー氏/Adobe

ゲビン・ミラー氏は、Adobeプロダクツが持つ可能性を映画に例えて分かり易く、楽しくアピールした。

ミラー氏:今の子供達の世代では、スマートフォンやタブレットなど、我々が幼少の頃にSF作品で見たような光景が現実のものになって来ています。さて、果たして未来の我々の日常はどのように変化するでしょうか。スタートレック風でしょうか?それともハリーポッター風?テクノロジーが未来に与える可能性は無限です。

講演5:ヘマンシュ・ニーガム氏/SSP BLUE

MPAAのインターネット・セキュリティー責任者を務めた経歴を持つ同氏による“ハッカーに攻撃された場合、ハリウッドはどう応戦すべきか”の講演。

ニーガム氏:私達には、日々フィッシング・メールが送り付けられてきます。銀行から口座情報のアップデートを求めるメールなど、“敵”はありとあらゆる方法でみなさんを狙ってきます。クライアントのメールアドレスがハックされ、「今すぐ、ここをクリック」と求めてくるケースもあります。相手が一流企業にも関わらず文面の英語が微妙だったり、リンクやドメイン名が怪しかったら、まず疑う。そして相手が取引先やクライアントであれば、まずは確認の電話を入れるなど、そういう小まめな対応や警戒が情報漏洩を防ぐ盾になるのです。

と、身振り手振りを踏まえて解説した。

ノニー・デラ・ペーニャ氏/EMBLEMATIC GROUP

近年、VRを駆使したドキュメンタリー作品で注目を浴びているノニー・デラ・ペーニャ氏による講演。

ペーニャ氏:私が制作しているのはVRによるドキュメンタリー作品です。実話に基づいたシリアスな内容のストーリーを題材にしており、映像を見た人がショックのあまり泣き出すこともあります。ドキュメンタリー作品を、360°のVRで表現しています。フォトグラメタリーによってセットを3Dに変換し、リアリティを高めることもあります。

著者注:こちらのリンクを見ると、より詳しい情報がご覧頂けることと思う

特別講演:シド・ミード氏

今年84歳になられるという、インダストリアル・デザイン&コンセプト・アートの巨匠、シド・ミード氏による講演。

ミード氏:絵は3才の時から描いています。思えば子供の頃から、未来のデザインをいつも考えていました。私のデザインやアイデアは、リサーチによる蓄積がベースになっていると思います。もちろん昔はネット検索なんてありませんから、図書館へ通っては書籍や写真をたくさん見てリサーチを重ねたものです。59年にアートセンターを卒業後、「US Steel Book」で未来のデザインを描いたのが初仕事でした。

その後「エイリアン」(1979)、「トロン」(1982)や「ブレードランナー」(1982)などで映画の仕事が増えていきました。現在公開中の「ブレードランナー2049」でも、ラスベガスのシークエンスでデザインを担当してます。私の今後の展望ですか?まずは、健康でいること(笑)。そして自分より高いスキルを持つ優れた人々と親交を持ち、常に自分を高めていく姿勢が大切だと考えています。

VES特別賞&VES殿堂授賞式

VES Summit 2017の締め括りとして、ESの特別賞、そして新設された「VES殿堂」に殿堂入りした人物の発表および表彰式が行われた。特にVES殿堂(VES Hall of Fame)では今回21人が選定され、その中からこの日の表彰式に出席可能な人物が来場、表彰が行われた。

上記リンクをご覧になればご理解頂けると思うが、全員がハリウッドのVFX業界の巨匠ばかりで、この日の表彰式でもビッグネームが総揃い。この場にいられたことは、極めて貴重な体験となったのは言うまでもない。

デニス・ミューレン氏 フィル・ティペット氏 エド・キャットマル氏 ダグラス・トランブル氏 ジョン・ノール氏

おわりに

VES Summit 2017のレポート、いかがだったであろうか。あまりにも盛り沢山の内容で、その全てをご紹介することができないのが残念ではあるが、少なくともその一端をお伝えする事は出来たのではないだろうか。今後もこのようなイベンドがあれば、鋭意ご紹介していきたいと思う今日この頃である。


WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


[ Writer : 鍋潤太郎 ]
[ DATE : 2017-11-24 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.87 IMAX VRセンターロサンゼルス突撃レポート

取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに 先月の本欄で紹介した「VES主催 VES Summit 2017」の中で、パネラーの1人として登壇したIMAXのジェイソン・ブレニック... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.85 「芸術の秋 ジョン・ウィリアムズ Maestro of the Moviesコンサート」

取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに ハリウッド・ボウル。入口にあるサイン。ジョン・ウィリアムズの名前が見える ロサンゼルスは「エンターテインメント・キャピタ... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.84 SIGGRAPH2017 エレクトロニック・シアターレポート

夏と言えばSIGGRAPH。背後には映画「This Is It」(2009)でもお馴染みステープルス・センターが見える 取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに 我々VF... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.83 全米ボックスオフィスに見る、この夏のVFX&長編アニメーション動向

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」を上映するセンチュリーシティのAMCシアター 取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに アメリカ地方も夏休みに突入し、映画館では話... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.82 SIGGRAPH 2017の見どころ

取材&写真:鍋 潤太郎 もうすぐSIGGRAPH 2017(写真は昨年のアナハイムでのSIGGRAPH 2016) はじめに ♪も~いくつ寝ると~SIGGRAPH~♪... 続きを読む

WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。2017年よりアドビ公認エバンジェリスト「Adobe Community Evangelist」に認定。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.86 VES主催VES Summit 2017が開催される