PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.87 IMAX VRセンターロサンゼルス突撃レポート

News

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.87 IMAX VRセンターロサンゼルス突撃レポート

2017-12-01 掲載

取材&写真:鍋 潤太郎

はじめに

先月の本欄で紹介した「VES主催 VES Summit 2017」の中で、パネラーの1人として登壇したIMAXのジェイソン・ブレニック氏が、今年ロサンゼルスにオープンした「IMAX VRセンター」を紹介していた。IMAXがVR?これは何だかおもしろそうだ。そこで今回はIMAX VRセンターを訪問し、その突撃レポートをご紹介しよう。

IMAX VRとは

VES Summit 2017で講演したIMAXのジェイソン・ブレニック氏は、次のようにスピーチしていた。

ブレニック氏:ここ数年VRがブームとなりましたが、何種類ものヘッドセットが発売されユーザーが混乱したり、市販のハードウェアがまだまだ高価だったりと、さまざまな事情があります。そういった状況の中で、特定の場所に行けば手軽にVRが体感できて楽しめる「ローケーション・ベース」のVRが注目されているのです。

そのプレゼンテーションを見て、ここロサンゼルスにVRに特化した施設「IMAX VRセンター」がオープンしたことに、筆者は興味を抱いた。確かに、IMAXが今年4月20日に発表したプレスリリースの中にも、IMAX VRについて言及が見られる。

  • ロサンゼルスに”旗艦”となるIMAX VRセンターを立ち上げ、世界初のハリウッドVRコンテンツとしてワーナー・ブラザースとの提携を発表、それ以外にもマーベルとABC Studiosとのプロダクションを開始
  • ワーナー・ブラザースとの提携作品には映画「ジャスティス・リーグ」(11月23日より公開中)、映画「アクアマン」(2018年12月公開予定)が含まれている
  • パイロット(市場の動向を見極める為にテスト的に開設)のVRセンターとして、ロサンゼルス以外にもニューヨーク、マンチェスター(イギリス)、上海、日本を予定している

IMAX VRセンターロサンゼルス

ここIMAX VRセンターロサンゼルスは、その先駆けとして今年1月6日にオープンした第1号施設のようだ。IMAX VRセンターは、現時点ではニューヨーク、上海、トロントにもオープンしており、東京も現在準備中だという。

IMAX VRセンターロサンゼルスは、複合エンターテインメント施設The Groveの正面に位置し、Fairfax Avenueの道路を挟んだ反対側にある。The Groveは映画館・レストラン・ブティックなどが並ぶ、地元でも人気スポットである。そのすぐ近くというロケーションは、多くの集客が期待できるだろう。また施設の地下には駐車場(8ドル)もあるので、車でのアクセスも便利である。さて、さっそく現地を訪問してみた。

ロビーは近未来的な映画館のようなデザインで、フロントでは各VRコンテンツの開始時刻が表示されている。まずはロビーに設置されたタブレットからユーザー登録とレジストレーションを行う。

それから体感してみたい作品を選んで、チケットを購入する。チケットの価格とプレイ時間はVRコンテンツによって異なりチケット価格12~25ドル、プレイ時間も15分~1時間とさまざま。ロビーの奥にはウェイティング・スペースも設けられており、開始予定まで時間があるときはそこで待つことができる。

開始時刻が近づくと、いよいよVRシアターの中へと案内される。筆者は映画館のシアターのような内装を想像していたのだが、内部の雰囲気はどちらかと言えば「各キュービクルで区分けされたお洒落なモーション・キャプチャ・スタジオ」のような感じだ。しかし、シアター内は近未来的なデザインに統一されている。

我々VFX屋の目には、モーション・キャプチャ・スタジオに見えなくもない(笑)VRポッドの様子

このキュービクルは「ポッド」と呼ばれ、4メートル四方ほどの大きさで、全部で14のVRポッドで構成されている。各ポッド毎に異なるVRコンテンツがインストールされており、それぞれにHTC Vive、StarVR、Oculus Riftなどのヘッドセットを使用したVRシステムが設置されている。VRコンテンツによっては、Subpac Rumbleバックパックを背負ってプレイするものもあった。

各VRコンテンツは定期的に変更されているようで、筆者がネット見掛けて興味を持っていた「Star Wars:Trials on Tatooine」は、残念ながらすでに「Star Trek:Bridge Crew,Rescue at Perseph」に差し替わっていた。また、VRコンテンツによっては「最低プレイ人数」が決まっている作品もあり、今回の取材にたった1人で斬り込んだ筆者は、体感したくともチケットを購入できない作品もあった(爆)。ここを訪問する際は2~3人以上で行ったほうが楽しめる選択肢が増えそうである。まぁそんなわけで、今回はおひとり様でもプレイが可能な「(Batman,Superman,Aquaman):Justice League」のチケットを12ドルで購入。

現在全米公開中の映画「ジャスティス・リーグ」(センチュリーシティのAMCシアターにて)。映画を見た後にVRで体感するとタイムリーだ

これは現在全米公開中の映画「ジャスティス・リーグ」をベースにしており、タイムリーな内容である。バットマン、スーパーマン、アクアマンのうち、好きなキャラクターになって体感できるという設定。筆者はバットマンとスーパーマンの2つのキャラクターに挑戦。ヘッドセットをつけ、映像に合わせて動く椅子に座り体感するのだが、なかなか迫力がある。スーパーマンは空を飛ぶので上下動が激しく、普段はほとんど乗り物酔をしない筆者でも少し酔ってしまい、終わった後も30分ほど気持ちが悪かった(笑)。

現在公開中のVRコンテンツはコチラで紹介されている。人気のあるコンテンツは、特に週末はすぐにSold outになるそうで、事前にネット予約しておいた方が良いだろう。ちなみに11月末現在、ここで公開されているVRコンテンツの一例を「さっくり」と筆者の意訳でご紹介しておくと…。

■Justice League(Batman,Superman,Aquaman)

概要:DCスーパーヒーローズ(バットマン、スーパーマン、アクアマン)になって、“映画バーチャルリアリティー”で「ジャスティス・リーグ」の世界を体感

カテゴリ:激しいアクション

あなたのミッションには次のものが含まれる:

  • バットマンになって敵を倒す
  • スーパーマンになって陸と海を飛び敵をやっつける
  • アクアマンになって深海生物と対決

■Justice League(Wonder Woman,The Flash,Cyborg)

概要:映画「ジャスティス・リーグ」に参加して、スリリングな映画バーチャルリアリティを体験。DCスーパーヒーロー:ワンダーウーマン、フラッシュ、サイボーグ

カテゴリ:激しいアクション

ミッションには次の驚異的な体験が含まれる:

  • ワンダーウーマンになってパラデーションと戦う
  • フラッシュになって刻々と変化する爆弾を止める
  • サイボーグになって敵のドローンと戦う

■Eagle Flight

カテゴリー:カジュアル体験

ミニ・アドバイス:チーム・プレイ、軽度の暴力、極端な高度(高所恐怖症の方は注意)、模擬動作

概要:このマルチプレイヤーVRでは、ワシの視点によるパリ上空の旅、旗を捉えるゲーム等で最大6人が楽しめる。個別にプレイするか、最大6枚のチケットを購入して、3対3チームのVR体験も可能。チーム・プレイの場合はショータイムに合わせてチケットを購入する。


■John Wick Chronicles

対象:17歳以上

カテゴリー:激しい

おはなし:ジョン・ウィックの武器を拾うと犯罪者の世界に飛び込み、戦う。VR体験はコンチネンタル・ホテルの頂上から始まり、あなたに向かって大勢の敵が押し寄せてきて、さぁ大変。


■Life of Us

カテゴリー:VR初心者向け、チーム・プレイ

ミニ・アドバイス:コミック・レベルの軽~いイタズラ、マイルドな暴力、模擬運動、大型生物、高所(高いの苦手な人、ご注意)、模擬浸水

概要:爆発、水中、氷河期の生存競争、火山への飛び込みなど、さまざまな生き物や10億年の進化を体感。複数の人数でVRの冒険を楽しむことができる。ファレル・ウィリアムスの音楽に合わせて未知の世界を体験する。


■Raw Data

カテゴリ:チーム・プレイ、激しい

概要:2271年のネオ・新宿が舞台。ビショップ(Bishop)、ガン・クレリック(Gun Cleric)の3人のヒーローの1人としてプレイ。各ヒーローが独自の武器と技術力を持つ。ホルスターを上げ、物理的な負荷をかけて武器を身体から引き出し、ゲーム内のディスプレイでコントロール。


■Star Trek:Bridge Crew,Rescue at Perseph

カテゴリー:カジュアル体験

アドバイス:配役はゲームの開始前に選択可能。最低2人のプレイヤーが必要。

ミニ・アドバイス:ファンタジー暴力、模擬動作、戦闘状況

概要:かつてないほど、スタートレックの世界に足を踏み入れることができる。キャプテンを含む4人の登場人物の役割を担い、最大4人のプレイヤーが、宇宙船のブリッジ(艦橋)で一緒にプレイする。実際にフェイザーを発射したりシールドを張ったり、航行コースをプロットしたり、船をワープさせたりできる。

あなたの使命:損傷した宇宙ステーションから脱出したバルカン人の科学者を救助するために皆で協力する。本物のスタートレックのように、チームワークとコーディネーションが成功の鍵。クリンゴンの潜在的な干渉行動を目の当たりにするだろう。では諸君、ブリッジで会おう。


■The Unspoken

対象:13歳以上

ミニ・アドバイス:戦闘状況、大型クリーチャー、極限の高さ(高いのダメな人、注意)

おはなし:ベテランのゲーム・デベロッパーが、極秘対応のVRアクションゲームを発表。各プレイヤーを呪文と魔法使いによる謎の戦闘空間へと引き込む。さあ、秘密の力で周りの環境をコントロールし、怪物を集め、魔法の戦いに挑んでみよう。

Oculus Riftのヘッドセットでプレイする参加者。Facebookのロゴも見える StarVRヘッドセットは、片目2.5K、両目で計5Kの解像度、さらに210°の視野を実現しているという。赤く光るのは頭部の動きをトラッキングするLED。まさにモーション・キャプチャを彷彿させる HTC ViveヘッドセットとD-BoxのMotion Seatsの併用。これで「スーパーマン」に挑戦したら、普段は滅多に乗り物酔いをしない筆者でも、少々気持ち悪くなるほどの臨場感(笑) 「Star Trek:Bridge Crew,Rescue at Perseph」を楽しむ参加者。エンタープライズ号のクルーになれる、トレッキー垂涎の内容である。コントローラーを手にしてプレイするが、操作方法がわからなくても、インストラクターが親切にアドバイスしてくれる 最低プレイ人数は3名様から、プレイ時間は1時間という人気コンテンツの「Deadwood Mansion」。週末はすぐSold outになるそう ストーリー展開に合わせて風を起こす設備も。これで“4D”感が楽しめる

おわりに

これまで一貫して、70mm15Pフィルムや大型映像、巨大スクリーンでの高画質映像をウリにしてきたIMAXがVR分野に参入したという今回の展開は、80年代後半からIMAXを知る筆者にとっては、興味を持つと同時に、正直、意外であった。IMAXが得意とする大型映像と直接関連性がある分野ではないため、IMAXにとっては全く新しい試みと言えるだろう。

しかし、VRに興味を持つコンシューマー層が、個人や家庭で高い出費をしなくても、特定の場所に行けば、最新のVRコンテンツを映画1本分の価格で楽しめるという着目点は、大変ユニークで面白いアイデアではないだろうか。IMAX VRセンター東京を含めた今後の展開が楽しみな、今日この頃である。


WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


[ Writer : 鍋潤太郎 ]
[ DATE : 2017-12-01 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.86 VES主催VES Summit 2017が開催される

VES Summit 2017の会場となったビバリーヒルズのソフィテルロサンゼルスホテル 取材&写真:鍋 潤太郎 VES Summit 2017 2017年11月... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.85 「芸術の秋 ジョン・ウィリアムズ Maestro of the Moviesコンサート」

取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに ハリウッド・ボウル。入口にあるサイン。ジョン・ウィリアムズの名前が見える ロサンゼルスは「エンターテインメント・キャピタ... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.84 SIGGRAPH2017 エレクトロニック・シアターレポート

夏と言えばSIGGRAPH。背後には映画「This Is It」(2009)でもお馴染みステープルス・センターが見える 取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに 我々VF... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.83 全米ボックスオフィスに見る、この夏のVFX&長編アニメーション動向

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」を上映するセンチュリーシティのAMCシアター 取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに アメリカ地方も夏休みに突入し、映画館では話... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.82 SIGGRAPH 2017の見どころ

取材&写真:鍋 潤太郎 もうすぐSIGGRAPH 2017(写真は昨年のアナハイムでのSIGGRAPH 2016) はじめに ♪も~いくつ寝ると~SIGGRAPH~♪... 続きを読む

WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
フリーランス2年目の駆け出し映像屋さん。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすテレビカメラマンであり、ダンスイベントから幼稚園お遊戯会収録まで請け負う街のビデオ屋さん。タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。
山下大輔
東京オフラインセンタープロダクトサポート所属。個人でもAdobe Premiere ProやAfterEffectsの勉強会を定期的に開催している。2017年よりアドビ公認エバンジェリスト「Adobe Community Evangelist」に認定。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.87 IMAX VRセンターロサンゼルス突撃レポート